立川志らくの落語の評判は?偉そうとも言われるが,シネマ落語が落語初心者には面白い!

立川志らくさんというと落語家で、辛口コメンテーターとしても

活躍されていて「偉そう?」というイメージを持っている方もおられるようです。

本当はどんな方なのでしょうか?

その、立川志らくさんの落語家としての評判はどうなのでしょうか?

立川志らくさんのプロフィールから、本当の素顔、

そして落語家としての評判についても調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

立川志らくプロフィール

 

・本名    新間一弘(しんま かずひろ)

・生年月日  1963年8月16日

・出身地   東京都世田谷区

・師匠    立川談志

・落語    立川流

・所属事務所 ワタナベエンターテインメント

・家族構成  妻・酒井莉加(1981年5月26日生まれ)

長女・小弓(2012年9月生まれ)

次女・雪奈(2017年3月生まれ)

 

父の影響で、中学生の時に落語や映画を好きになり、

日本大学芸術学部演劇学科に進学し、落語研究会に所属。

1985年10月、同サークルのOB高田文夫さんの紹介で、

7代目立川談志さんに入門し、前座名「立川志らく」を名乗りました。

2001年には『彩の国落語対象』を受賞。

映画好きでも知られる立川志らくさんは、

1997年に『異常暮色』で映画監督デビュー。

2015年1月から独演会「立川志らく落語大全集」を開始し、

16年かけて203席を演じる予定だそう。

View this post on Instagram

2018.10.10 (水) @永田町・国立演芸場 立川志らく落語大全集 2018年秋 ~テーマ・色~ 志ら鈴「牛ほめ」 志らく「替り目」 志らく「紙入れ」 ~仲入り~ 志らく「包丁」 クンマサと定例の志らくさん。前回だけ伝承ホールで今回はまたいつもの国立演芸場。志ら鈴さんの「牛ほめ」に始まり、志らくさん【色】をテーマに三席たっぷりと。「替り目」は個人的に好きじゃない噺、志らくさんがやるとその好きじゃない部分が際立つんだが聴けちゃうんだよな~。それが落語の良い所で。「紙入れ」は大好き☆★女将さんのあの台詞ん時の志らくさんの表情が何とも言えんw後半は久々の「包丁」、談春さんのも久しく聴いてないが私はどちらのも好きで今回聴けたのはホント、ラッキーだったと思う。またいつか聴けるかな~。お陰で美味しいお酒が呑めましたよ。 #rakugoic #永田町 #半蔵門 #国立演芸場 #立川志らく落語大全集 #テーマ色 #色 #立川志らく独演会 #独演会 #落語会 #落語 #立川志らく #志らく #替り目 #紙入れ #包丁 #演目表 #プログラム #白黒 #モノクロ #Nagatacho #Hanzomon #rakugo #program #monochrome

A post shared by 𝒎𝒖𝒖𝒖𝒖𝒖𝒖𝒖𝒖𝒖𝒕𝒐𝒊𝒄 (@muuuuuuuuutoic) on

落語家・映画監督・それから「ひるおび!」などのコメンテーター、 などなど幅広く活躍されています。

立川志らくの落語の評判は???

近頃、辛口コメンテーターとしても活躍中の立川志らくさんですが、

落語家としては大学の落語研究会を経て、

同サークルOB高田文夫さんの紹介で、7代目立川談志さんに入門し、

前座名「立川志らく」を名乗っています。

そして、立川流きっての弟子数を誇る大御所落語家なのです。

そんな立川志らくさん、落語家としての評判はどうなのでしょうか?

師匠の故・立川談志さんは「弟子の中で最も才能がある」と評価している一方で、、、

「落語が下手」

「立川志らくさんの落語は師匠の立川談志さんに似ている」

などという噂もあります。

 

立川志らくさんは有名な映画やアニメを江戸時代に舞台を変え、

落語として改変する「シネマ落語」に挑戦していて、

それが、「面白い!」という人や「邪道!」というファンもいて、

賛否両論なのです。

 

私的には、落語というと時代が古い感じ?分かりにくい?と言う感じ。

ですが、ガンダムを落語にした「ガンダム落語」なら親しみやすく、

見てみようかな?という気になります。

 

なので、この斬新さが落語に興味のない方、

若い世代の方にも落語が身近なものになるのでは?と私は思います。

 

 

それから、立川志らくさんの落語が立川談志師匠に似ている、と言われていることについては、立川志らくさんご本人が

「マネしている」とはっきり言っているのです。

これについては、

「個性というのは抑えていても出てくるもの」

「マネすることが大事」という考えがあるとのことなのです。

 

そんな立川志らくさんを「三遊亭円丈さん」は「素人落語」と

酷評していますが、新しいことを始めれば厳しい評価も必ずあるもの。

 

2001年には『彩の国落語対象』を受賞されているくらいなので

「落語が下手」ということはないと思います。

 

むしろ新しいことにチャレンジすることが素晴らしいと思うので、

これからも新しい「落語」を生み出してほしいですね。

立川志らくは偉そう?

立川志らくさんというと「辛口」という感じなので「偉そう」と言われるのも無理もないかと思います。

その他にも「態度がでかい」や「ひるおび出すな」など言われているのです。

テレビでのコメンテーターとしての辛口発言や態度から

そう見られてしまうようですね。

 

ですが、立川志らくさんはその件についてツイッターで発言していて、

『慣れない現場で緊張していたことが原因』や

『不愉快にさせて申し訳ない』などというコメントを出されていて、

「ん?素直で正直な人?」と思ってしまいました。

 

私的には、立川志らくさんは落語家なので、周りと違うコメントも

時には斬新でいいかな?と思っていて、

「そんな考えもあるのか」と勉強になることもあります。

色々な意見を言える人がいないと番組は面白くないと私は思います。

嫌われるのを覚悟で本音を言うのは凄いことだと思います。

これからもそのままの「偉そう!」な立川志らくさんでいてほしいです。

まとめ

立川志らくさんは色々な才能を持っていて、新しい発想・新しい事に挑戦できる方、

そして、正直だな、、、という印象でした。

「シネマ落語」に落語を知らない私でも興味が湧いてきます。

今度是非、機会があれば見てみたい!と思いました。

色々と批判される事も多いでしょうが、賛同されている方もいる。

コメンテーターとしてはそれでいいのかな、と私は思います。

全員の賛同を得られることは無いですし、意見は人それぞれでいいのだと思います。

コメンテーター全員が同じ意見や、オブラートに包んだようなコメントをしていても

見ている人は面白くないのかな?と思います。

これからも立川志らくさんの「辛口コメント」を楽しみにしています。

 

立川志らくの子供の名前,年齢は?18歳年下の美人嫁・酒井莉加との馴れ初めも!
落語家・立川志らくさんと言えば、辛口コメンテーターとしても活躍されていますよね? その立川志らくさんですが・・・ 実は子供達への溺愛ぶりがすごいらしいのです。 しかも奥様は18歳年下の元アイドルとか...

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク