伊藤美誠は大学進学せず!その理由は? 高校も卓球を最優先して選択し,卒業後の進路も卓球最優先!

 

女子卓球界の若きエース伊藤美誠選手、2019年3月に高校を卒業しましたが、大学へは進学したのでしょうか?

今回は伊藤美誠選手の出身高校や大学進学について調べてみました。

スポンサーリンク

伊藤美誠の出身高校

伊藤美誠選手は静岡県磐田市の出身ですが、地元の磐田北小学校を卒業後、大阪府大阪市にある昇陽中学校へ進学しました。

中高一貫校のため、高校はエスカレーター式に昇陽高等学校へ進んでいます。

あまり聞き慣れない高校名ですが、元々は淀之水高等学校という女子校だったそうです。

2009年度より男女共学の中学校が新設され、2010年度より高校が男女共学化されました。

昇陽高等学校の校歌を作曲したのは、浪速のモーツァルトとして関西では有名なキダ・タローさんだそうです。

卒業生には、作家の田辺聖子さんや、漫才師の海原やすよさん、海原ともこさんらがいます。

伊藤美誠選手が大阪へ拠点を移したのは、当時女子日本代表監督だった村上恭和さんが設立した関西卓球アカデミーを練習拠点とするためだったのではないかと思われます。

伊藤美誠は大学進学しない!?

伊藤美誠選手は高校の卒業式に出席し、所属先を通してコメントを発表しました。

卒業後は、2020年の東京オリンピックで金メダルという小学生の頃からの夢に向かって卓球に専念します。

海外遠征が続いて通えない日もありましたが、学校で過ごした時間は私にとって大切な思い出です。

引用元:https://www.sanspo.com/sports/

伊藤美誠選手は大学には進学しなかったようです。

では、実業団へ就職をしたのでしょうか?

伊藤美誠選手は、2013年9月よりスターツという建築・不動産管理、ホテルなど幅広い事業を行っている会社と所属契約を結んでいます。

スターツは、卓球ナショナルチームスポンサーでもあるため、伊藤美誠選手にとっても力強いスポンサーと言えるでしょう。

また、伊藤美誠選手は、関西卓球アカデミーの松﨑太佑さんを専属コーチとしています。

松﨑太佑さんは、豊田町卓球スポーツ少年団に入団した頃から指導を受けている方です。

大学在学中から豊田町卓球スポーツ少年団でコーチをしており、伊藤美誠選手が中学生になってからは専属コーチとなり今に至っています。

最近のアスリートは高校、大学卒業後に実業団などに所属せず、企業とスポンサー契約を結び、トレーナーやコーチを雇い、独自ののトレーニングを行うというスタイルを取ることが多くなっています。

伊藤美誠選手は、東京五輪で金メダルを獲るために、今までの環境を変えることなく卓球に専念することがベストとして大学へは進学せず、実業団にも就職しなかったのではないでしょうか。

伊藤美誠 東京五輪に向けて卓球に専念

伊藤美誠選手が大学に進学しなかった理由、Tリーグに出場しなかった理由を、「東京五輪に向けて卓球に専念するため」としています。

大学へ進学しなかったのは、前に述べた通り、今いる環境を変える必要がなかったからだと思います。

Tリーグについても、「東京五輪までの限られた時間を強化に専念するためと」とコメントしています。

不参加については、批判する声も多々あるようですが、すべては東京五輪での金メダルのためと迷いはあったものの最終的には本人が決めたとのことです。

Twitterの固定ツイートで伊藤美誠選手は次のようにコメントしています。

誰に何を言われようと私は私。 自分は自分。 私らしく正々堂々と戦うだけ。 本気で何かと闘ってる人はそんな簡単に自分に負けたりしない。 何を言われても、何をされても実力がある人が勝つ。 私はその実力を求めて毎日頑張る。と改めて思えた今日。

伊藤美誠選手の強い意気込みが感じられるコメントだなと思います。

「自分にとってオリンピックは特別なものではない」とコメントした銀メダリストがいましたが、アスリートにとってオリンピックは人生をかけて臨むもの、伊藤美誠選手のコメントを聞くとそれをすごく感じますよね。

オリンピックで金メダルを取るためには、すべてを犠牲にして競技に専念するという意気込みにファンも応援しようという気持ちになります。

どこかで負けた時の逃げ道を考えていては金メダルは獲れないのではないでしょうか。

伊藤美誠選手にせよ、男子の張本智和選手にせよ、東京五輪で金メダルを摂りたい!ではなく摂りに行く!と宣言しています。

金メダルを摂りたい!という気持ちが一番強い人が金メダルを摂れるということを聞いたことがあります。

伊藤美誠選手はその気持ちは人一倍強いのではないでしょうか。

まとめ

伊藤美誠選手は今まで、卓球のために進学する高校を決め、卓球のために大学進学をしていません。

年頃の女の子ですから、普通に学生生活を送りたいという気持ちも多少はあったのではないでしょうか。

伊藤美誠選手のSNSを見ると、お年頃の女子っぽい画像なども公開していますが、基本は卓球。

卓球が最優先の生活を東京オリンピックまでは過ごすという覚悟は潔いし、かっこいいなと思います。

伊藤美誠選手だけでなく日本選手には皆頑張ってもらいたいのですが、特に伊藤美誠選手には金メダルに向ってまい進してほしいと思っています。

スポンサーリンク