箱根駅伝2019 早稲田大学のエントリー選手一覧! 若い力で古豪復活を果たせるか!?

2018年の大学駅伝でふがいない成績が続く、前回大会3位の早稲田大学。
箱根駅伝での巻き返しはあるのでしょうか?
今回は早稲田大学のチームエントリーとチームの特徴について解説したいと思います。

 

箱根駅伝2019の結果速報↓↓

箱根駅伝2019 往路結果速報! 青山学院か,東洋か,もしくは!? 区間記録や通過順位,そして往路優勝校まで!

箱根駅伝2019 復路結果速報! 青山学院,東洋,東海の3強の争い!さらにシード権争いもみどころ!

スポンサーリンク

早稲田大学の区間エントリー

12月29日に発表された区間エントリーがこちらです↓↓

区間氏名
1区伊澤 優人
2区吉田 匠
3区千明 龍之佑
4区清水 歓太
5区大木 皓太
6区渕田 拓臣
7区真柄 光佑
8区太田 直希
9区新迫 志希
10区宍倉 健浩
補欠小澤 直人
補欠永山 博基
補欠太田 智樹
補欠中谷 雄飛
補欠半澤 黎斗
補欠向井 悠介

1月2日の往路最終エントリーで、

<第 1 区> 1 伊沢 優人 → 14 中谷 雄飛
<第 2 区> 2 吉田  匠 → 13 太田 智樹

と変更になりました。

 

早稲田大学のエントリー選手一覧

 

12月10日に発表されたエントリーは次の通りです。

氏名カナ 学年10000mタイム
小澤 直人オザワ ナオト4年29.34.44
清水 歓太シミズ カンタ4年29.24.33
永山 博基ナガヤマ ヒロキ4年28.25.85
伊澤 優人イザワ マサト3年29.44.03
大木 皓太オオキ コウタ3年29.39.90
太田 智樹オオタ トモキ3年28.56.32
新迫 志希シンサコ シキ3年29.07.06
真柄 光佑マガラ コウスケ3年29.54.25
宍倉 健浩シシクラ タケヒロ2年29.17.12
渕田 拓臣フチダ タクミ2年31.51.60
吉田 匠ヨシダ タクミ2年29.58.90
太田 直希オオタ ナオキ1年29.26.60
千明 龍之佑チギラ リュウノスケ1年29.10.27
中谷 雄飛ナカタニ ユウヒ1年29.07.77
半澤 黎斗ハンザワ レイト1年29.25.05
向井 悠介ムカイ ユウスケ1年29.32.41

 

今シーズン駅伝を走っていないエース永山博基選手、太田智樹選手も無事エントリー。

本番まで調子が上がって来る事を願うばかりです。

早稲田大学の特徴

チームの特徴

大学駅伝の強豪・早稲田大学、2010-2011年シーズンには、出雲・全日本大学駅伝、箱根駅伝と大学3大駅伝を制し3冠を達成しています。

しかし、ここ数年の最高順位は3位。青学、東洋に大きく離れている状態です。

さらに、今季はまったく振るわず、出雲10位、全日本15位と惨敗。

前回3位だった早稲田大学はどこへ行ってしまったんだろうとファンを心配させています。

 

シーズン前の下馬評では、2018年入学の新入生が1番充実しているとして、かなり高かった早稲田大学。

しかし、前回大会2区を走った太田智樹選手など、主力選手のけがにより、ベストメンバーが組めなかったため、力を出し切れていないというのが現状です。

今年の早稲田が青学、東洋の牙城を崩すのでは?と期待されていただけに、本当にガッカリです。

 

ただ早稲田にも良い話題があります。

ルーキーの中でひとり安定した力を見せている中谷雄飛選手です。

高校駅伝でもエース区間で区間賞を獲り、佐久長聖の優勝に貢献、鳴り物入りで早稲田大学に入学しました。

シーズンイン当初は思うような走りができずにいましたが、夏を超えて状態があがり、出雲、全日本大学駅伝でともに低い順位で襷を受け取ると、チームの順位を押し上げる活躍を見せました。

 

チームエントリーでは、中谷雄飛選手を入れ5人の1年生がエントリー、これは23チーム中最高となっています。

 

若い力が古豪復活を果してくれるのではないかと期待しています。

注目選手

注目選手は中谷雄飛選手に尽きるでしょう。

出雲駅伝では3区のエース区間にエントリーされ、区間4位と健闘しています。

全日本大学駅伝では、3区を走りチームの順位を13位から6位に押し上げ、区間2位の活躍を見せました。

1年ながら花の2区にエントリーされるのは間違いないのではないでしょうか。

また、上尾ハーフマラソンで主将の清水歓太選手、3年の真柄光佑選手、1年の千明龍之佑選手ら6人が1時間3分台をマークし、好仕上がりをアピールしています。

本番に向けて調子の上がってきた選手が、今シーズンを締めくくる良い走りを見せてくれるのではないでしょう。

早稲田大学の過去の成績

早稲田大学は第1回から出場している古豪チームで、出場回数は87回、優勝回数13回。

中央大学に次ぐ歴代2番目実績を持っています。

過去10年の成績は次の通りです。

2008年:2位

2009年:2位

2010年:7位

2011年:優勝

2012年:4位

2013年:5位

2014年:4位

2015年:5位

2016年:4位

2017年:3位

2018年:3位

まとめ

個人的には1番思い入れの強いチームだけに、今シーズンの成績に、物申したい気持ちで一杯です。

チーム全体にやる気を感じない、惨敗しても選手たちがあっさりしているというか・・・。

主力がけがで出られないのであれば、自分がレギュラーを取ってやる!くらいの意気込みがほしいところです。

箱根駅伝は10人で襷をつなぎます。いくらエースが頑張ってもほかの選手がつないでくれないとよい成績は残せないのです。

2018年の2つの駅伝は中谷雄飛選手だけが目立ち、そのほかに誰が走っていたのかも記憶に残らないくらいです。

名門早稲田はやはり箱根で復活してほしい!臙脂色(えんじいろ)のユニフォームがトップでゴールする姿をもう1度見たいのです。

 

結果速報はこちら↓↓

箱根駅伝2019 往路結果速報! 青山学院か,東洋か,もしくは!? 区間記録や通過順位,そして往路優勝校まで!

箱根駅伝2019 復路結果速報! 青山学院,東洋,東海の3強の争い!さらにシード権争いもみどころ!

 

箱根駅伝の情報盛りだくさん!まとめページがこちら↓↓

箱根駅伝2019まとめ 結果予想から見どころ,注目選手や新入生についても!
お正月のお楽しみ、箱根駅伝! 正式名称は、東京箱根間往復大学駅伝競走です。 2019年は第95回大会となりますが、 箱根駅伝の結果予想から見どころ、注目選手や新入生についてもまとめてお伝えします! これを見れば、箱根駅伝がもっと楽しめるはず!

 

スポンサーリンク