東邦高校野球部2019のメンバー! 出身中学,出身シニア,そして注目選手についても!

東邦高校野球部の2019春のセンバツ出場が決まりました。センバツ最多記録となる5度目の優勝に期待がかかります。
東邦高校野球部の2019ドラフト候補の注目選手や新メンバーの出身中学や出身シニアを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

東邦高校野球部2019の出身中学校と出身シニア

東邦高校の2年連続30回目の春のセンバツ出場が決まりました。

 

 

東邦は昨秋の東海大会で優勝し、3年ぶり11回目の東海大会優勝となりました。

 

東邦は、センバツ優勝タイ記録となる通算”4度の優勝”を誇ります。
タイ記録を誇るのは、東邦と中京大中京高校で、どちらもともに愛知県の高校になります。

 

東邦の新チームのメンバーの出身中学と出身シニアなどを紹介します。
こちら↓↓

背番号名前守備学年出身中学出身シニア
1石川昂弥投手2愛知 亀崎中愛知知多ボーイズ
2成沢巧馬捕手2愛知 日進中豊田リトルシニア
3松井涼太内野手2愛知 豊川東部中東三河ボーイズ
4杉浦勇介内野手2愛知 高浜南中愛知衣浦リトルシニア
5長屋陸渡内野手2愛知 六ツ美中愛知衣浦リトルシニア
6熊田任洋内野手2岐阜 長森中岐阜青山ボーイズ
7吉納翼外野手1名古屋 松原中名古屋富士ボーイズ
8河合佑真外野手2愛知 三谷中岡崎中央ボーイズ
9坂上大誠外野手2愛知 千種台中名古屋北リトルシニア
10植田結喜投手2静岡 雄踏中浜松ボーイズ
11奥田優太郎投手2愛知 日進西中愛知フラッシュ
12伊東樹里捕手2岐阜 陽南中岐阜アドバンスBBC
13村北翔哉投手/捕手2愛知 みよし北中
14仲間裕也捕手/内野手1沖縄 金武中
15土屋大貴内野手1岐阜 釜戸中陶都ボーイズ
16岡田一晟外野手2愛知 豊国中名古屋北リトルシニア
17倉地賢外野手2愛知 吉根中春日井ボーイズ
18堀嶺太外野手2愛知 前林中名古屋コンドルズ

 

※登録メンバーは変更になる事があります。

 

東邦高校野球部2019の注目選手

東邦高校野球部の注目選手を紹介します。

 

1人目は、東邦の主将を務めチームの中心として活躍している石川昂弥選手です。

 

名前   石川 昂弥(いしかわ たかや) (2年)
出身中学 愛知県半田市亀崎中
シニア等 愛知知多ボーイズ
身長/体重 185㎝/81kg
投打    右投右打
守備位置 サード、ショート、ピッチャー

 

小学6年時には、『中日ドラゴンズジュニア』に選出されています。
中学時代は、愛知知多ボーイズで活躍し、中学3年の8月に『NOMOジャパン』でロサンゼルス遠征に参加しています。

 

左右に本塁打を打ち込む事ができ、高校通算39本塁打。
最速144キロの右腕で、カーブ・スライダ・フォーク・チェンジアップを巧みに操る投球が持ち味。

1年生から名門校でレギュラーとして4番・ショートを務め、1年の夏に怪我の影響で代打のみ、秋の県大会は4番・サードで優勝に貢献しました。
2年の春にはセンバツに4番として出場していますが、4打数0安打で初戦敗退となりました。
2年夏の西愛知大会では、全試合に4番として出場し、19打数14安打1本塁打、打率.737の好成績を残しています。しかし決勝で愛工大名電に敗れ、準優勝となりました。
2年秋から、新チームの主将を務めて、投手としても本格的に取り組み始めています。投手をしながら、東海地区大会でも2ホームランを放ち、準優勝に貢献しています。

 

石川昂弥選手は中学時代から有名で、2019ドラフト候補として大注目されています。

 

次に、もう一人のドラフト候補の熊田任洋選手を紹介します。

 

 

名前   熊田 任洋(くまだ とうよう) (2年)
出身中学 岐阜市立長森中学校
シニア等 岐阜青山ボーイズ
身長/体重 172cm/72kg
投打    右投左打

 

小学校時代に硬式野球を始め、中学時代は『岐阜青山ボーイズ』でプレー。
中学3年の時に、日本代表に選ばれ、『2016世界少年野球大会』に出場しました。

 

東邦では1年秋から三塁手を経て遊撃手でレギュラーでベスト入りしています。
遠投110メートル。
左右に打ち分ける左の好打者で、高校通算15本塁打。
遠投100mの強肩と50m走5秒9の俊足を持つ。
1年秋は1番バッターとして打率.458を記録、3本塁打を放った。守備範囲の広い内野守備でもチームに貢献しています。
2年秋の新チームでは4番を任されています。

 

二人ともプロで活躍するのが目標だそう。ドラフト候補の二人がどんな活躍をするのか、目が離せませんね。

 

東邦高校野球部2019の監督

東邦高校野球部の監督を務める森田泰弘監督を紹介します。

名前   森田 泰弘
生年月日 1959年4月4日
出身地  愛知県生まれ
出身高校 東邦高等学校

出身大学 駒澤大学

社会人  本田技研鈴鹿

 

1977年高校3年時の夏甲子園に主将で4番打者として出場し、準優勝をしています。

その後、社会人野球で本田技研鈴鹿でプレーしています。

1983年から母校である東邦高でコーチに就任し、2004年に阪口慶三前監督の跡を継いで監督に就任しています。

森田泰弘監督就任後の甲子園の成績↓

2005年春のセンバツ ベスト8

2016年春のセンバツ 2回戦

2008年夏の甲子園  3回戦
2014年夏の甲子園  2回戦
2016年夏の甲子園  3回戦

2018年夏の甲子園  2回戦

 

東邦は、これまで春のセンバツでの成績が素晴らしく、1934年春のセンバツでは初出場で優勝し、その後も1939年、1941年、1989年と4回優勝に輝いています。
春のセンバツでは、準優勝2回とベスト4が3回、夏の甲子園も準優勝が1回と強豪校として活躍しています。

 

森田泰弘監督は、関わった選手たちの進路指導まで相談にのり、監督と選手達との信頼関係が築かれているようです。

森田泰弘監督の下で、栄光を掴んで欲しいです。

 

まとめ

2019年春のセンバツは、3月15日に抽選会があり、3月23日に開幕します。

 

東邦高校野球部は、平成元年に春のセンバツで優勝しています。今回、記念すべき平成最後となる春のセンバツで頂点にたち、センバツ最多の5度目の優勝を目指してもらいたいですね。

東邦の活躍を楽しみにしています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク