清水大成(履正社)の出身中学やこれまでの成績! イケメン左腕がドラフト候補となるか!?

 

大阪府豊中市にある履正社高校は、地元では大阪桐蔭と1,2位を争う野球の名門校です。

2019年の選抜高校野球大会は、2年ぶり8回目の出場!そのチームで背番号1を背負うのは清水大成選手です。

今回は清水大成選手のプロフィール、出身中学、これまでの活躍・成績などを調べてみました。

スポンサーリンク

清水大成選手のプロフィール

Twitter

名前:清水 大成・しみず たいせい

出身地:兵庫県丹波市

生年月日:2001年6月5日

身長:176センチ

体重:74キロ

投球・打席:左投左打

ポジション:投手

清水大成選手の出身中学

清水大成選手は丹波市立氷上中学校へ進学、ヤングリーグである篠山ベースボールネットワークで野球をプレーしていました。

篠山ベースボールネットワークは、将来を見据えて基礎的な練習を継続して行うというスタイルを取っているとのこと。

清水大成選手も夏休み中は走るメニューが多く、ボール回しやノックなどの基礎的なメニューをひたすらこなす日々を送っていたそうです。

ただ、その厳しい練習は無駄ではなく、清水大成選手は「中学時代の厳しい練習を続けてきたことが心身鍛えられた」とコメントしています。

当時のポジションは投手一筋というわけではなかったようで、中学2年生まではファーストとピッチャーを兼任していたとのこと、本格的にピッチャーに専念するようになったのは中学3年生の頃からだそうです。

清水大成選手のこれまでの活躍・成績

高校1年

清水大成選手が履正社高校に入学した2017年春、チームは選抜高校野球大会で準優勝した直後でした。

そんな強豪チームの中で清水大成選手は、1年生ながら夏の大会に背番号18でベンチ入りし、2回戦の守口東戦で公式戦デビューを果しました。

秋の大会では準決勝の大阪桐蔭戦で先発出場、初回に失点してしまったものの、藤原恭大選手や根尾昂選手などドラフト1位指名を受けるような選手がいる大阪桐蔭打線を5回まで、1失点で抑える好投を見せました。

高校2年

春の大阪大会、チームは4回戦の興国戦で0-4の完封負けを喫してしまいました。

先発でマウンドに上がったのは清水大成選手です。

5回までは相手打線を抑えていたのですが、6回に3四死球を与え、さらに自身でバント処理をミスしてピンチを広げ、適時打を許してしまったのです。

夏の甲子園大会の地区予選・北大阪大会、清水大成選手は初戦の摂津戦、3回戦の汎愛戦、準々決勝の寝屋川戦で先発します。

しかし、いずれも失点があり、途中降板。準決勝の大阪桐蔭戦では2番手で登板するも1アウトも取れずに降板となってしまいました。

自分の投球フォームが分からなくなるというスランプに陥ってしまった清水大成選手。夏休みに社会人チームのJR東海に武者修行に行く機会があり。そこでJR東海の指導者からフォームを見直してもらったそうでう。

「ステップ位置をホームに向けてまっすぐにしたら、体重移動がスムーズになったんです。リリースポイントも前に出てくるようになって、ボールが出やすくなりました」

フォーム改善の成果が現れ、秋の大阪大会では大阪桐蔭を決勝で破り優勝、近畿大会では、チームがベスト4まで進出する原動力となりました。

清水大成選手の近畿大会での成績は次の通りです。

試合数:3試合 打者:77人 投球回:19回1/3 安打:13 奪三振:25、四死球:5 防御率:2.33

ドラフト候補

同世代には本格派左腕としてプロからも注目度の高い横浜高校の及川雅貴選手がいますが、完成度としては清水大成選手のほうが高いという声もあります。

清水大成選手の憧れの存在は、履正社高校の2年先輩である寺島成輝選手。

同じ左腕で現在プロ野球・ヤクルトでプレーしています。

中学生時代には、甲子園で投げる寺島成輝選手の動画を何度も見返したとのこと。

寺島成輝選手は3年の時、夏の甲子園で活躍し、秋にヤクルトからドラフト1位指名を受けました。

清水大成選手も選抜大会で活躍することができれば、憧れの先輩と同じようにドラフト指名される可能性がありそうですね。

まとめ

以前は好投していても、急に崩れて打ち込まれることが多かった清水大成選手。

2018年秋の大会からは、完投できるスタミナ、コントロールに磨きがかかり、2019年のドラフト候補と言われるまでになりました。

大阪桐蔭と同じ地区ということもあり、チームは甲子園への出場に恵まれませんでしたが、2019年の選抜大会はその大阪桐蔭を破っての甲子園初出場です。

チームは2017年の選抜大会で決勝まで進んだ強豪校!清水大成選手の活躍で優勝を勝ち取ってほしいですね!

スポンサーリンク