東洋大学陸上部監督の経歴や指導法! イケメンのドSなゲキに注目!

 

東洋大学駅伝部の酒井俊幸監督は2018年東京国際マラソンで日本記録を更新した設楽悠太選手、福岡国際マラソンを優勝した服部勇馬選手など多くの活躍選手を育てています。

今回は、酒井俊幸監督の経歴や指導法について調べてみました。

スポンサーリンク

東洋大学 駅伝部 酒井俊幸監督の経歴

プロフィール

氏名:酒井 俊幸・さかい としゆき

生年月日:1976年5月23日生まれ

出身地:福島県石川郡石川町

出身校:学法石川高校、東洋大学

家族:妻・瑞穂さん、息子2人

酒井俊幸監督の経歴

酒井俊幸監督は駅伝の強豪校・学法石川高校で2年生の時に全国高校駅伝に出場、6区を区間10位と好走しました。

1999年に東洋大学に進学、1年の時から箱根駅伝に出場します。

その成績は次の通り。

1年:3区→区間11位

2年:7区→区間12位

3年:1区→区間13位

4年:キャプテンを務めるも怪我のため出場できず

卒業後は実業団・コニカ(現コニカミノルタ)へ入社します。

学生時代は目立った成績を残すことができませんでしたが、実業団へ入社してからは全日本実業団駅伝で活躍、2001年から2003年までチームの3連覇に貢献しました。

2005年には退社、母校の学法石川高校で教員となり、陸上部顧問を務めます。

自身も国体のハーフマラソンに出場し、入賞を果すなど競技は続けていたようです。

2008年12月に東洋大学の陸上部員が不祥事により、川嶋伸次監督が責任を取って辞任、2009年3月に監督就任の要請を受けて駅伝部の監督となります。

東洋大学駅伝成績

2009年:箱根駅伝初優勝(監督就任前)出雲駅伝3位 全日本大学駅伝2位

2010年:箱根駅伝総合優勝で2連覇 出雲駅伝4位 全日本大学駅伝3位

2011年:箱根駅伝2位 出雲駅伝優勝 全日本大学駅伝2位

2012年:箱根駅伝3度目の総合優勝 出雲駅伝2位 全日本大学駅伝2位

2013年:箱根駅伝2位 出雲駅伝2位 全日本大学駅伝2位

2014年:箱根駅伝4度目の総合優勝 出雲駅伝(悪天候で中止)全日本大学駅伝4位

2015年:箱根駅伝3位 出雲駅伝4位 全日本大学駅伝優勝

2016年:箱根駅伝2位 出雲駅伝9位 全日本大学駅伝6位

2017年:箱根駅伝2位 出雲駅伝5位 全日本大学駅伝6位

2018年:出雲駅伝2位 全日本大学駅伝3位

酒井俊幸監督が就任してから、出雲、全日本駅伝で取りこぼしはあるものの、箱根駅伝は3度優勝、すべて3位以内と安定して成績を残しています。

東洋大学 駅伝部 酒井俊幸監督の指導法

柏原竜二を見出した眼識

新・山の神として4年間箱根駅伝の5区を走り、東洋大学の優勝に貢献した柏原竜二選手。

彼をいち早く見出したのが酒井俊幸監督です。

当時酒井俊幸監督は学法石川高校の陸上部監督。

福島県の県大会で積極的な走りを見せていたいわき総合高校の柏原竜二選手に注目し、母校の東洋大学へ情報を伝え、入学に至ったそうです。

三流選手から指導者に

競技者としては特に目立った成績を残せなかった酒井俊幸監督。

柏原竜二選手を見出した眼識や指導力が高く評価され、東洋大学の監督に就任しました。

就任早々に着手したのは荒れた部室の掃除だったそうです。

「礼を正、場を清め、時を守る」ことを徹底させたとのこと。

また、選手の性格、距離適性にあわせたトレーニングメニューを取り入れ、柔軟に対応しているそうです。

酒井俊幸監督が目指すチームは「自ら考え行動できるチーム」とのこと。

選手に自主性を持たせるというと放任主義とも捉えられますが、「そこで差が出る。自主性の部分でどういった取り組みをしていくのか大切」と伝えているそうです。

スローガンは「その1秒をけずりだせ」

今や東洋大学のスローガンになっている「その1秒をけずりだせ」

2011年の箱根駅伝で21秒差の2位に敗れた後に、選手たちからヒアリングをしたら「自分があと1秒がんばれは勝てたかもしれない」という話があったとのこと。

そこから「なにか他人のために自分で1秒を生み出せるんじゃないというふうに考えていった」そうです。

そのスローガンの下、1秒を大切にした結果、2012年に箱根駅伝優勝を果しました。

選手たちが1秒の大切さを感じながら走ったことが優勝につながったのではないでしょうか。

酒井俊幸監督はドS?厳しい言葉で選手を鼓舞

酒井俊幸監督は2018年現在42歳、年齢を感じさせない若々しいイケメン監督です。

監督就任当初は、選手と同じ大学のジャージを着ていたのですが、学生と間違われてしまうので背広にしたとか。

柏原竜二選手と並ぶと酒井俊幸監督のほうが年下に見えてしまいます(笑)

そんな可愛い見た目からは想像できない厳しい言葉を選手たちに浴びせるため、ドSではないかなんて言われています。

箱根駅伝では、選手の後ろにぴったりと監督車がついて、選手たちに声を掛けます。

そのゲキがなかなかのもの、駒澤大学の大八木監督のゲキは有名ですが、それに匹敵するくらい厳しいものです。

これも選手の限界を引き出す熱い指導法なのではないでしょうか?

箱根駅伝を観戦するときには酒井俊幸監督のドSなゲキに注目してみてください。

まとめ

箱根駅伝に出場すると大成しないと言われた時代がありました。

しかしながら酒井俊幸監督は箱根駅伝から一流のマラソン選手を育てるため、学生時代からマラソンに挑戦させるなどして、嫌なジンクスを消し去ってくれました。

今後も男子マラソンで活躍できる選手をどんどん世に送り出してくれるのではないでしょうか。

 

2019年の箱根駅伝結果速報はこちら↓↓

箱根駅伝2019 往路結果速報! 青山学院か,東洋か,もしくは!? 区間記録や通過順位,そして往路優勝校まで!

箱根駅伝2019 復路結果速報! 青山学院,東洋,東海の3強の争い!さらにシード権争いもみどころ!

 

箱根駅伝の情報盛りだくさん!まとめページがこちら↓↓

箱根駅伝2019まとめ 結果予想から見どころ,注目選手や新入生についても!
cocori お正月のお楽しみ、箱根駅伝! 正式名称は、東京箱根間往復大学駅伝競走です。 2019年は第95回大会となりますが、 箱根駅伝の結果予想から見どころ、注目選手や新入生についてもまと...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク