及川雅貴(横浜高校)の出身中学やこれまでの成績! ドラフト候補BIG4の1人として注目の左腕!

 

2019年ドラフト候補のBIG4の1人として注目されている本格的左腕、横浜高校のエース・及川雅貴選手。

BIG4の中では唯一の左腕でプロからの評価もかなり高いようです。

今回は、及川雅貴投手のプロフィール、出身中学とこれまでの活躍・成績について調べてみました。

スポンサーリンク

及川雅貴選手のプロフィール

名前:及川雅貴・およかわ まさき

生年月日:2001年4月18日

出身:千葉県匝瑳市

身長:183センチ

体重:74キロ

投球・打席:左投左打

家族:両親、姉

及川雅貴選手の出身中学

小学生時代

及川雅貴投手は小学3年生の時に軟式の須賀スポーツ少年団で野球を始めました。

小学6年生の時には実力が認められて千葉ロッテマリーンズjrに選出されています。

中学生時代

匝瑳市立八日市場第二中学校へ進学した及川雅貴選手は、匝瑳リトルシニアで野球をプレーしていました。

中学3年生の時にはU-15日本代表に選出され、「WBSC U-15ベースボ-ルワールドカップ2016inいわき」に出場、最優秀防御率のタイトルを獲得しています。

及川雅貴選手のこれまでの活躍・成績

匝瑳市立八日市場第二中学校を卒業後、神奈川県の横浜高校へ入学した及川雅貴選手。

1年生ながら春の大会から背番号25でベンチ入りを果しています。

県大会の決勝で先発出場するも、1回1/3 6失点で降板となり、初の公式戦はホロ苦デビューとなりました。

しかし、夏の予選では、初戦に先発。4回1安打0封の好投を見せ、大物ぶりを如何なく発揮!夏の甲子園大会でも初戦にリリーフとしてマウンドに上がり全国デビューを果しました。

秋の大会では先発ピッチャーの軸となって活躍するも 準々決勝で2回2/3 6失点となり、チームも8強で敗退しました。

2年の夏の甲子園、初戦の愛知産大三河では9回に出場、1被安打、2奪三振で危なげない投球を見せました。

2回戦は2017年の優勝校・花咲徳栄戦で先発出場、6回1/3で28人に投げ、7安打、8奪三振、4失点してしまいましたが、粘りの投球を見せてチームの勝利に貢献しました。

3回戦の金足農戦での出場はなく、チームも4-5で惜敗、甲子園を去ることになりました。

2018年秋、神奈川県対大会において、及川雅貴選手は4試合で防御率0.87、奪三振率12.77という素晴らしい成績で、夏から成長した投球を見せました。
しかし、関東大会の準々決勝でコントロールが乱れ3回まで5失点、春日部共栄に2-9の7回コールドで負けてしまいます。

選抜大会に出場が決まった際にも、関東大会ベスト8の横浜高校が選出されたことに物議を醸しましたが、及川雅貴選手の存在が決め手になったのではないかと言われています。

●過去の甲子園での成績

・2017年夏 試合:1 回数:3回 被安打:1 奪三振:1 四死球:1 自責点0

・2018年夏 試合:2 回数;7回1/3 被安打:8 奪三振:10 四死球:4 自責点:4

●2018年秋の公式戦の成績

試合数:6試合 完投:3試合 完封:1試合

投球回数:41回1/3 被安打:22 奪三振:59 四死球:23 失点:10 自責点:5 防御率:1.74

まとめ

2018年春の選抜大会が自身3度目の甲子園となる及川雅貴選手。

三振を取る投球のイメージが強いですが、意外にも選抜大会では、「三振より、打者を詰まらせたい。ゴロやフライで打ち取りたい」とコメントしています。

MAX150㎞超えの速球に打たせて取るピッチングが加われば、相手チームにとって打ち崩すのが難しいのではないでしょうか。

選抜大会での活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク