熊田任洋(東邦高校)の出身中学やこれまでの成績! 2019ドラフト候補!

 

選抜高校野球大会に出場する東邦高校の4番でショートを守る熊田任洋選手。

走攻守で抜群の野球センスを持った2019年ドラフト候補の一人です。

今回は、熊田任洋選手のプロフィール、出身中学、これまでの活躍や成績について調べてみました。

スポンサーリンク

熊田任洋選手のプロフィール

名前:熊田 任洋・くまだ とうよう

生年月日:2001年4月15日

出身地:岐阜県岐阜市

身長:174センチ

体重:72キロ

ポジション:ショート

投打:右投左打

熊田任洋選手の出身中学

小学校時代

熊田任洋選手は、岐阜市立長森東小学校の4年生の時に「愛知一宮ボーイズ」で硬式野球を始めました。

当時は投手と捕手の兼任していたとのこと。この頃からすでに野球センスが良かったようです。

中学生時代

岐阜市立長森中学校時代は「岐阜青山ボーイス」で野球をプレーしています。

入団当初、熊田任洋選手は捕手を希望していたそうです。

それが、ノック練習の時にショートの適性を評価されてコンバートされたとのこと。

最初はゴロを取るのも一苦労でエラーを連発する日々を送っていました。

厳しい練習を重ねるも守備に関しては自信が持てなかったと話しています。

しかし、地元では攻守揃った選手として評価されており、中学3年生の時に日本代表に選ばれ、世界少年野球大会にも出場しました。

この頃から才能があるのに、自分の実力を客観視し、努力を惜しまない、そんな選手だったのですね。

熊田任洋選手のこれまでの活躍・成績

 

 

高校1年

熊田任洋選手は2016年夏の甲子園で東邦VS八戸学院光星(2回戦)の試合を観て東邦への進学を決めました。

東邦が9回裏に4点差を跳ね返して劇的なサヨナラ勝ちを収めた試合です。

入学当初は同期の石川昂弥選手や上級生の打撃を見て、野球の名門校・東邦のレベルの高さを実感したそうですが、1年の夏からベンチ入りと早くに実力を発揮します。
愛知県大会ではサードで出場、14打数7安打、打率:5.00、打点3という成績を残しました。

1年の秋からは1番ショートでレギュラーを獲得、チームは愛知県大会優勝、東海大会準優勝で、翌年2年の春の選抜高校野球大会の出場を確かなものにします。
個人成績は公式戦16試合で打率:4.58、打点12、本塁打3、盗塁9、三振0と、好成績を残しました。

高校2年

迎えた選抜大会は初戦の花巻東に3-5で敗れるも、熊田任洋選手はヒット1本を打ち全国デビューを果しました。

夏の甲子園大会出場を目指した西愛知県大会では、決勝で愛工大名電に4-9で敗れ準優勝、甲子園出場はなりませんでした。

秋の大会からは4番を任され、愛知県大会、東海大会優勝を達成し、明治神宮大会に進出しました。

明治神宮大会は初戦の八戸学院光星に3-7で敗退。熊田任洋選手も5打数1安打1打点、1失策という不本意な成績で終わってしまいました。

熊田任洋選手のプレースタイル

4番を打つ熊田任洋選手ですが、本塁打の数は高校通算4本と多くはありません。

ただ、三振が少なく、打率もチーム1.盗塁数が多く走・攻・守にバランスの取れた選手です。

チャンスに強く、ここぞという時に打ってくれるからこそ4番を任されているのではないでしょうか。

まとめ

東邦にはサードとピッチャーの二刀流でキャプテンの石川昂弥選手がいます。

石川昂弥選手は中学まではショートを守っていましたが、熊田任洋選手というレベルの高いショートストッパーがいるからサードに回っているとのこと。
2人は同じクラスで下宿生活も一緒、切磋琢磨しながら野球と続けています。

チームでは石川昂弥選手が3番、熊田任洋選手が4番を打ち、2019年選抜大会で勝って校歌を歌うことが目標で、さらに優勝を目指すそうです。

ドラフト候補とされる2人。プロ選手として活躍するため、全国大会で実績を残したいところです。

甲子園で勝ち上がり活躍すれば、2人揃ってドラフト指名される可能性も高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク