選抜高校野球2019イケメン選手まとめ! BIG4からイケメンキャッチャー,イケメンキャプテン,癒し系イケメンもご紹介!

2018年の甲子園大会は、金足農業の吉田輝星選手、大阪桐蔭の藤原恭大選手など実力に人気が伴った選手が多く、空前の盛り上がりを見せました。
今回は選抜高校野球大会2019に出場するイケメン選手を調べてみました。

スポンサーリンク

BIG4のイケメン

2019年のドラフト候補でBIG4と呼ばれているのが、大船渡(岩手)の佐々木朗希選手、星稜(石川)の奥川恭伸選手、創学園( 岡山)の西純矢選手、横浜(神奈川)の及川雅貴選手です。

2019年の選抜大会に出場するのが、奥川恭伸選手と及川雅貴選手。

どちらも実力人気ともに超高校級です。

 

星稜・奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)

高校野球の専門誌の表紙になることも多い奥川恭伸選手。

強豪星稜のエースであり、2019年秋のドラフト候補としても注目されています。

MAX150kmの直球にスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップの4種の変化球を組み合わせたピッチングで打者を打ち取ります 。

女性ファンからは、マウンドで見せる奥川恭伸選手の笑顔が「可愛い!」という声も多く、選抜大会で活躍するとさらに女性 ファンが増えるのではないでしょうか。

奥川恭伸投手(星稜高校)の出身中学! 小学3年から野球を始め,2019ドラフト候補!?
2019年3月23日から始まる選抜高校野球大会で優勝候補に挙げられている星稜高校。 そのチームのエースが奥川恭伸選手です。 今回は、奥川恭伸選手選手のプロフィールや成績などについて調べてみました。 ...

 

横浜・及川雅貴(およかわ まさき)

MAX150km超えの本格派左腕としてすでにプロからも注目されている及川雅貴選手。

及川雅貴投手の存在が横浜の選抜出場の決め手となったと言われる逸材で、端正な顔立ちに実力も伴って女性ファンも多いようです。

未来のエースのピッチング、そしてルックスにも注目したいです。

及川雅貴(横浜高校)の出身中学やこれまでの成績! ドラフト候補BIG4の1人として注目の左腕!
2019年ドラフト候補のBIG4の1人として注目されている本格的左腕、横浜高校のエース・及川雅貴選手。 BIG4の中では唯一の左腕でプロからの評価もかなり高いようです。 今回は、及川雅貴投手のプロフィ...

イケメンキャッチャー

昨年秋に放送されたドラマ「中学聖日記」で有村架純さんの相手役を演じ人気に火がついた岡田健史さん。

実は高校球児で、ポジションはキャッチャーだったことは有名です!

当時はマスクで隠れた顔が見たい!という女性ファンが多かったようで・・・。

選抜大会に出場するイケメンキャッチャーはいるのでしょうか?

 

智弁和歌山・東妻純平(あづま じゅんぺい)

5歳年上のお兄さんは2018年のドラフトで千葉ロッテから2巡目で指名された東妻勇輔投手という野球一家の東妻純平選手。

身長172cmと小柄ながら、将来性ば抜群で、遠投の記録が125m、50m走が6.5秒の強肩、さらに俊足の持ち主です。

高校へ入学した時に強肩を買われてショートから捕手へ転向、夢は兄弟でバッテリーを組む事だそうです。

お兄さんの東妻勇輔投手にも似ていうところはありますが、東妻純平選手はつぶらな目が可愛らしいですよね。

 

星稜・山瀬慎之助(やませ しんのすけ)

奥川恭伸選手とバッテリーを組んだのは小学4年生の時、以来ずっと一緒に野球を続けてきた山瀬慎之助選手。

名前の由来はプロ野球・巨人の阿部慎之助選手から、目標とする選手も阿部慎之助選手なのだそうです。

奥川恭伸選手とは違うタイプですが、山瀬慎之助選手の優しそうな顔立ちが女性人気が高そうです。

イケメンキャプテン

桐蔭学園・森 敬斗(もり けいと)

1年からベンチ入りし、2年の秋に主将に任命された森 敬斗選手は強肩で強打者の頼れるキャプテンです。

イケメンでスター性もあり、チームの中心選手となれば女性ファンにも注目されますよね!

ここぞという時にチームを勝利に導く一打を放ち、チャンスにも強い印象があります。チームが活躍すれば人気も全国区になりそうです。

 

東邦・石川昂弥(いしかわ たかや)

愛知県半田市出身の石川昂弥選手、中学卒業時には大阪桐蔭からも声が掛かったことがある大型のスラッガーです。

現在高校通算本塁打は39本、選抜大会2019ではどれだけ通算本塁打数を伸ばすかが期待されています。

現在投手練習もしており、マウンドに立つ可能性も!投手は顔が映りますからファンにとっては楽しみですね。

2年の秋から主将を務め、今大会からは投打ともにチームを引っ張るイケメンキャプテンに注目が集まりそうです。

石川昂弥(東邦高校)の出身中学やこれまでの成績! 二刀流は小学生の頃から!
高校野球の名門、愛知県の東邦高校で2年秋からキャプテンを務める石川昂弥選手。 プロも注目する大型スラッガーながら、現在投手と内野手の二刀流にも挑戦しています。 今回は、石川昂弥選手のプロフィールや出身...

 

筑陽学園の二世イケメンコンビ

父子ともに甲子園出場、しかもイケメン選手が2名もいる筑陽学園!

筑陽学園の試合をしっかりとチェックしてイケメン君を見たいところです。

 

福岡大真(ふくおか だいしん)

父の真一郎さんは、1994年夏の甲子園大会です鹿児島県代表・樟南のエースとして出場し、準優勝に輝いています。

当時は「ダンボールに収まらないくらいファンレターが来た」という自慢話を聞かされていたそうですが、福岡大真選手もお父さんに似てかなりのイケメン君です。

実力、人気ともに父を超えて「父を黙らせたい」とのこと、活躍を期待しましょう!

 

中村敢晴(なかむら かんせい)

父の寿博さんは福岡の西日本短期大学付属で1992年、夏の甲子園大会で全国制覇したときの主将!

そして、兄の宜聖(たかまさ)さんは2018年のドラフトでソフトバンクホークスに育成4位に指名された野球一家です。

お兄さん、中村敢晴選手ともにアイドルのような可愛いルックスなので女性にかなり人気があるのではないでしょうか。

中村敢晴選手は父や兄と同じ高校ではなく筑陽学園を選んだのは、父の様に甲子園で初優勝を果すためとのこと。

春の選抜大会初出場で、初優勝するとさらに人気が上がりそうですね。

癒し系イケメン

横浜・度会隆輝(わたらい りゅうき)

イケメン?というよりは、愛嬌のある顔立ちで癒し系、個人的にはとても気になる存在なのが度会隆輝選手です。

度会隆輝選手も野球一家、父は元プロ野球ヤクルトの度会博文さん、兄も中央学院大学でプレーしています。

2018年の夏の甲子園大会では1年生ながら代打として出場、初打席初ヒットを記録。

将来的にはチームの中心となる注目選手です。

目標は、ヤクルトの山田哲人選手とのこと、やはりヤクルト愛が感じられます。

選抜大会でも、山田哲人選手のような走攻守揃った活躍を見せてほしい注目の選手です。

まとめ

実力も人気もあるイケメン選手なんてそういるものではないと思っていましたが、調べてみると結構いるものです。

選抜大会を見るのが楽しみになってきませんか?

まずは、3月15日の抽選会でイケメン選手がいつ登場するのかしっかりチェックしましょう!

スポンサーリンク