習志野高校野球部2019のメンバー! 出身中学,出身シニア,そして注目選手についても!

10年ぶりの2019春のセンバツ出場が決まった習志野高校野球部。

夏の甲子園では、過去2回の優勝やベスト8入りをしていますが、春のセンバツでは、2回戦止まりとなっています。習志野の名門復活として、春のセンバツに期待がかかります。
習志野高校野球部2019年のメンバーの出身中学や出身シニア、注目選手を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

習志野高校野球部2019の出身中学校と出身シニア

習志野の10年ぶり4回目の春のセンバツ出場が決まりました。

 

 

習志野は、昨秋の関東大会1回戦で桐生第一を延長十四回タイブレークの末に3-1で撃破し、準々決勝の東海大甲府を8-4で破り準優勝へ進出しました。公立校で唯一ベスト4入りを果たしています。

習志野はこれまで夏の甲子園8回出場し、優勝2回・ベスト8入りを2回しています。

 

習志野のメンバーの出身中学と出身シニアの紹介します。
こちら↓↓

背番号名前守備学年出身中学出身シニア
1飯塚 脩人投手2習志野第二中
2兼子 将太朗捕手2市川第七中市川ボーイズ
3高橋 一翔内野手2成田中台中成田ボーイズ
4小澤 拓海内野手1九十九里中佐倉リトルシニア
5和田 泰征内野手1江戸川春江中市川ボーイズ
6角田 勇斗内野手1船橋法田中佐倉リトルシニア
7竹縄 俊希外野手2八千代萱田中千葉市リトルシニア
8根本 翔吾外野手2成田中佐倉リトルシニア
9山内 翔太外野手1江戸川瑞江第二中市川ボーイズ
10山本 慶都2習志野第二中佐倉シニア
11福山 康聖2勝浦北中千葉幕張ボーイズ
12京極 塁1習志野第二中佐倉リトルシニア
13佐々木 駿太2磯辺中千葉市リトルシニア
14松本 陸2白井南山中八千代中央リトルシニア
15櫻井 亨佑1成田下総みどり学園中
16高橋 雅也1佐倉中佐倉リトルシニア
17田邉 秀馬2習志野第二中オール沼南BBC
18岩沢 知幸2山武成東東中九十九リトルシニア

 

※登録メンバーは変更になる事があります。

 

習志野高校野球部2019の注目選手

習志野の注目選手を紹介します。

 

エースとして注目されている飯塚脩人選手です。

名前   飯塚 脩人(2年)
出身中学 千葉県 習志野市第二中
シニア  中学は軟式野球部
身長/体重 181㎝/78kg
投打   右投げ左打ち

小学生から軟式の野球を始め、習志野二中では軟式野球部に所属。
1年秋から控えとしてベンチ入りしています。
最速145キロの直球を持つスリークォーター右腕。
スライダー・カーブを織り交ぜた投球ですが、直球が武器です。

2年秋の関東大会で145キロを計測。リリーフ投手として、県大会2位で関東大会ベスト4に貢献しました。

 

次に、新チームの主将を務めている根本翔吾選手を紹介します。

名前    根本 翔吾(2年)
出身中学  千葉県 成田中
出身シニア 佐倉リトルシニア
身長/体重  168cm/65kg
投打    左投げ左打ち

新チームの主将を務めています。
168cm65kgと小柄ながら、俊足で守備範囲も広く走攻守三拍子揃った外野手。
昨秋の関東大会1回戦の桐生第一戦では、延長13回裏、1死二、三塁の場面で、誰もがサヨナラと思った中飛をセンターの根本翔吾選手が捕ると、ワンバウンドで本塁へストライク送球し、タッチアウトとなり、サヨナラ負けをしのぎました。

 

秋季県大会後に、根本翔吾選手と竹縄俊希選手のダブルキャプテン制を導入しています。
当初、根本翔吾選手が1人で主将を務めていましたが、主将と言う責任感で気負いすぎてしまい根本翔吾選手は打撃の不調が続いていました。
小林監督から、ダブルキャプテン制を告げられた後、2人は「お互いに足りない部分がある。補い合ってチームを支えていこう」と、誓ったそうです。
根本翔吾選手は、「竹縄がいることで県大会より試合に集中できるようになった」と語っています。

 

ダブルキャプテン制にして、根本翔吾選手の関東大会での活躍にも繋がったようですね。

 

もう一人の主将を務める竹縄俊希選手を紹介します。

 

名前    竹縄 俊希
出身中学  千葉県 八千代萱田中
出身シニア 千葉市リトルシニア

身長/体重  170cm/64kg
投打     右投右打

もう1人の主将を務めている竹縄俊希選手は、中学3年の2016年にリトルシニア日本選手権大会(ベスト8)に出場しています。

公式戦では、40打数13安打を記録しています。

 

今後もダブルキャプテンで、習志野野球部のメンバーを引っ張ってくれるでしょう。

 

習志野高校野球部2019の監督

習志野の監督を紹介します。

 

小林徹監督のプロフィールを紹介します。

名前    小林 徹
世代   1962年度生まれ
ポジション 内野手
出身高校 習志野
出身大学 青山学院大

高校3年の時、
1980年全国高校野球選手権大会(2回戦)に出場しています。

1991年~2001年 市立船橋高等学校野球部監督就任。
2007年  習志野高等学校野球部監督就任。

船橋の監督時代、
1993年選抜高等学校野球大会(3回戦)
1996年全国高校野球選手権大会(2回戦)
1997年全国高校野球選手権大会(ベスト8)

習志野の監督時代、
2009年選抜高等学校野球大会(2回戦)
2011年全国高校野球選手権大会(ベスト8)

 

習志野の監督になって、僅か2年で甲子園に導いています。

小林徹監督は、船橋高等学校の後に赴任した学校には野球部がなく、2007年に習志野高等学校に赴任後、野球部の監督に就任したそうです。

 

習志野の甲子園出場履歴↓↓
1962年 第44回全国高校野球選手権大会 (1回戦)
1967年 第49回全国高校野球選手権大会 (優勝)
1972年 第54回全国高校野球選手権大会 (1回戦)
1972年 第47回選抜高等学校野球大会 (1回戦)
1975年 第57回全国高校野球選手権大会 (優勝)
1976年 第48回選抜高等学校野球大会 (2回戦)
1980年 第62回全国高校野球選手権大会 (2回戦)
1987年 第69回全国高校野球選手権大会 (ベスト8)
2001年 第83回全国高校野球選手権大会 (3回戦)
2009年 第81回選抜高等学校野球大会 (2回戦)
2011年 第93回全国高校野球選手権大会 (ベスト8)

 

春のセンバツは10年ぶりとなり、小林徹監督率いる習志野の活躍に注目が集まります。

 

まとめ

2019年春のセンバツは、3月15日に抽選会があり、3月23日に開幕します。

 

4回目の春のセンバツで、名門習志野高校野球部の復活となるでしょうか!

毎日の練習の成果を出し切って試合に挑んでもらいたいです。

習志野の活躍を期待したいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[ad