石川佳純の母も父も元卓球選手のサラブレッド! 妹も卓球選手の卓球一家!

 

今活躍している女子卓球選手は、子供の頃から母親の指導を受け、才能を開花させた選手が多数活躍しています。

母親自身が卓球経験者ということが多く、石川佳純選手も例外ではないようです。

今回は、石川佳純選手のお母さんがどんな人なのか?どんなサポートを受けていたのかなどを調べてみました。

また、石川佳純選手の妹さんについても解説します。

スポンサーリンク

石川佳純の両親も卓球選手だった

石川佳純選手の両親は共に元卓球選手で、福岡大学卓球部の同期なのだそうです。

母親の石川久美さんは大学卒業後、実業団の福岡日産自動車に所属して卓球選手として活動していました。

結婚を機に1度は卓球から離れていますが、子育てが落ち着くと競技に復帰、山口県の国体選手となり活躍しました。

また、父親の石川公久さんは、卓球用品の総合メーカー・ニッタククラブ(福岡)に所属し仕事と卓球を両立していました。

その後、仕事の関係で山口県へ転居、卓球は地元のクラブに移籍して継続したそうです。

石川佳純選手が卓球を始め、その才能を確信した両親は、自宅に卓球場を造り、久美さんが責任者となって「山口ジュニアクラブ」を立ち上げます。

両親の決断が、今の石川佳純選手の活躍につながっていると言っても過言ではありません。

石川佳純の母のサポートがすごかった

石川佳純選手は両親の練習を見ているうちに自分から卓球をやりたいと言い出したそうです。

卓球を始めた頃の悩みは、近くに練習場がなかったこと。近くても車で2時間掛かったため、父の公久さんは「自宅に卓球場を作ろう 」と提案、ちょうど自宅を改築する予定があったため、1階に卓球場を作ってしまいました。

卓球場のある家が完成したのは石川佳純選手が小学校3年生、8歳の時です。

自宅に練習場があるという環境の中、石川佳純選手は、母・久美さんから毎日午後7時半から午後9時まで厳しい指導を受けて腕を磨いていきます。

その成果はすぐに成績に表れ、小学4年の時に全日本卓球選手権・カブの部(小学校4年以下)でベスト16、5年生でホープスの部(小学校6年以下)でベスト8、6年生で優勝を果します。

当時、久美さん自身も選手として活動していたのですが、山口市の大会で母娘対決があり、石川佳純選手に敗れたのを機に引退、娘 のサポートに専念することになりました。

日本代表候補となり、五輪出場を意識し始めた頃から久美さんは、石川佳純選手の海外遠征に帯同、日本からお米など、日本食を持ち込 んで食事面からサポート、体調維持に気を配ってくれているとのことです。
また、技術面でのアドバイスもあり、とても心強いと石川佳純選手は話しています。

石川佳純の妹・石川梨良も卓球選手

石川佳純選手には4歳下の妹さんがいます。

妹さんも卓球選手なのですが、どんな選手なのでしょうか。

プロフィール

名前:石川 梨良・いしかわ りら

生年月日:1997年6月14日生まれ

身長:158センチ

体重:49キロ

出身地:山口県山口市

出身校:帝京高校→青山学院大学

プレースタイル:左シェイク裏裏ドライブ

主な戦績:平成24年度全日本卓球ジュニアベスト8、2015年チェコジュニア3位・ダブルス優勝、平成26年度全日本選手権ダブルスベスト8

世界ランキング最高位:122位

石川梨良選手の近況

2019年3月に行われた東京卓球選手権大会に出場し、3回戦で敗退してしまいました。

また、所属する青山学院大学チームは2017年に大学卓球リーグ1部に昇格、2019年春季も1部でリーグ戦に出場します。

2019年4月から4年生となった石川梨良選手は主将となり、チームを引っ張る存在になりました。

学生最後の年に、悔いのないプレーをして結果を残して欲しいですね。

まとめ

今回は、石川佳純選手のご両親、妹さんについて調べてみました。

卓球選手だった両親から生まれたサラブレッドの石川佳純選手。

家族の手厚いサポートを受けて、オリンピック2大会連続でメダルを獲得しています。

石川佳純選手は、子供の頃から熱心に指導し、支えてくれた母・久美さんにリオ五輪で獲得した銅メダルをプレゼントしているそうです。

次の東京五輪ではもちろん金メダルを目指します。

母・久美さんだけでなく、家族がひとつになって石川佳純選手の金メダルを後押ししてくれるのではないでしょうか!

スポンサーリンク