東京マラソン2019 招待選手一覧! 注目の招待選手は? 2018の招待選手とその結果も!

 

2019年3月3日に行われる日本最大のシティマラソン「第13回東京マラソン大会」、男子はMGCシリーズに指定されており、資格を獲得するため、有力選手が多数出場します。

今回は、国内、海外の招待選手、2018年の招待選手と結果について調べてみました。

スポンサーリンク

東京マラソン2019 招待選手

男子招待選手

日本が世界に誇る国際マラソン大会、東京マラソン2019は招待選手もめちゃめちゃ豪華!

なんと、世界3位となる2時間3分3秒の自己記録を持つケネニサ・ベケレ選手が参戦します。

北京とアテネオリンピックの覇者もすでに36歳ですが、まだまだスピードは健在です。

日本では現日本記録保持者大迫傑選手が参戦。

東京オリンピックと同コースでどんな記録が生まれるか楽しみです。

名前年齢所属自己記録
大迫傑27ナイキ2:05:50
木滑良28NHPS2:08:08
中村匠吾26富士通2:08:16
佐藤悠基32日清食品グループ2:08:58
村山謙太26旭化成2:09:50
福田穣28西鉄2:09:52
大塚祥平24九電工2:10:12
神野大地25セルソース2:10:18
ケネニサ・ベケレ36エチオピア2:03:03
マリウス・キプセレム30ケニア2:04:04
ビルハヌ・レゲセ24エチオピア2:04:15
ディクソン・チュンバ32ケニア2:04:32
エルハサン・エルアバシ34バーレーン2:04:43
セイフ・トゥラ21エチオピア2:04:44
ノバート・キゲン26ケニア2:05:13
ギデオン・キプケテル26ケニア2:05:51
デメタドゥ・アバテ21エチオピア2:06:47
ビダン・カロキ28DeNA2:07:41

女子招待選手

女子はMGCシリーズの指定ではありませんが、東京オリンピックに向け、資格を持った3選手が参戦。

海外招待選手とどれくらい戦えるのかが注目されます。

名前年齢所属自己記録
前田 穂南22天満屋2:23:48
高島 由香30資生堂2:26:13
野上 恵子33長崎十八銀行2:26:33
一山 麻緒21ワコール1:09:14(ハーフ)
ルティ・アガ25エチオピア2:18:34
ボルフェイセ・タデセ30エチオピア2:19:30
イエブルガル・メレセ28エチオピア2:19:36
フローレンス・キプラガト32ケニア2:19:44
アバベル・イエシャネ27エチオピア2:20:16
シュレ・デミセ23エチオピア2:20:59
ベダトゥ・ヒルパ19エチオピア2:21:32
ミミ・ベレテ30バーレーン2:22:29
ヘレン・トラ24エチオピア2:22:29
ローズ・チェリモ29バーレーン2:22:51
ルース・チェビトク28ケニア2:23:29
ジョーンチェリモ・メリー28ケニア1:05:04(ハーフ)

 

東京マラソン2018 招待選手とその結果

2018年大会の招待選手の結果は次の通りです。

男子

海外招待選手
名前国名結果
ウィルソン・キプサングケニア途中棄権
テスファエ・アベラエチオピア欠場
ディクソン・チュンバケニア1位(2:05:30)
ツェガエ・メコネンエチオピア20位(2:10:26)
フェイサ・リレサエチオピア6位(2:07:30)
ビンセント・キプルトケニア途中棄権
アモス・キプルトケニア3位(2:06:33)
ギデオン・キプケテルケニア4位(2:06:47)
バーナード・キピエゴエチオピア欠場
キブロム・ゲブレジャビエルエリトリア41位(2:16:52)
モハメド・レダ・エルアラビモロッコ11位(2:09:18)

国内招待選手
名前所属結果
井上大仁MHPS5位(2:26:54)
設楽悠太Honda2位(2:06:11)
石川末廣Honda欠場
山本浩之コニカミノルタ途中棄権
木滑良MHPS7位(2:08:08)
大石港与トヨタ自動車途中記念
宮脇千博トヨタ自動車8位(2:08:45)
佐藤悠基日清食品グループ10位(2:08:58)
神野大地コニカミノルタ18位(2:10:18)
村澤明伸日清食品グループ14位(2:09:47)
市田孝旭化成35位(2:15:09)
鈴木健吾神奈川大学19位(2:10:21)

女子

海外招待選手
名前国名結果
ルティ・アガエチオピア2位(2:32:29)
プリティ・チェロティッチ・リオノリポケニア途中棄権
シュレ・デミセエチオピア4位(2:22:07)
ベルハネ・ディババエチオピア1位(1:19:51)
ヘラー・キプロプケニア5位(2:19:58)
アンナ・ハーナードイツ欠場
エイミー・クラッグアメリカ3位(2:21:19)
メセレト・デファーエチオピア欠場

東京マラソン2018 結果

男子

2017年大会の覇者ウィルソン・キプサング選手が途中棄権、序盤からレースを引っ張ったディクソン・チュンバ選手が先頭集団から37キロ過ぎに抜け出し優勝を果しました。
30キロ過ぎに先頭集団から遅れた設楽悠太選手が驚異の追い上げを見せ40キロ付近で2位に浮上!
2時間6分11秒をマークし、16年ぶりに日本新記録を更新、見事に1億円の報奨金をゲットしました。

女子

女子の場合、東京マラソンはMGCシリーズではないため、日本からの有力選手の出場なく、招待選手もいませんでした。

レースは25キロ過ぎから先頭に立ったベルハネ・ディババ選手がそのまま逃げ切り優勝を果しました。

まとめ

現日本記録保持者の大迫傑選手が、世界トップクラスの海外招待選手とどんなレースを繰り広げるのか!
個人的には日清食品グループの佐藤悠基選手に意地を見せてほしいと思っています。
また、現時点でMGCの資格を保持していない神野大地選手がケニアで自身2度目の合宿を決行中とのこと。
今大会でのMGC資格獲得に向け、良いレースを期待したいですね。

スポンサーリンク