山里亮太の嫌いな芸能人は誰!?「デスの極み男」の命名由来も!

南海キャンディーズの山里亮太さんが芸人のおぎやはぎの二人から「デスの極み男」と命名されたんです。
山里亮太さんの嫌いな芸能人は、芸能界から干される!?消える!?と言われています。
気になる山里亮太さんの嫌いな芸人は誰なのかを調べてみました。

 

スポンサーリンク

山里亮太の嫌いな女性芸人は青木さやか!?

View this post on Instagram

よさこい本祭初日の本日、南海キャンディーズの山里亮太さんが御来店、著書の「天才はあきらめた」のサイン本を作ってくださいました! 山ちゃん、めっちゃ素敵で紳士的な方でした☆レジ後ろにて店頭用に描いてくださったサイン色紙も展示しております。 サイン本、数に限りがございますのでおはやめにどうぞ! 山里さん、お忙しい中、そして暑い中、本当に本当にありがとうございました!ぜひまたいらしてください! 担当T#山里亮太 #山ちゃん #南海キャンディーズ山ちゃん #朝日新聞出版 #朝日文庫 #天才はあきらめた #サイン本 #すでに完売かも #山ちゃんありがとうございました #高知市 #帯屋町 #本屋 #書店 #金高堂書店

A post shared by 金高堂書店 (@kinkodo_kochi) on

テレビで大活躍している南海キャンディーズの山里亮太さん。
これまで色々な番組で、山里亮太さんの嫌いな女性芸人、山里亮太さんを『干す』と脅してきた芸人を暴露しています。でも名前が放送される事はなく、皆さんも誰の事なのかとっても気になりますよね。

 

山里亮太さんを『お前、干すから!』といった女性芸人とは?
山里亮太さんの話では↓↓

○40代の女性タレント。
○今はそれほど露出は高くないが、昔はかなり力を持っていた。
○MCなども経験済み
○山里亮太さんに『干す』と豪語したのは10年ほど前
○主に東京で活動
○井森美幸さんより年下
○赤江珠緒さんとほぼ同い年

というヒントです。

 

そこで、ネット上で噂になっているのが
“青木さやか”さんです。

確かに、青木さやかさんは最近はテレビに出る機会は少ないですよね。それに10年ほど前にブレイクした時は、毒舌だったと言うイメージがあります。

 

実は山里さん自身のラジオ番組で、ゲストの東野幸治さんにその方の名前をバラされている!?ようなんです。

なんと!”青木さやか”さんの名前が出て来ました。

ラジオ番組では、東野幸治さんが「青木さやかさんはどうなんですか?」と振り、山里亮太さんは否定も肯定もしていません。

山里亮太さんが、ハッキリ言ってはいなかったので、断言は出来ませんが、私はこのラジオを聞いて、やはり”青木さやか”さんなのかなぁと思いました。

山里亮太の嫌いな芸能人は消える?「デスの極み男」?

2016年9月8日放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」に出演した時でのことです。
以前サプライズゲストとして山里亮太さんが出演した際に、そこで嫌いな芸能人の名前(高畑裕太さん)を言ったところ、芸能界から消える事件が起こったというのです。

 

この日の放送では、同年7月29日に開催された「おぎやはぎのメガネびいき10周年記念イベント」で、山里亮太さんは俳優・高畑裕太さんが嫌いであると発言していました。
その後、同年8月23日に、高畑裕太さんは映画の撮影のため滞在していた前橋市内のビジネスホテルで、女性従業員に対し暴行をしたとして逮捕されています。

 

2016年9月8日放送のトークの内容がこちら↓↓

小木博明:この間(おぎやはぎのメガネびいき10周年記念イベント)さ、ビックリしたのがさ…山ちゃんって嫌いな人言うじゃん。

山里亮太:まぁ…

小木博明:嫌いな人言うと、必ずその人って消えるじゃん。

山里亮太:いや、その何っていうんですか…

矢作兼:ああ、思い出した。ビックリしたよ。

小木博明:スゲェなぁと思って。

山里亮太:やめてください、たまたまですって(笑)「たまたま」って、そういうと、お2人のイベントの中だけで完結した、誰かのことを言ってるって、みんなも分かっちゃうでしょ?

小木博明:ふふ(笑)

山里亮太:俺、坂口杏里さんとかも言ってないし(笑)

小木博明:まぁ、まぁ、そうだけど。

矢作兼:だけど、凄いね。

小木博明:俺、思ったよ。「まただ…」って思って。

矢作兼:イベントでやったから、放送には乗ってないけど、ハッキリ言ってたもんね?

山里亮太:ですから、もうみんなピンと来ちゃいますよ。

小木博明:その時、俺は「えっ?」って思ったんだけど。

矢作兼:俺は分かったよ。「ああ、さすが」って。

小木博明:思った?その辺を言った、と。

矢作兼:「はい、はい」って。

小木博明:そうなんだ。俺はよく、知らなかったからさ。

矢作兼:でも、凄いよね。

山里亮太:別に、そんななんか、僕が消える人を予告するわけじゃなくて…

小木博明:デスノートみたいなもんだもんね、ホントね。

矢作兼:デスだ。

小木博明:デスの極みだよ、デスの極み(笑)

山里亮太:やめてくださいよ。そうすると、また違う人も消してる感じ出ちゃうじゃないですか。

矢作兼:はっはっはっ(笑)

山里亮太:「デスの極み」って(笑)イヤですよ、そんなの(笑)

矢作兼:「デスの極み男」で行こう(笑)

山里亮太:最低じゃないですか(笑)「デスの極み男」って(笑)いいんですか?2人の名前も出しますよ、そんなこと言うと(笑)

矢作兼:怖ぇよ、山ちゃん(笑)

小木博明:怖いんだよ、本当に俺もう。

 

実は山里亮太さんは、青木さやかさんや高畑裕太さん以外にも、芹那さん、品川庄司の品川祐さんなどの名前もあげていて、実際テレビでお見かけする機会が少ないですよね。

「デスの極み男」の命名はあながち間違いではない気がしますね。

 

山里亮太 しずちゃんに嫉妬したことも!

“南海キャンディーズ”は2003年に結成し、『M-1グランプリ 2004』で準優勝し、一躍有名になりました。

しずちゃんはその個性的なキャラクターがうけ、ピンでの仕事が激増します。女優デビュー作となる2006年映画『フラガール』では、『第30回日本アカデミー賞・新人俳優賞』を受賞します。

こうして、しずちゃんの活躍に嫉妬した山里亮太さんとのコンビ仲は最悪になっていったそうす。
しずちゃんに数々の嫌がらせや八つ当たりとも取れる行為を繰り返し、その後不仲コンビと言われるようになります。

 

山里さん本人が、台本からしずちゃんのセリフを勝手に消したり、しずちゃんが喋るのを邪魔したりなどなど。
しずちゃんに喋らせないことで、”面白くない!”と思わせようとしていたそうです。

 

山ちゃんの嫉妬に関してはこちらの記事もどうぞ↓↓

山里亮太 嫉妬で嫌がらせ! 嫉妬の化け物はしずちゃんをも標的に! 自信貯金なるものも!

 

なんて陰険な事をするんだろうって思いますよね。

 

しずちゃんは、ボクシングを始めて、ボクシングと全力で向き合う事で、山里亮太さんの”お笑いへの情熱”を理解できたそうです。
今では、飲みに行ったり、初単独ライブを開催したり、公私ともにコンビで行動する機会が増えているそうです。

まとめ

山里亮太さんは、芸人としても面白いし、軽快なトークで司会やナレーターなどお笑い以外の番組でも大活躍していますよね。
まさか、山里亮太さんの嫌いな芸能人が消えていくなんて怖い話ですが、浮き沈みの激しい芸能界では仕方がない事なのかもしれませんね。

山里亮太さんは、そうならないように、これからも活躍を期待したいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク