渡邉蒼(わたなべあお) 西郷どん 小吉役 西郷隆盛の幼少期を演じる子役の渡邉蒼くんはどんな人?

2018年1月7日(日)スタートの大河ドラマ「西郷どん」で、西郷隆盛の幼少期役を演じる渡邉蒼くん。
渡邉蒼くんとはどんな人なのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

渡邉蒼くんのプロフィール

名前:渡邉蒼(わたなべあお)
誕生日:2004年10月14日(13歳)
身長:154cm
出身地:東京都

これまでのドラマ出演歴は、

2016年 Chef〜三ツ星の給食〜(フジテレビ) 藤田直樹役
2017年 愛を乞うひと(読売テレビ) 和知武則 幼少期役
2017年 ブランケット・キャッツ(NHK)
2017年 絶対、大丈夫(WOWOW) 森山直太朗 幼少期役

ドラマ以外にも、
2014年 歌唱王〜歌唱力日本一決定戦〜(日本テレビ)
2014年 THE カラオケ☆バトル(テレビ東京)
2015年 THE カラオケ☆バトル(テレビ東京)

と、カラオケ番組に出演するなど、歌にも才能があるようですね。


スポンサーリンク

大河ドラマ「西郷どん」とは

では、渡邉蒼くんが出演する「西郷どん」とはどんなドラマなのでしょうか。

大河ドラマ「西郷どん」は、2018年1月7日(日)スタート。
原作は、林真理子さん、脚本は、中園ミホさん。
西郷隆盛を演じるのは、鈴木亮平さん。

ストーリーは、

西郷吉之助(隆盛)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。西郷家はますます貧乏になり、家族はあきれかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。
盟友・大久保正助(利通)との深い友情や反目。生涯の師・島津斉彬との出会い。篤姫との淡い恋。3度の結婚、2度の島流し……波乱の生涯のなかで、唯一無二の揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げて行く。

渡邉蒼くんは、鈴木亮平さん演じる西郷隆盛の幼少期役です。
こうやって2人の写真を見てみると、似ているように見えますね。

渡邉蒼くんの西郷どん子役の演技ももちろんですが、
これから先どのような俳優になっていくのか、
また歌でも活躍させていくのか、
とても楽しみですね。

スポンサーリンク