横浜高校野球部2019のメンバー! 出身中学,出身シニア,そして注目選手についても!

5年ぶりの2019春のセンバツ出場が決まった神奈川県の名門である横浜高校は、高校野球の強豪校としても知られています。
まさかの逆転負けとなってしまった夏の甲子園から、悔しい思いを胸に練習に励んでいる選手達。
昨秋から新チームでスタートした横浜2019年の、ドラフト候補の注目選手やメンバーの出身中学と出身シニアなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

横浜高校野球部2019の出身中学校と出身シニア

春のセンバツ出場が決まった横浜高校。

横浜の春のセンバツは5年ぶり16回目の出場となり、春のセンバツで13年ぶりの優勝!!にも期待がかかります。

 

昨秋から新チームでスタートしている新チームのメンバーの出身中学と出身シニアなどを紹介します。
こちら↓↓

背番号名前守備学年出身中学出身シニア
1及川 雅貴投手2千葉 八日市場第二中匝瑳リトルシニア
2山口 海翔捕手2神奈川 向丘中横浜青葉ボーイズ
3内海 貴斗内野手2神奈川 末吉中世田谷西リトルシニア
4度会 隆輝内野手1千葉 下貝塚中佐倉リトルシニア
5庄子 雄大内野手1神奈川 希望が丘中中本牧リトルシニア
6津田 啓史内野手1熊本 長嶺中熊本中央ボーイズ
7冨田 進悟外野手1東京 三田中新宿リトルシニア
8小泉 龍之介外野手2福井 武生第二中鯖江ボーイズ
9大手 晴外野手1静岡 竜洋中浜松リトルシニア
10木下 幹也投手1東京 開進第三中世田谷西リトルシニア
11松本 隆之介投手1神奈川 名瀬中戸塚リトルシニア
12桑原 隼輔捕手2神奈川 今宿中横浜瀬谷ボーイズ
13吉原 大稀外野手2北海道 明星中旭川大雪ボーイズ
14守屋 智治内野手2神奈川 二宮西中小田原足柄リトルシニア
15鬼頭 勇気内野手1神奈川 みたけ台中横浜保土ヶ谷ボーイズ
16金井 真人1神奈川 原中戸塚リトルシニア
17小島 歩空捕手1神奈川 名瀬中戸塚リトルシニア
18鯨 一馬2神奈川 相模中海老名リトルシニア
19黒須 大誠投手2福島 中央台北中いわきボーイズ
20明沢 一生内野手2神奈川 東鴨居中

 

※登録メンバーは変更になる事があります。

 

横浜高校野球部2019の注目選手

横浜高校野球部の注目選手を紹介します。

 

ドラフト候補でも上位に入る投手の及川雅貴選手です。

 

 

名前    及川 雅貴(およかわ まさき)  (2年)
出身シニア 匝瑳リトルシニア
生年月日  2001年4月18日
身長/体重  183cm/74kg
投打    左投げ/左打ち

サウスポーで最速153キロの速球に加え、スライダー・チェンジアップ・カーブなどの変化球を駆使して投球します。

小学3年生から『須賀スポーツ少年団』で軟式野球を始めています。
小学6年生時には、選抜セレクションに合格し、『千葉ロッテジュニアチーム2013』入りも果たしています。
中学3年生の時には、U-15日本代表に選出され、エースとして『第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ』準優勝に貢献しました。個人でも最優秀防御率賞を受賞しています。

 

高校入学前には、テレビ朝日系「ビートたけしのスポーツ大将」で、西武の秋山翔吾選手や森友哉選手、中日の平田良介と対戦し、平田選手からはストレートで空振り三振を奪っています。

 

その後、全国の約30校もの強豪校から誘いを受け、名門の横浜高校に入学。

高校でも1年春にはベンチ入りをしていますが、ほろ苦いデビュー戦になりました。
1年の夏の甲子園でもベンチ入りし、秀岳館高校戦でリリーフとして登板。3回を1安打無失点で甲子園デビューも果たし、2年の夏甲子園でも花咲徳栄高戦に先発し好投しています。

 

及川雅貴選手が、2018年11月の練習試合で先発し、13奪三振5失点で完投。
この試合で、これまでの自己最速152キロを自己最速153キロに更新しました。

 

春のセンバツでも、ドラフト候補の及川雅貴選手から目が離せません。

 

もう一人紹介したいのは、1年生ながら注目度が高い度会隆輝選手を紹介します。

 

 

名前  度会 隆輝(わたらい りゅうき) (1年)
出身シニア 佐倉リトシニア
身長/体重 178cm/68kg
投打   右投げ/左打ち
ポジション セカンド
1年生からベンチ入りし、昨年の夏の甲子園でも代打として活躍しました。
父は、元プロ野球選手の度会博文氏です。

 

中学時の佐倉リトシニアでの成績↓
中学1年
2015年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2015年ジャイアンツカップ(ベスト8)
中学2年
2016年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2016年ジャイアンツカップ(ベスト4)
中学3年
2017年リトルシニア全国選抜野球大会(優勝)
2017年リトルシニア日本選手権大会(準優勝)
2017年ジャイアンツカップ(優勝)

2017年11月のU-15アジアチャレンジマッチでは、3番打者として活躍。大会最優秀選手にも選ばれています。

 

度会隆輝選手はまだ1年生なので、2020年のドラフト候補に名前が上がるでしょう。

これからも度会隆輝選手の活躍が楽しみですね。

 

横浜高校野球部2019の監督

横浜高の監督を務める平田徹監督を紹介します。

 

 

名前  平田 徹
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1983年5月10日(35歳)
出身高校 横浜高校
出身大学 国際武道大学
ポジション 捕手

全国高校野球選手権大会に2回出場。
2年時はベスト8。3年時には主将を務め、ベスト4進出しています。

2006年、大学卒業後すぐに横浜高校野球部コーチに就任。2010年に部長の小倉清一郎が定年を迎え、硬式野球部部長に昇格。
2015年夏の大会後、恩師の渡辺元智氏が監督を勇退し、硬式野球部終身名誉監督に就任するのに伴い、後任として監督に就任しています。

監督として、2016・2017・2018年に夏の甲子園出場へ。

就任1年目から、3期連続夏の甲子園出場に導いています。

 

横浜は、2006年春のセンバツで優勝してから、甲子園出場はあるもものそれ以降は厳しい戦いが続いています。

平田徹監督の下で頑張る選手達、今春のセンバツで実力が発揮できると良いですね。

 

まとめ

2019年春のセンバツは、3月15日に抽選会があり、3月23日に開幕します。

 

昨夏の甲子園で、金足農にまさかの逆転負けした横浜高。悔しさをバネに挑む春のセンバツでの活躍を楽しみにしています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク