石岡一高校野球部2019のメンバー! 出身中学,出身シニア,そして注目選手についても!

2019年春のセンバツ、21世紀枠に選ばれた石岡第一高校。初の甲子園出場が決まりました。
石岡一高の2019ドラフト候補の選手やベンチ入りメンバーの出身中学やシニアなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

石岡一高校野球部2019の出身中学校と出身シニア

2019年3月23日に開幕する春のセンバツの21世紀枠に選ばれた茨城県の石岡第一高校。
秋季茨城県大会では4強入りを成し遂げました。
これまで春夏の甲子園出場はなく、今回初の甲子園出場となります。

 

石岡一高は、1910(明治43)年に『新治郡立農学校』として創立の歴史を持つ伝統校で、農学校が母体で、普通科・園芸科・造園科があります。
野球部は、1923年に創部されました。

野球部員も、農場での実習や課外授業などがあり、部員全員がそろいにくい中での練習は、短時間で工夫された練習を心がけているそうです。

石岡一高のベンチ入りメンバーの出身中学と出身シニアを紹介します。
こちら↓↓

背番号選手守備学年出身中学出身シニア
1岩本 大地投手2八郷中茨城オール県南クラブ
2中山 颯太捕手1府中中
3佐々 旺健内野手2府中中
4堀川 舜太内野手2八郷中
5友部 陸内野手2八郷中
6滑川 孝之介内野手1美野里中
7武田 翼外野手2美野里中オール茨城
8古屋 健太郎外野手1勝田第一勝田リトルシニア
9酒井 淳志外野手2霞ヶ浦中茨城オール県南クラブ
10小松崎 駿控え1岩間中
11松野 稜控え2小川南中
12田口 和磨控え2府中中
13干場 聖斗控え1下根中江戸崎ボーイズ
14塚本 圭一郎控え1土浦第一中茨城オール県南クラブ
15飯岡 大政控え1桜中つくば中央リトルシニア
16坂本 塁控え2明光中
17藤井 蛍控え2八郷中
18矢口 剛盛控え2土浦五中
19黒沢 清純控え1石岡中
20飯塚 大翔控え1玉里中

 

※登録メンバーは変更になる事があります。

石岡一高校野球部2019の注目選手

石岡一の注目選手を紹介します。
エースで投手の岩本大地選手です。

 

岩本大地選手 (2年生)
岩本大地選手は、1年春からベンチ入りしています。
最速147㎞の右腕岩本大地選手は、秋季茨城県大会で明秀学園日立・土浦日大の強豪校を撃破しています。
準決勝の藤代戦では、延長13回タイブレークの末に敗れましたが、岩本大地選手は完投し16三振を奪いました。

岩本大地選手は、2019年のドラフト候補として注目されています。

 

次の注目選手は、2018年秋から新チームの主将を務めている酒井淳志選手を紹介します。

酒井淳志(さかい あつし)選手 2年生
1年秋からベンチ入り。2018年秋から新チーム主将。
外野手
リードオフマンとしての打撃力に期待できます。

 

岩本大地選手・酒井淳志選手共に、中学時代は茨城オール県南クラブでプレーし、2016年全日本少年夏季軟式野球大会でベスト4進出しています。

中学の時から同じシニアでプレーしている二人の今後の活躍が楽しみですね。

 

石岡一高校野球部2019の監督

石岡一の監督は、川井 政平監督です。

川井 政平監督のプロフィールを紹介します。
名前 川井 政平(かわい しょうへい)
生年月日 1974年11月8日 現在44歳
出身 茨城県石岡市
出身校 竜ヶ崎一高校・國學院大学卒業

竜ケ崎第一高校時代に名ショートとしても注目されていた。
主将も務めて、2度甲子園に出場しています。
松井秀喜さんのいた星稜高校とも対戦しています。

1999年 波崎柳川高校の監督に就任。2005年の夏の大会では決勝に進出しました。

2009年 秋から石岡一高校の監督に就任。
2016年の春季大会では準優勝し、初の関東大会出場を果たしました。
翌17年春にも2年連続で関東大会出場をしています。
昨年秋季茨城県大会では、ベスト4進出し、21世紀枠の東日本枠で初の甲子園出場が決まりました。

 

川井政平監督の指導で、確実に力をつけてきている石岡一高。春のセンバツでも頑張って欲しいですね。

 

石岡一高の応援サイトがこちら

 

 

まとめ

2019年春のセンバツは、3月15日に抽選会があり、3月23日に開幕します。

石岡一高は、功績が認められ21世紀枠で初の甲子園出場を勝ち取りました。
21世紀枠は、石岡一の他、富岡西(徳島)・熊本西(熊本)の3校が選出されました。

 

昨年夏の甲子園大会の金足農のように、日本中が熱狂した活躍が見れる事を楽しみにしています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク