履正社高校野球部2019のメンバー! 出身中学,出身シニア,そして注目選手についても!

近年、全国にも知れ渡る甲子園の常連である履正社高等学校。大阪を代表する強豪校になります。
夏の甲子園が終わり、2018年秋には履正社の新チームがスタートしました。2019春のセンバツが3月23日から開幕しますが、履正社もセンバツ出場が決定しています。
気になる新メンバーの出身中学やシニア、注目選手を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

履正社高校野球部2019の出身中学校と出身シニア

大阪では1・2位を争うほど高校野球の強豪校である履正社は、昨年高校野球秋季近畿大会で、準決勝(4強)まで進みました。

2019年春のセンバツ第91回大会は、2019年3月23日(土)に開幕します。
春のセンバツの近畿地区枠は6校になっており、準決勝に進出した4強はセンバツ出場が当確となります。
履正社(4強)の他、龍谷大平安(優勝)、明石商(準優勝)、智弁和歌山(4強)になります。

正式には、2019年1月25日(金)に、出場校32校が決定します。

※センバツ出場が確定しました!

 

履正社のベンチ入りメンバーの出身中学と出身シニアの紹介します。
こちら↓↓

背番号選手守備学年出身中学出身シニア
1清水大成投手2丹波市氷上中ベースボールネットワーク
2野口海音捕手2松原市松原第四中松原ボーイズ
3浦野皓太内野手2
4西川黎内野手2神戸大付属中兵庫伊丹
5小深田大地内野手1姫路市飾磨中部中姫路アイアンズ
6野上聖喜内野手2東大阪市長栄中東大阪布施ボーイズ
7田上奏大外野手1西成ボーイズ
8桃谷惟吹外野手2神戸市湊川中兵庫伊丹
9井上広大外野手2大東市南郷中東大阪リトルシニア
10植木佑斗控え2伊丹市荒牧中兵庫伊丹
11岩崎峻典控え1
12前川虎太郎控え1泉州阪堺ボーイズ
13大西蓮控え1播磨ボーイズ
14池田凜控え1生駒ボーイズ
15中原雄也控え1大阪八尾ボーイズ
16山本啓太控え2大阪市此花中大阪此花ボーイズ
17坂口敦也控え2尼崎市常陽中
18田淵一樹控え1岡山市桑田中ヤンキース岡山

 

※登録メンバーは変更になる事があります。

 

履正社高校野球部2019の注目選手

2019年に向けて、去年秋から履正社の新チームがスタートしました。
今年の履正社高校野球部の注目選手とプロフィールを紹介します。

 

まず注目した選手は、新キャプテンに就任した野口海音選手です。

https://twitter.com/timelyweb/status/1070243656626368512?s=19

野口 海音選手(のぐち みのん) 2年
出身中学 大阪府 松原市松原第四中
シニア  松原ボーイズ

2016年に福島県いわき市で開催された第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップの日本代表選手として主将も務めた捕手です。
1年の夏にベンチ入りをしていています。

 

二人目の注目選手は、田淵一樹選手です。

田淵 一樹選手(たぶち いつき) 1年
出身中学 岡山県 岡山市桑田中
シニア  ヤンキース岡山

188センチの長身から繰り出す角度のある最速142キロの速球を武器にしています。
中学3年にはNOMOジャパンに選出されています。
田淵一樹投手は、夏の大阪大会のデビュー戦で4回0封の快投をして、8強入りに貢献しました。

 

三人目は小深田 大地選手です。

小深田 大地選手(こぶかだ だいち) 1年
出身中学 兵庫県 姫路市飾磨中部中
シニア  姫路アイアンズ

中学3年にはNOMOジャパンに選出され、履正社では1年生にして夏の大阪大会では、背番号5でベンチ入りしています。
秋季近畿地区大会大阪府予選では、3-3の同点で迎えた9回2死満塁で、小深田大地選手がサヨナラ満塁ホームランを放つ活躍を見せました。

 

今後の活躍が期待される選手達から目が離せませんね。

 

履正社高校野球部2019の監督

履正社高校野球部の監督を紹介します。

岡田 龍生監督です。

名前 岡田 龍生
生年月日 1961年5月18日
出身地 大阪府生まれ
学歴 東洋大姫路高ー日本体育大
東洋大姫路高では、主将を務め、1番・サードで出場した1979年春の選抜でベスト4となりました。

日本体育大学に進み教員免許を取得し社会人を経て、1984年に桜宮高校のコーチに就任。
1986年より履正社高校の監督に就任しました。

履正社の野球部は、監督不在のメンバーも少なく弱小チームだったそうです。岡田龍生監督は、そんな履正社野球部を現在では全国屈指の強豪に押し上げてきました。
本当、岡田龍生監督は指導力に優れた方ですね。

 

まとめ

岡田監督率いる履正社高校野球部の今年の活躍も期待したいです。

毎年、高校野球を楽しみにしている方も多いと思います。まずは春のセンバツで、どんなドラマが見られるか楽しみですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク