箱根駅伝2019 復路予想! 復路区間別コースの特徴から総合優勝を予想!

cocori
cocori
お正月の風物詩といえば箱根駅伝です!
これを見ないとお正月が始まらないという人もいれば、まったく興味のない人も多いのでは?
今回は、箱根駅伝の復路の区間別コースの特徴を解説し、総合優勝はどこなのかを予想してみました。
スポンサーリンク

箱根駅伝 復路の区間別コースの特徴

箱根駅伝の復路は前日の往路のゴール地点・芦ノ湖をスタートし大手町へ戻るコースです。

来た道を帰るというだけではない復路の特徴があります。

また、往路と復路では、コースや距離が微妙に違っています。

往路は107.5km、復路は109.6kmで、微妙に行きより帰りの方が距離が長くなっています。

6区(20.8km) 箱根町 芦ノ湖駐車場入口~小田原

6区は早朝8時、往路10位まではタイム差順にスタート、11位以下は一斉スタートです。

5区の山上りに対し、6区は山下りと呼ばれ、高低差864mを今度は全速力で一気に下ります。

上りもきついですが、下りは下りでスピードが加速し、太腿に平地の何倍もの負担がかかる過酷なコースです。

箱根の早朝は気温が低く前夜の気象状況によっては路面の凍結したり、積雪していることもあります。

路面状況によっては転倒の危険も大きいのですが、ランナーたちはスピードを落とすことなく下っていきます。

下りきってからの残り3kmは平坦なコースですが、ランナーにとって上っていると感じるくらいきつく、ここで脚が止まるランナーが多くなります。

6区も5区と同じようにスペシャリストがおり、5区以上に大差がつきやすく、順位の変動が大きい区間です。

 

7区(21.3km) 小田原~平塚

4区の距離が20,9kmに対し、裏区間の7区は21.3kmとなっています。

これは、4区が平塚中継所を通過後に直進して海沿いのコースを通るのに対し、7区は大磯駅入口交差点通過後に陸寄りのコースを通ります。

そのため7区は4区より若干距離が長くなるのです。

7区はアップダウンがなく全区間中1番走りやすいと言われています。

ただ、スタート直後は山から冷たい空気が流れてくるため冷え込みますが、徐々に太陽が高くなって気温が上がってきます。

一気に気温が変わるため、ペース配分が難しく、ランナーの体調に大きく影響します。

レース途中で脱水症状を起こしてしまいブレーキを踏む選手も多い区間です。

 

8区(21.4km) 平塚~戸塚

序盤は比較的平坦で走りやすいのですが、中盤の残り9km近くから少しずつ上り坂となり、それがランナーの体力に負担をかけます。

また、藤沢を超えたあたり、残り5kmからの「遊行寺の坂」は最大の難関箇所、レース後半での上り坂はランナーを苦しめます。

8区あたりから優勝争い、そしてシード権争いが激化。目が離せない展開になってきます。

さらに下位のチームは「繰上げスタート」を気にしなければいけません。

駅伝には交通規制のため、トップのランナーが中継所からスタートしてから一定時間を超えると襷を繋いでなくてもスタートするというルールがあります。

これが「繰上げスタート」です。ここまで繋いできた母校の襷を受け取ることなく繰り上げスタート専用の襷で走り出すのです。

復路の制限時間は20分。20分も離れるものなの?と思うかもしれませんが離れるのです。

8区には1997年以来破られていない最古の区間記録があります。

その記録が破られるのどうかも毎年話題になります。

 

9区(23.1km) 戸塚~鶴見

2区のランナーを苦しめた権太坂は9区では長い下り坂となります。

後半は平坦なコースとなりますが、切り替えが難しくペース配分が重要なポイントとなります。

花の2区と同様に沿道の観客が多く「末の9区」と呼ばれ、キャプテンや準エースクラス、特に上級生がエントリーされることが多くなっています。

8区から引き続き、繰上げスタートも多く、時間との戦いが箱根のドラマともなります。

なお、9区の繰上げスタートのランナーは繰り上げスタート専用の襷ではなく、母校の襷を付けて走ることが許されています。

以前は逆転の9区と言われトップの逆転もありましたが、ここ4年は青学の独走となっています。

 

10区(23.0km) 鶴見~日本橋~大手町 読売新聞社前

箱根駅伝の最終区間、ここですべてが決まるため、ランナーたちには大きな重圧がのしかかります。

1区とは異なり、馬場先門を右折後、銀座通りから日本橋を渡り、ゴールの大手町を目指します。

序盤にアップダウンはありますが、ほとんどが平坦な道を走るコースで、比較的走りやすのですが、都心に近づくについてはビル風や気温の上昇にペースを乱すランナーも見受けられます。

さらに、アンカーは優勝争い、シード権争いなどのプレッシャーの中走らなければいけないため、勝負強いランナーがエントリーされます。

 

箱根駅伝2019 復路予想

View this post on Instagram

橋間貴弥(3) #箱根駅伝2018 #10区

A post shared by K (@12_kgrm) on

復路で最初にゴールしたチームが総合優勝となります。

復路優勝が必ず総合優勝とは限りません。

出雲、全日本大学駅伝、関東インカレなどから箱根駅伝の総合順位を予想してみました。

1.青山学院大学・・・総合的に考えてやっぱり青学しか考えられません。

2.東洋大学・・・主力の実力は青学と同じも、その人数が青学より少ないです。

3.東海大学・・・山で失敗しなければ3位可能です。

4.駒澤大学・・・予選会で圧倒的な強さを見せており、上位入賞可能です。

5.法政大学・・・山が強力なため、ほかで取りこぼししなければ上位争い可能です。

6.帝京大学・・・チーム全体の実力が上がっています。

7.城西大学・・・全日本の粘りを見ると箱根でもシード圏内に入りそうです。

8.順天堂大学・・・塩尻選手だけではどうにもならないけど、他の選手が崩れなければ。

9.拓殖大学・・・目立たないけど確実に上位にくる力があります。

10.早稲田大学・・・出雲、全日本が不甲斐なくシード落ちの可能性もありそうです。

以下は実力的には差はなく、どんな順位になるのか予想が難しいです。

まとめ

以前は往路に有力選手を配置し、復路は少し力が劣る選手がエントリーされていましたが、今は有力選手を復路にエントリーできるチームが上位に食い込んできます。

選手層が厚くなければ復路に有力選手を持ってくることができませんからそういう意味でも青学は1強と言っていいほど強いチームだと思います。

ただ、駅伝は棄権やブレーキなど予想だにしないことが起こる可能性もあります。

10区まで襷がつながったのに棄権してしまったことも過去にはあります。

それも箱根駅伝のドラマではあるのですが、できれば見たくないですよね。

「いいレースだった、今年も何かしら頑張ろう」とランナーからパワーをもらえるレースになるといいなと願っています。

 

箱根駅伝の情報盛りだくさん!まとめページがこちら↓↓

箱根駅伝2019まとめ 結果予想から見どころ,注目選手や新入生についても!
cocori お正月のお楽しみ、箱根駅伝! 正式名称は、東京箱根間往復大学駅伝競走です。 2019年は第95回大会となりますが、 箱根駅伝の結果予想から見どころ、注目選手や新入生についてもまと...
スポンサーリンク