星野監督への阪神ファンの想い 阪神を優勝へ導いた星野元監督への阪神ファンの声を集めました!

2002年から2年間、阪神タイガースの指揮を取り、当時4年連続最下位と低迷していた阪神を「戦う集団」に変えた星野仙一元監督。
2003年には18年ぶりのリーグ優勝へ導き、虎ファンを大熱狂させました。
そんな星野元監督への阪神ファンの声を集めました。

スポンサーリンク

阪神・金本知憲監督の言葉

「昨日の夜遅くに噂を聞きまして。朝、正式に聞くまではウソであってほしいなと思いながら、何回も目が覚めたりしていたんですが。いまだに受け入れられない感じがある」と言葉を詰まらせました。

星野元監督と最後に会ったのは、12月に大阪市内で行われた星野元監督の野球殿堂入りを祝う会でした。
「しっかりブレずに自分の思うように頑張って、絶対、阪神、強くなるから辛抱してやれよ」とエールをもらったとのことです。

それがまさか最後になるとは、金本監督の辛さが言葉に表れているように思います。

スポンサーリンク

阪神ファンの声

阪神ファンからは、星野元監督への感謝の言葉、
そして早すぎる死を悲しむ言葉が溢れました。

星野仙一元監督がいたからこそ、阪神ファンになった
あの優勝を忘れない
阪神を戦う集団に変えてくれてありがとう

本当にたくさんの声がネット上に溢れています。

阪神ファンだけではなく、中日ファン、楽天ファン、
野球を愛する全ての人にとって、
星野仙一元監督の存在が大きかったことを思い知らされました。

あの星野元監督の戦う背中を、もう見ることができなくなったことは、
さみしくて仕方ありません。

まだ星野元監督の死を受け入れられませんが、
今はただただご冥福をお祈り申し上げます。

 

【関連記事】
[clink url=https://coco-ri.com/hoshino-senichi-20180106/]

スポンサーリンク