DAOKOの本名は吉田!? 2018紅白歌合戦初出場決定,さらに過去には数々の大物アーティストともコラボしていた!!

cocori
cocori

2018年のNHK紅白歌合戦に初出場する事が決まったアーティストのDAOKOさん。
DAOKOって誰?本名は?と思っている方もいるようです。

アニメ映画主題歌『打上花火』でDAOKOの歌声に魅了された方も多いはず!

一躍人気になったDAOKO さんはミステリアスで綺麗なんです!

どんな方なのかご紹介します!

スポンサーリンク

DAOKOの本名が吉田の噂はただの噂,,,

 

 

楽曲が映画の挿入歌やCM曲としても使わる事が多く、女性ラッパーとしてニコニコ動画から有名になったDAOKO(だをこ)さん。耳元で優しくささやくようなウィスパーボイスがDAOKOさんの魅力です。

DAOKOさんの本名が”吉田”では!?と言う噂があり、検索ワードでもDAOKO ”吉田” で出てきます。どうなんでしょう?

 

DAOKOさんの本名は残念ながら非公開のようです。

その為、DAOKOさんの本名は???と
「DAOKO」という名前からイメージすると下の名前は…
・頭文字の「D」が「N」で、「なおこ」じゃないかと推測する声。
・「DA」が苗字の最後として「○田なおこ」だろうと推測する声などもありました。

情報がなくわかりませんでしたが、苗字が”吉田”と言う信憑性はないようですね。

過去のインタビューで「DAOKOとしての作品は好きで自信があるけど、本名の自分はすごくコンプレックスがある」と語っていて、自分の本名が好きではないのだそう。

ミステリアスなDAOKOさんなので、本名もわからない謎のままの方がDAOKOさんらしいのかもしれませんね。

 

2018紅白歌合戦に初出場が決定!↓↓

紅白歌合戦2018 出演者・曲目・曲順! 予想を超えたサプライズ出場が!?

スポンサーリンク

DAOKO プロフィール

DAOKOさんのプロフィールを紹介します。

名前:DAOKO(だをこ)
生年月日:1997年3月4日
年齢:現在21歳
出身地:東京都
職業:ラッパー、歌手
事務所:TOY’ S FACTORY INC.

 

中学3年生(15歳)の時、ニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、高校入学と同時にネット発のインディーレーベル「LOW HIGH WHO? PRODUCTION」と契約します。

進学した高等学校の校則(芸能活動禁止)が厳しく、顔を隠した状態での活動をしていました。

16歳にして2013年m-flo + daoko による楽曲『IRONY』が映画『鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~』の主題歌に起用されます。

 

2014年公開映画『渇き。』では中島哲也監督の目に止まり『Fog』が挿入歌に抜擢。同年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター) 見本市」の第3弾作品「ME!ME!ME!」の音楽制作に参加します。

 

2015年3月高校卒業後、同年3月25日発売、TOY’ SFACTORY から1st アルバム『DAOKO』でメジャーデビューし、名前表記を『DAOKO』に変更します。

2015年10月21日に発売した1stシングル『ShibuyaK/さみしいかみさま』で初顔出しをしました。こちら↓↓

DAOKO「さみしいかみさま」medium ver.

DAOKOさんは高校卒業とともにメジャーデビューを果たす形となりました。

 

『打上花火』(うちあげはなび)は、2017年8月16日にトイズファクトリーより、「DAOKO×米津玄師」名義で発売されました。

楽曲は2017年8月18日公開アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌に起用され、ブレークしたDAOKO さん。

この曲でDAOKOさんの事を知った方も多いと思います。あの歌声にドキッとしました。

DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

2017年10月18日に発売されたDAOKOさんの 4thシングル『ステップアップ LOVE』は、作詞をDAOKOさん、岡村靖幸さん、作曲・編曲&プロデュースを岡村靖幸さんが手掛け、TVアニメ『血界戦線 & BEYOND』のエンディング・テーマ曲に起用されました。

DAOKO × 岡村靖幸『ステップアップLOVE』MUSIC VIDEO

 

2017年11月24日(金)に突如リリースされたグラミー賞受賞アーティストでもあるBeckさんとのコラボ曲『UP ALL NIGHT×DAOKO』
アメリカを代表するアーティストBeckさんが、日本人アーティストとコラボするのは初めてでした。凄いですよね。DAOKOさんは、もともとBeckさんが歌っているラップのパートを担当しています。

View this post on Instagram

ベック史上初となる日本人アーティストとのコラボが実現🎉20歳の日本人ラップシンガーDAOKOをゲストに迎えた「UP ALL NIGHT x DAOKO」を配信リリース! – ベック 「まず彼女に会ってみたいという好奇心があって。意外性とか、その場で起こるケミストリーを期待していたんだ。僕はコラボレーションをすることが大好きなんだよね。音楽を始めたときから他の人と組んだらどういうことができるのかというのは一つの楽しみだし、その人から学ぶものもあるし。実際にやってみて、DAOKOは僕が思ってなかったような要素を曲に持たせてくれたと思う。」 (http://smarturl.it/onfcdw) – #beck #ベック #Daoko #ダヲコ #UPALLNIGHTxDAOKO

A post shared by Hostess Entertainment (@hostessentertainment) on

DAOKOさんは、数々の大物アーティストの方達とコラボしていますね。
それだけDAOKOさんの歌唱力の高さが窺えます。

 

 

 

DAOKOが岡村靖幸とコラボ「ステップアップLOVE」

『ステップアップLOVE』(ステップアップラブ)は、日本のシンガーソングライターの岡村靖幸さんとDAOKOさんが、DAOKO×岡村靖幸名義で発売した4作目のシングルになります。

 

『ステップアップLOVE』は、
作詞 : DAOKO、岡村靖幸 / 作曲・編曲 : 岡村靖幸

岡村靖幸さんがプロデュースした、コラボレーション楽曲です。

ミュージックビデオの監督は椎名林檎さんや東京事変などを手掛けた児玉裕一さんが担当しました。

DAOKOさんと岡村さんがダンス対決をする内容となっていて、Perfumeや星野源さんの『恋ダンス』などを手掛けたMIKIKOさんが振付、バックダンサーとしてMIKIKOさんが率いるダンスカンパニー・ELEVENPLAYが参加しています。

この曲には、凄い方達が関わっているようです。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

 

まとめ

2018年11月14日、今年の12月31日の第69回NHK紅白歌合戦に初出場する事が決まったアーティストのDAOKOさん。

「一生懸命 切実に歌うことが私にできることかなぁと思うので、心に届く歌が届けられればなぁと思っています。」と意気込みを語っていました。

https://twitter.com/nhk_kouhaku/status/1062645146762670081?s=19

もしかしたら、あまりテレビ出演しない米津玄師さんのサプライズ出場もあるのではとの噂もあります。
米津玄師さんのドラマ『アンナチュラル』の主題歌だった「Lemon」凄く良い曲ですよね。
個人的には、お二人で『打上花火』歌って欲しいですが。

 

DAOKOさんのウィスパーボイスに魅了され、ファンになった方も多いと思います。これからもDAOKOさんの素敵な曲をたくさん聞きたいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク