盛岡大学付属高校野球部2019のメンバー! 出身中学,出身シニア,そして注目選手についても!

5回目の春のセンバツ出場が決まった盛岡大学付属高校。甲子園の常連校でもある盛岡大学付属高校の甲子園での初優勝も期待されます。
昨秋から新チームとしてスタートしている盛岡大付のベンチ入りメンバーの出身中学や出身シニア、監督を紹介します。

スポンサーリンク

 

盛岡大学付属高校野球部2019の出身中学校と出身シニア

岩手県の強豪校として知られている盛岡大学付属高校。

盛岡大学付属高校は、昨秋の東北大会で準優勝し、春のセンバツに2年ぶり5回目の出場が決まりました。

 

盛岡大学付属高校は、岩手県盛岡市にある私立高校で、盛岡大学の付属高校になります。
これまで春のセンバツに4回、夏の選手権大会に10回出場している甲子園の常連校です。

盛岡大学付属高校の新チームとなったベンチ入りメンバーの出身中学と出身シニアの紹介します。
こちら↓↓

背番号名前守備学年出身中学出身シニア
1阿部秀俊投手2岩手 一関東中岩手ボーイズ
2島上眞綾捕手2兵庫 学文中宝塚ボーイズ
3竹ヶ原大輝内野手2宮城 志波姫中
4峰圭哉内野手2栃木 上三川明治中小山ボーイズ
5及川温大内野手2岩手 水沢南中
6佐々木俊輔内野手2岩手 北上飯豊中花巻リトルシニア
7平賀佑東外野手2岩手 大宮中滝沢いわてリトルシニア
8小川健成外野手2大阪 大阪大正東中
9岡田光輝外野手2大阪 大阪大正西中大正ボーイズ
10木内優成2岩手 雫石中滝沢いわてリトルシニア
11石井駿大朗1神奈川 綾北中横浜瀬谷ボーイズ
12松原瑠来2宮城 七郷中仙台東部シニア
13小野寺颯斗2花巻リトルシニア
14早川公平2
15小島乃2青森 三沢第二中
16大久保瞬1横浜港北ボーイズ
17本郷勇気2
18佐藤凛2神奈川 つきみ野中横浜瀬谷ボーイズ
19村上颯2兵庫 御殿山中東成リトルシニア
20原康一郎2

 

※登録メンバーは変更になる事があります。

 

盛岡大学付属高校野球部2019の注目選手

盛岡大学付属高校の注目選手を紹介します。

1人目の注目選手はエースの阿部選手です。

Twitter

 

名前    阿部秀俊選手 (2年)
出身シニア 岩手ボーイズ

168㎝と小柄なエース左腕の阿部秀俊選手。
最速130キロ。
頭脳派の阿部秀俊選手はスライダーが持ち味ですが、相手打者の特徴を掴み、ストレートやカーブなど多彩な投球術を使いこなします。
東北大会の山形城北戦は2度マウンドに上がって8回2/3を投げ、被安打6、13奪三振。
準々決勝の酒田南戦は、相手打線を4安打に抑え完封(七回コールド勝ち)しています。

 

2人目の注目選手は新チームで主将を務めている及川温大選手を紹介します。

(写真右側。左側は阿部秀俊選手)

 

及川 温大選手 (2年)
右投左打。180cm 、75kgと恵まれた体格の及川温大選手は豪快なスイングが持ち味。

春のセンバツ出場が決まり、及川温大選手は、「岩手の粘り強さを甲子園で示し、全力で戦って優勝を目指す」と力強く宣言しました。

 

盛岡大学付属高校の選手達は、例年県外出身の選手が多く、県内の選手も含め多くの選手が寮生活をしているそうです。親元を離れ、野球を頑張っている選手達を応援してあげたいですね。

盛岡大学付属高校野球部2019の監督

盛岡大学付属高校野球部の監督を紹介します。

盛岡大学付属高校の卒業生でもある関口清治監督です。

 

名前   関口 清治
生年月日 1977年5月23日
出身地  岩手県
学歴   盛岡大学付属高校、東北福祉大学

高校時代は捕手で、高校3年の時に副主将も務めています。
3年の時に、盛岡大学付属高校が春夏を通じて初出場を果たしました。
東北福祉大学に進学し、大学でも捕手として活躍しました。

2000年盛岡大学付属高校のコーチを5年経験し、その後部長を務めています。
2008年に盛岡大学付属高校野球部の監督に就任。

 

盛岡大学付属高校の甲子園出場を紹介します。

1995年 第77回全国高等学校野球選手権大会
1996年 第78回全国高等学校野球選手権大会
2001年 第83回全国高等学校野球選手権大会
2003年 第75回選抜高等学校野球大会
2003年 第85回全国高等学校野球選手権大会
2004年 第86回全国高等学校野球選手権大会
2008年 第90回全国高等学校野球選手権大会
2010年 第82回選抜高等学校野球大会
2012年 第94回全国高等学校野球選手権大会
2013年 第85回選抜高等学校野球大会
2014年 第96回全国高等学校野球選手権大会
2016年 第98回全国高等学校野球選手権大会
2017年 第89回選抜高等学校野球大会
2017年 第99回全国高等学校野球選手権大会

 

2010年に監督として、春のセンバツ初出場しました。
2013年の春のセンバツで、出場10回目にして甲子園初勝利しています。
2016年の夏の甲子園で、初の2勝しています。
2017年の春のセンバツ、夏の甲子園では春夏連続で、初のベスト8進出を果たしました。

 

まだ優勝こそありませんが、関口清治監督が就任して甲子園の出場数が増えているので、やはり関口清治監督は指導力に優れている方なのでしょう。

 

まとめ

国民的スポーツの野球、昔から変わらず高校野球ファン!!という方も多いと思います。

平成最後となる2019年春のセンバツは、3月15日に抽選会があり、3月23日に開幕します。

 

出場校も決まり、これまで以上に練習に励んでいる選手達が、甲子園で練習の成果を発揮できると良いですね。

春のセンバツでの、盛岡大学付属高校や他校の活躍も楽しみです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク