石川昂弥(東邦高校)の出身中学やこれまでの成績! 二刀流は小学生の頃から!

 

高校野球の名門、愛知県の東邦高校で2年秋からキャプテンを務める石川昂弥選手。

プロも注目する大型スラッガーながら、現在投手と内野手の二刀流にも挑戦しています。

今回は、石川昂弥選手のプロフィールや出身中学、活躍・成績について調べてみました。

スポンサーリンク

石川昂弥選手のプロフィール

名前:石川 昂弥・いしかわ たかや

出身地:愛知県半田市

生年月日:2001年6月22日

身長:185センチ

体重:81キロ

投打:右投右打

守備位置:サード、ショート、ピッチャー

石川昂弥選手の出身中学

小学校時代

石川昂弥選手は半田市立有脇小学校の2年生の時に、少年野球チーム・ツースリー大府で野球を始めました。

この頃からポジションはピッチャーと内野手を兼任していたそうです。

また、6年生の時には「中日ドラゴンズジュニア」にも選出され、「NPB12球団ジュニアトーナメント」にも出場するなど世代のトップクラスの選手として活躍していました。

中学校時代

半田市立亀崎中学校では、ボーイズリーグの愛知知多ボーイズに所属し、主にショートとしてプレーをしていたようです。

二刀流も健在で、130キロ台のストレートをダイナミックなフォームで投げていたとのことです。

また、中学3年生の8月に「野茂ジャパン」で米・ロサンジェルスへの遠征も経験しています。

この頃、お父さんの勧めで「野球道場メジャー」という野球塾にも通い、野球に打ち込みました。

石川昂弥選手のこれまでの活躍・成績

 

 

高校1年

中学を卒業後は地元の東邦高校へ進学します。

県内外からのスカウトを数多くあったようですが、ご両親が同校のOBということもあり、チーム事情や環境などの情報が分かるため、早くからレギュラーとして活躍できると考えたのだそうです。

お父さんの読み通り石川昂弥選手は1年の春からベンチ入り、愛知県大会では背番号13、東海大会では背番号6でショートとしてスタメン出場しています。

しかし、夏の愛知大会では成長痛と左手小指骨折のため、代打で2打席のみの出場に終わりました。

秋の愛知大会ではサードを守り、打順は4番、チームの優勝に貢献しました。

東海大会では、14打数6安打2本塁打6打点、打率429の大活躍!チームは準優勝を果しています。

高校2年

2年になり、東邦高校は春の選抜大会に出場、石川昂弥選手も全国デビューとなったのですが、1回戦で花巻東高校に3-5で敗れ、自身も4打数0安打で終わりました。

夏の西愛知大会でもチームは順当に勝ち上がりますが決勝の愛工大名電戦は4-9で敗れ甲子園出場を逃します。

それでも石川昂弥選手はホームランを打つなど活躍し、それが秋の活躍につながっていきます。

秋の愛知大会で東邦高校は、他の寄せ付けない圧倒的な強さで優勝、東海大会の準決勝で石川昂弥選手はリリーフとしてマウンドに立ち、好投を見せ、チームの延長戦サヨナラ勝ちにつなげました。

決勝の津田学園戦は投手として先発し、9回を2失点に抑える好投を見せました。

明治神宮大会でも投手として出場しますが、初戦の八戸学院光星に8回1/3を9安打7失点で降板し、試合にも負けてしまいました。

打者としては2塁打1本を含む2安打をマークしており、監督も「ピッチャーとしての能力はあると思うけど、本来であればサードで使いたい」と話しており、バッティングに専念させてあげたいようです。プロからも打者として注目されていますのでバッティングでの活躍を見たいところです。

甲子園通算成績:1試合、打率.000、0本塁打、1打点、出塁率.000
2018年選手権予選:6試合、打率.737、1本塁打、12打点、出塁率.783
2018年秋季東海地区:3試合、打率.636、1本塁打、5打点、出塁率.733   ※投手成績
2018年秋季東海地区:2試合、13投球回、防御率3.46、13奪三振、5四死球

まとめ

現在、チーム事情もあり、投手として試合に出ることが増えた石川昂弥選手ですが、高校通算39本塁打の記録を持ち、選抜大会でも更新が期待されています。

ピッチャーとしての能力も未知数ながら、やはり打者として大成してほしい逸材。

選抜大会では、マウンドに立つ石川昂弥選手より、ホームランを打つ石川昂弥選手を見たいと思うのは私だけではないのでは?

ホームランを量産するには、チームが勝ち進まなければいけません。

石川昂弥選手の活躍でチームが勝つ!そんな試合を見たいですね!

スポンサーリンク