米子東高校野球部2019のメンバー! 出身中学,出身シニア,そして注目選手についても!

 

米子東高校は、鳥取県内屈指の進学校!

その米子東高校野球部が2018年に行われた「秋季中国大会」で準優勝となり、23年ぶりに春の選抜高校野球への出場が決定しました!

そんな米子東高校野球部のメンバーの出身中学や出身シニア、監督までご紹介します。

スポンサーリンク

鳥取県・米子東高校野球部2019年メンバーの出身中学や出身シニアについて!

2018年の高校野球秋季中国大会で見事、準優勝を勝ち取った米子東高校野球部。

2019年春の選抜高校野球に出場する事も確定!!!という。

その春の選抜高校野球では2018年の準優勝メンバーで出場するのでしょうか?

その時のメンバーの出身中学や出身シニアはこちら↓↓↓

背番号 選手名学年守備 出身中学 出身シニア
 1森下祐樹投手米子市日吉津村中学校組合立箕蚊屋中
 2長尾駿弥捕手日南町立日南中
 3福島悠高内野手米子市日吉津村中学校組合立箕蚊屋中
 4福島康太内野手米子市立加茂中
 5諸遊壮一郎内野手大山町立大山中
 6岡本大翔内野手米子ボーイズ
 7山内陽太郎外野手米子クラブ
 8本多翔外野手米子市立東山中
 9土岐尚史投手米子クラブ
 10野村大和
 11松田凌
 12永田涼内野手米子市立湊山中
 13岩本勇気
 14平山悠斗内野手米子クラブ
 15戸野晧介
 16遠藤想大

米子東高校野球部2019年の注目選手は?

まずは、エースの『森下祐樹投手』

何といっても中国大会準優勝のエースですからね!

常に125キロ~120キロ後半の速球を投げる左腕。

それから、4番バッターを務めた『福島悠高内野手』

2018年高校野球秋季中国大会でも3試合に出場し、

12打数7安打・打点8でチームを勝利に導きました。

2019年は3年生となり、チームを引っ張る存在になり、

その活躍ぶりを見せてくれるだろうと期待してしまう米子東の脅威の4番バッターです!

米子東高校野球部の監督は?

米子東高校野球部の監督は米子東高校教諭の『紙本庸由監督』。

2013年に米子東高校野球部のコーチとして、チームを支え、

その後監督に就任されました。

当時の米子東はなかなか思うような結果が出ず、そんな時に監督就任され、状況の厳しさに戸惑いを感じていたそう。

監督自身が色々な視点から学び、的確な指導のおかげで選手たちに自主性が生まれたというのです。

監督就任された翌年の2014年の夏に「初戦連敗ストップ」

という形でその成果が現れました。

そして、同年2014年夏には10年ぶりの中国大会出場、

2017年に夏の県大会決勝まで勝ち進み、2018年には23年ぶりに

中国大会決勝進出し、2019年春の選抜高校野球に出場決定という所まで成長したのです!

監督としてはまだ若い30代半ばの紙本庸由監督、母校「米子東」の監督としてまだまだ野球部の成長を見せてくれる事でしょう。

まとめ

米子東高校野球部の監督の指導力と、選手たちの頑張りで、

米子東高校野球部は急成長を遂げました。

「2019年春の選抜高校野球」ではどんな活躍を見せてくれるのか、

楽しみでなりません!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク