箱根駅伝2019 復路結果速報! 青山学院,東洋,東海の3強の争い!さらにシード権争いもみどころ!

cocori
cocori

2019年1月2,3日に行われる第95回箱根駅伝。

往路は2日、そして3日には往路を逆に戻る復路が行われます。

復路の結果、そして総合優勝はどの大学に!?

スポンサーリンク

箱根駅伝2019 復路結果

出雲、全日本大学駅伝の結果を見ると、2019年の箱根駅伝は3強の争いになるのではと言われています。

すでに2冠を達成している青山学院大学の3冠を阻止するのは東洋大学だと酒井監督は全日本終了後に強気のコメントを出しています。

東洋大学が優勝する可能性は前回大会で往路を走った選手がすべて残っていることからもかなり高いと思われます。

ただ、主力選手の不調が続いており、本番までどれだけ回復できるのかが勝敗に影響しそうです。

3強の一角、東海大学はトラックは強いがロードとなると・・・というイメージでしたが、今シーズンは出雲3位、全日本2位と安定した走りを見せています。

6区の山下りにスペシャリストを配置、期待通りの走りを見せればもしかすると優勝もあるのではないでしょうか。

優勝争いより熾烈なのはシード権争いです、前回シード権をわずかの差で落とした順天堂大学や復路に強い駒澤大学が巻き返しを狙っています。

また、古豪の日本大学、明治大学の名門復活なるかも見所のひとつです。

各大学の実力は拮抗しており、当日のピーキングがうまくできたチームがシード権を獲得するのではないでしょうか。

最終的には、往路、復路に差のない選手をエントリーできる青山学院大学が5連覇、そして3冠を達成するのではないかと予想しています。

 

※箱根駅伝復路の結果については分かり次第追記します。

箱根駅伝2018 復路結果

前回大会の箱根駅伝復路はこのような結果となりました。

 

6区

前日の往路でトップだった東洋大学が午前8時にスタート、タイム差が10分以内のチームは次々に時間差でスタートします。

大東文化大学、国士舘大学、東京国際大学、上武大学、そして関東学生連合は10分後に一斉スタートとなるため、復路は見た目の順位と本当の順位が違ってきます。

青山学院大学の6区は、この区間のスペシャリスト小野田勇次選手、中盤からジリジリと距離を縮め、15kmを過ぎたあたりで東洋大学の今西駿介選手に追いつき、抜き去ります。

小田原中継所では東洋大学との差を52秒に広げ、小野田勇次選手は58秒03秒で区間賞を獲得しました。

また、東海大学の中島怜利選手は区間2位で9位から5位に、区間4位の帝京大学・横井裕仁選手が12位から7位にチームの順位を上げる好走を見せました。

 

7区

青山学院大学と2位のチームの差はどんどん広がるばかり。

7区の林奎介選手は、日本記録を更新した設楽悠太選手(東洋大学、現Honda)の持つ区間記録を17秒上回るタイムをマーク。

東洋大学との差を3分27秒へ更に広げる快走を見せました。その走りで林奎介選手は大会最優秀選手として「金栗四三杯」を受賞しました。

7区では上武大学、関東学生連合が繰り上げスタートとなりました。

シード権争いも激しくなり、日本体育大学の住田優範選手が、林奎介選手に次ぐ区間2位の走りでチームをシード権外の11位から7位へランクアップさせました。

逆に苦しくなったのが順天堂大学。7位から11位へ順位を落としてしまいました。

 

8区

3年連続で8区を走る青山学院大学の下田裕太選手は、コースを熟知した安定の走りを見せます。

後半の遊行寺の坂に備えて、前半抑えて入り、後半の坂を難なくクリア、3年連続区間賞を獲得しました。

下田裕太選手には1997年以来破られていない箱根駅伝の中で最古の区間記録、1時間04分05秒の更新がが期待されましたが、1時間04分46秒で更新はなりませんでした。

2位の東洋大学は2年生の浅井崚雅選手が強い向かい風の中、戸塚中継所に駆け込むも、トップ青山学院大学との差は6分41秒となってしまいまいた。

3位以下も熾烈な争いが繰り広げられます。

3位の早稲田大学・大木皓太選手に、東海大学の館澤享次選手が迫り、15km付近で逆転、東海大学が3位に浮上しました。

繰上げスタートは7区の上武大学、関東学生連合に加え、大東文化大学、山梨学院大学、国士舘大学が繰り上げスタートとなりました。

シード権争いもさらに激しくなり、7区6位の拓殖大学がシード権ギリギリの10位まで順位を下げてしまいました。

 

9区

青山学院大学と2位の東洋大学のタイム差は少しずつ縮まるものの、青山学院大学の優勝を脅かすほどではありませんでした。

ファンの興味はすでにシード権争いに移っており、3位の争いも激戦となります。

前を行く3位の東海大学の湊谷春紀選手を4位争いから抜け出した早稲田大学の清水歓太選手が猛追しました。

追い抜くことはできませんでしたが、区間賞を獲得する好走を見せました。

8区でシード権ギリギリだった拓殖大学は中井槙吾選手が8位までランクアップさせ、10区に臨みをつなぎます。

12位だった中央大学は1年生の池田勘汰選手が繰り上げスタートの数10秒前に鶴見中継所に駆け込んで母校の襷をアンカーにつなぐも順位は14位と後退し、シード権獲得が厳しくなってしまいました。

また、國學院大學はわずか数秒間に合わず、繰上げスタートとなりました。

 

10区

東洋大学の小笹椋選手が区間賞の走りで青山学院大学の橋間貴弥選手を追いかけるも、すでに時遅し。

青山学院大学は圧倒的な強さを見せて総合優勝、復路優勝を果しました。

東海大学VS早稲田大学の3位争いは早稲田大学が制し、東海大学は5位でフィニッシュしました。

4位には日本体育大学、6位には法政大学が入りました。

シード権争いは、城西大学が7位、拓殖大学が8位、9位が帝京大学とそれぞれ、3年ぶり、4年ぶり、2年ぶりのシード権獲得となりました。

10位には中央学院大学が入り、最後のシード権を獲得、11位の順天堂大学との差はわずか14秒と厳しい戦いとなりました。

まとめ

往路に続き復路を予想してみましたが、やはり青山学院大学の優勝が濃厚という普通の予想になってしまいました。

箱根駅伝の魅力は何かと言われると、個人で走るマラソンにはない「ごぼう抜き」だと思っています。

その「ごぼう抜き」が多く見られるのがエース区間の2区、そして箱根の山上りと下りの5区、6区です。

「人が走っている姿を見て何が楽しいの?」と思っている方もまずは、2,5,6区間だけでもテレビのチャンネルを合わせて見ていただけたらと思います。

きっと箱根駅伝の面白さを少しでも感じてもらえると思います。

 

箱根駅伝の情報盛りだくさん!まとめページがこちら↓↓

箱根駅伝2019まとめ 結果予想から見どころ,注目選手や新入生についても!
cocori お正月のお楽しみ、箱根駅伝! 正式名称は、東京箱根間往復大学駅伝競走です。 2019年は第95回大会となりますが、 箱根駅伝の結果予想から見どころ、注目選手や新入生についてもまと...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク