北野天満宮の梅苑2019年の見頃時期や開花情報,アクセス,そして梅花祭についても!

学問の神様で知られる菅原道真公が祀られている北野天満宮ですが、約2万坪の敷地内に50種類1,500本の梅が咲く梅苑があり、毎年たくさんの人が訪れています。
北野天満宮の2019年の『梅花祭』、見頃時期や開花情報、梅苑のライトアップなどを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

北野天満宮の梅苑の見頃時期と開花情報

 

北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社になります。
天神信仰の発祥の地であり、親しみをこめて「北野の天神さん」、「北野さん」と呼ばれています。

菅原道真公ゆかりの梅50種約1,500本が約2万坪の境内一円で咲き競い、「天神さんの梅」として知られています。

 

早咲きの梅は例年12月中旬からつぼみがふくらみ始め1月上旬から徐々に開花します。
最も見ごろを迎えるのが2月下旬から3月中旬です。

『梅苑』は例年2月初旬に公開します。『梅苑』では期間中、茶屋を設けて梅茶とお菓子を楽しむことができます。

※開花状況により梅苑公開の時期が決まります。

※入苑料は大人700円、こども(小学生以下)350円で、菓子付きです。

 

公式HPやSNSもぜひご覧ください。

北野天満宮 公式ホームページ 

北野天満宮 Facebook

北野天満宮 Instagram

 

View this post on Instagram

Kyoto#思いのまま#梅#北野天満宮#梅苑

A post shared by kitano_tenmangu (@kitano_tenmangu) on

北野天満宮の梅苑の見どころ

『梅苑』には白梅、紅梅、一重、八重と様々に咲く梅の間に散策路があります。
たくさんの種類が植えられているので、一本一本表情が違います。『梅苑』の梅が様々な色の花を咲かせてくれるので、見事な景色が楽しめること間違いなしです。

見事な梅がずらりと並んで、すてきな散策路ですね。

 

 

 

昨年2018年2月23日(金)~3月18日(日)の毎週末(金・土・日曜)に”梅苑ライトアップ”初公開されました。
LEDライトとかがり火、ろうそくの火を使った幻想的な雰囲気を演出しています。

ライトアップは日没~21時(受付20時30分まで)

『梅苑』の公開は通常時は9時~16時までですが、ライトアップ期間中は9時~21時(20時半最終受付)まで。

2019年も『梅苑』のライトアップがあるのではないでしょうか!

ライトアップされた『梅苑』も綺麗ですね。

北野天満宮の『梅花祭(ばいかさい)』の概要

View this post on Instagram

⛩Plum blossom festival of Kitano-tenmangū shrine🌸 ⛩北野天満宮梅花祭🌸. . The Tenjin market seems to be most busy to prayer for passing entrance test and guest to see plum blossom in a year. 縁日、梅花祭、合格祈願など一年で最も天神さんが賑わうのではないでしょうか。 北野天満宮 / 京都市上京区馬喰町 Kitano-tenmangū shrine / Bakurō-chō, Kamigyō-ku, Kyoto, Japan Photo on 25.2017 #北野天満宮梅花祭 #北野天満宮梅苑 #北野天満宮 #梅花祭 #縁日 #天神さん #天神市 #神社 #梅 #梅花 #北野 #京都 #kitanotenmangu #plumblossomfestival #market #plum #shrine #plumblossom #tenjin #kitano #kyoto #japan #japan_daytime_view #icu_japan #igs_asia #japanlives #IGersJP #wu_japan #lovers_nippon #team_jp

A post shared by 祭り広場 京都🇯🇵JAPAN Festival Plaza🗾 (@amano.jun) on

菅原道真公は梅の花をとても大切にしていたので、命日である2月25日に『梅花祭』が行われるようになりました。

『梅花祭』

菅原道真公の祥月命日に行われる祭典で、約900年の歴史があります。お米を蒸して大小2つの台に盛った「大飯」「小飯」や白梅・紅梅の小枝を挿した「紙立(こうだて)」という特殊な神饌を供え、道真公のご遺徳をしのびます。授与所では「紙立」に用いた玄米を「厄除玄米」として授与しています。
また、この日、三光門前広場では「梅花祭野点大茶湯」を催します。豊臣秀吉公が当宮で北野大茶湯を催した故事にちなみ、道真公の薨去(こうきょ)後1050年の大萬燈祭にあたる昭和27年から始まった行事です。上七軒の芸妓さんたちの奉仕により、梅の盛りを迎えた境内で華やかな野点を楽しんでいただけます。

公式ホームページ ―引用―

 

『梅花祭』
・2月25日 午前10時~午前11時 / 厄除玄米 1袋100円
・「野点大茶湯」 午前10時~午後3時 / 野点拝服券1500円
(拝服券、宝物殿拝観券、撤饌引換券)

「野点大茶湯」は、事前に1枚1,500円の拝服券を購入してください。人気の為、当日に行って購入するの難しいそうです。
先着3000枚限定で、1月25日頃から配布が開始されます。
北野天満宮の社務所で購入することができます。

 

上七軒の芸妓さんの奉仕で、お茶とお菓子を味わいながら、梅の花を眺めるのも良いですね。

北野天満宮の梅苑へのアクセス

北野天満宮
所在地・お問い合わせ
〒602-8386 京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所
TEL 075-461-0005
FAX 075-461-6556

アクセス方法
バス
・京都駅から市バス50・101系統
・JR二条駅から市バス55系統
・地下鉄今出川駅から市バス51・102・203系統
いずれも『北野天満宮前』下車すぐ

電車
・京福電車『白梅町駅』より徒歩5分


・名神高速道路南インター又は東インターより約30分

駐車場
・開門時間中(開場時間 9時~17時) 時間制限なし。
・無料
・第1駐車場(300台)
*毎月25日は、縁日のため駐車できません。
・第2駐車場(40台)

参拝専用です。駐車は参拝時間内に限ります。

まとめ

まだ寒い中で、凛と咲く梅の花は気品があり、梅の花びらは先が丸く、可愛らしさもあります。

普段の生活では味わえないのも『梅苑』ならではですよね。

今年は梅の花で花見!!もオススメです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク