東妻純平(智弁和歌山)の出身中学やこれまでの成績! 夢は兄の東妻勇輔とバッテリーを組むこと!

 

2019年選抜高校野球大会の優勝候補・智弁和歌山でキャッチャーを務める東妻純平選手は、小柄ながら強肩、俊足で大会屈指のキャッチャーです。

今回は、東妻純平選手の出身中学やこれまでの活躍、成績について調べてみたいと思います。

 

東妻純平選手のプロフィール

名前:東妻 純平・あづま じゅんぺい

出身:和歌山県和歌山市

身長:172センチ

体重:74キロ

投打:右投げ右打ち

ポジション:キャッチャー

東妻純平選手の出身中学

小中学生時代の東妻純平選手は?

東妻純平選手は、地元の若山市立紀伊小学校に入学。1年生の時に「紀伊少年野球クラブ」で軟式野球を始めました。

中学紀伊中学校へ進学し、ボーイズリーグの「紀伊ボーイズ」で野球をプレーします。

当時のポジションはショート、2年の夏と3年の春には全国大会で出場しています。

東妻純平選手の兄弟は?

東妻純平選手には5歳年上のお兄さんがいます。

お兄さんも野球選手で、2018年のドラフトで千葉ロッテから2巡目で指名された東妻勇輔投手です。

東妻勇輔投手も智弁和歌山出身で、2年生の秋からエースとして活躍。県大会優勝、近畿大会準優勝で3年ぶりに選抜大会の出場を決めました。

甲子園では1回戦の明徳義塾戦で延長11回途中からリリーフとして出場、2回を無失点に抑えました。

試合は15回裏にサヨナラ暴投で敗退と残念な結果に終わり、大きな活躍をすることなく甲子園を去りました。

高校卒業後は日本体育大学へ進学、2年春のリーグ戦から先発を勤めるようになりました。

2年の夏に右肩と右肘を痛め、投げられない時期があったのですが、その時期にウェイトトレーニングを行い、その成果で球速が最速145km/hから152km/hにまでアップしたそうです。

復活後はリーグ戦で大活躍、3年の秋のリーグ戦ではリーグ史上16人目のノーヒットノーランを達成しています。

東妻純平選手の夢はお兄さんとバッテリーを組む事、叶うといいですね!

東妻純平選手のこれまでの活躍・成績

高校1年

お兄さんと同じ智弁和歌山高校へ進学、入学当初の遠投で監督から強肩を買われてキャッチャーに転向することになります。

夏からベンチ入りを果し、チームは県大会で優勝、甲子園大会へ出場します。

甲子園では2回戦まで進出しましたが、残念ながら東妻純平選手自身は出場機会はありませんでした。

秋からはレギュラーを獲得し県大会で優勝、近畿大会で準優勝を果し、春の選抜大会への出場を確実なものにしました。

高校2年

春の選抜大会に出場した東妻純平選手。2回戦、3回戦を勝利し準々決勝に進みます。

しかし前日に発熱、39度近い熱がありながら強行出場し、3打数1安打2打点をの活躍を見せました。

準決勝の東海大相模戦は、延長戦を制し決勝へ進出。決勝の大阪桐蔭戦で負けはしましたが、全試合フル出場を果し、チームの中心選手として欠かせない選手となりました。

夏の県大会も優勝、夏の甲子園大会へ出場しますが、初戦で敗退してしまいます。

自身は3打数1安打1打点を記録、フル出場を果しました。

秋の新チームになってから東妻純平選手は4番を任され、高校通算本塁打は20本まで記録しています。

秋の県大会優勝、近畿大会ベスト4まで進出、春の選抜大会への出場を決めました。

東妻純平選手のセールスポイント

東妻純平選手のセールスポイントは強肩です。

遠投は125メートル、二塁までの送球も高校生トップクラスどころか、プロ選手にも引けを取りません。

プロ野球のキャッチャーの二塁送球タイムが1.7秒~1.9秒とのこと。

東妻純平選手はどれくらいかというと、最速1.84秒、平均1.9秒ですからプロ選手並みということになります。

強肩はピッチャーのお兄さん譲りなのかもしれませんね。

また、キャッチャーでありながら俊足の持ち主で、50メートルのタイムは6秒3とのことです。

2年秋から4番を打つ打撃力を持ち、走・攻・守揃った選手で、2019年のドラフト候補に名前が挙がっています。

まとめ

高校野球の名門・智弁和歌山の正捕手で4番を打つ東妻純平選手。

小柄ながら強肩というのは甲斐キャノンで有名なソフトバンクの甲斐拓也選手を彷彿させます。

春の選抜大会、そして夏の甲子園と活躍して、将来兄弟でバッテリーを組む姿を見たいですね!

 

スポンサーリンク