イッテQ カリフラワー祭りでもやらせ疑惑! 真相はスポーツ交流大会が祭りに!?バラエティだからいいのか!?

cocori
cocori

日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」の「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」で、
橋祭りinラオスに引き続き、カリフラワー祭りinタイでもやらせ疑惑が浮上しました!
カリフラワー祭りは、NEWSの手越祐也さんも参戦した祭り。
疑惑の真相はどういうことなのでしょうか。

イッテQ 「カリフラワー祭りinタイ」にもやらせ疑惑

問題になっているカリフラワー祭りinタイがこちら↓↓

 

2017年2月12日のイッテQ10周年の2時間特番で放送されたものです。

現地でのロケは2017年1月14日。

タイの首都バンコクから車で約6時間のペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村でロケが行われました。

番組では、

ペッチャブーンはカリフラワーの名産地で、年に一度、その収穫を祝う祭りが開かれる。

五穀豊穣を願う村人たちの祭りです。

という紹介がされました。

祭りとして放送された内容は、
村人たちが二人三脚で泥沼を駆け抜け、20キロのカリフラワーを収穫するスピードを競うレースだったのですが、

しかし、これにやらせがあったのではないかというのです。

 

日テレ系人気番組4時間SPでは、カリフラワー祭りをイメージしたゲームも行われていたのに、元にした祭りがやらせだったかもしれないなんて。

 

イッテQ 橋祭りのヤラセ疑惑真相! お祭り男はコーヒーフェスティバルの横で祭りを作ったのか!?
世界の果てまでイッテQ!の名物企画、「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」でのヤラセ疑惑が発覚しました! 祭り企画は宮川大輔さんが法被姿で世界の祭りに参加するというもの。 今回ヤラセ疑惑が発覚したのは、橋祭りinラオスでした。 当日、行われていたのは、橋祭りではなくコーヒーフェスティバルだったというのです。

 

イッテQ 「カリフラワー祭りinタイ」現地の方の証言

 

カリフラワー祭りのロケ現場となったサイヨン村の村長は、このように話しています。

「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民のN氏から『日本のテレビが来るので5000バーツでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われて開催した。話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになった。当日は年に一度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません」

 

開催ための費用については、

「毎年、『子供の日』の予算として村から運営費が1万バーツほど出ますが、昨年は、コーディネート会社がゲームの賞金やくじ引きの賞品など、1万バーツほどの開催費用を支払いました。さらにゲームのコースを作るなど、会場の準備を手伝った村人に対し、1人当たり2、300バーツが配られましたが、それらのお金もコーディネート会社が支払っています」

と話しているのです。

コーディネート会社が開催費用を支払ったということは、
日本テレビが支払ったこととイコールになるはずですよね。
ということは、村で開催されている催しではなくなりそうですが。

 

そして、カリフラワー祭りで優勝したプック氏、プラディット氏も、

スポーツ交流大会だと思って参加したこと、

優勝すると1人2000バーツの賞金がもらえたこと、

優勝しなくても参加するだけで500バーツが支払われたこと、

さらに、競技とは別にくじ引きがあり、マウンテンバイクや冷蔵庫などの豪華な賞品があったことなどが証言されました。

2000バーツは日本円にして約6900円だということです。

 

当日会場となったカリフラワー畑を所有する地主の一人は、

「カリフラワーを使ってやるゲームは、あのときが最初で最後。前日には村の人たちがテントを張り、水を撒いて泥のコースを作りました。日本のテレビスタッフも手伝っていましたよ。例年、子供の日には、ご飯を無料で振る舞ったり、くじ引きをしてノートや鉛筆を子供たちに配ったりするだけ。子供の学芸会のようなもので、賞金など出たことはない。ところが、この年は特別で、マウンテンバイクや洗濯機などの賞品が揃っていました」

と。
もう、ここまでの証言が出れば決定的と言わざるを得ないのではないでしょうか。

さらに、
ロケ前日には、大きなスピーカーがついた車で『明日イベントがあります。参加してください。もし試合に勝ったら賞もあります』という告知があったというのです。

ただ、テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民のN氏によると、

「たしかにM社から賞金が払われましたけど、そんなに大きな金額ではありません。全部合わせても5000バーツを超えないくらい。テレビ局側から『こういう風にしてくれ』という相談はありましたが、カリフラワーを使うということは私たちが考えました」

ということなんです。

 

このM社というのは、橋祭りinラオスもコーディネートしたバンコクのコーディネート会社。
過去には、『なるほど! ザ・ワールド』や『世界まるごとHOWマッチ』など、各局の東南アジアロケに関わってきた歴史のある会社なんだそうです。

海外のテレビ番組がタイ国内で撮影を行う場合には撮影許可の申請を行いますが、
タイ王国観光スポーツ省観光振興上級職員のシリナート・ティーナーノン氏によると、

申請書面の目的欄では毎年の祭りを表す『テサカーン』ではなく、単なる単発のイベントを表す『ギッジャカム』の撮影ということになっているということが証言されました。

 

コーディネート会社M社の回答

コーディネート会社M社社長に対して、週刊文春が取材をすると、次のように回答したそうです。

――「カリフラワー祭り」のロケには参加したのか。

「行きました。ペッチャブーンに住んでいるタイ人から『こういうのがあるよ』という提案があり、『それだったら成り立つわ』ということで日テレに連絡を入れて、段取りのご相談をしつつ、原則的には現場サイドとしっかり話をしてやっています。カリフラワー祭りについては、そんなに深い意味はないんですけど、風刺的な……。たまたま今年は明確にカリフラワーだった。実際あるものに参加しているわけです」

――日テレからの許可がないと、ロケなど出来ないのではないか。

「はい。双方でやり取りをし、日テレの方とご相談しながらアレしています」

――日テレには企画をどのように提案するのか。

「こんなネタがあるけど、どうですかと。全体的な番組のスタッフルームがありますよね。色々な制作会社が入っていますよね。日テレの中に。そこにポンとお出しするわけです。写真をあれ(メール)したり。興味を持たれれば、ビデオを撮って送ったりします。それぞれに理解をしていただいているというやり方です。こちらから全部情報は出してます」

M社の社長の話では、
タイで実際に行われているものを日本テレビに提案したということのようです。

写真やビデオなどを日本テレビ側に出すこともあるし、全部情報は出すということなのですが、
現地の方の話によると、カリフラワー祭りは初めて開催したものだったにも関わらず、
写真などはどのようにして日本テレビ側に提出したのでしょうか。

日本テレビ側に提案した時点で、
カリフラワー祭りというものの存在がないことをわかっていながら、
日本テレビ側もそれをわかった上でのロケだったということなのでしょうか。

日本テレビの回答

11月8日発売の週刊文春で橋祭りのやらせ疑惑が報じられた後、
日本テレビは、加藤幸二郎情報・制作局長による〈「週刊文春」(11月15日号)掲載 「世界の果てまでイッテQ!」の記事に関する見解〉を各メディアに送付しました。

今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません

やらせ疑惑を完全否定したんですね。

そして今回のカリフラワー祭りについては、
日本テレビの広報室がこのように回答しています。

ご質問の『カリフラワー祭り』や『橋祭り』を含め、『祭り』企画において、番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントとして開催したケースがありました。中には場所や時期を変更して開催したものもありました。また番組がコーディネート会社に支払っている撮影経費の中から、開催費用や賞金、参加費、協力費などが支払われていることもありました。コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画についての確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております。

当番組が、イベント、催し物、コンテスト、愛好家が集う小さなゲームに至るまで、『祭り』企画として扱ってきたことを、視聴者のみなさまに正しくお伝えできていなかった点についても反省しております。

『祭り』企画に関しましては現在、詳細を確認中です。今回のような事態を招きましたことを、お詫び申し上げます

この回答では、やらせ疑惑を認めているということになるのでしょうか。

11月10日放送の世界の果てまでイッテQでは、
橋祭りのやらせ疑惑に関する言及は全くなく、
通常通りに番組が進行し、そのまま終了となりましたが、
次回は何らかの説明がなされるのでしょうか。

 

※追記

11月15日、日本テレビの大久保好男社長が、自身が会長を兼務する日本民間放送連盟(民放連)の定例会長会見に出席し、

祭り企画について謝罪をしました。

このように話しています↓↓

「多くの関係者の皆様にお詫び申し上げます」

「イッテQという番組は、ロケ先やスタジオで起きたことをありのままに伝え、ありのままに見せることを大切にしてきた番組であります」

「ただ、今回の報道各社のご指摘、ご批判を受けて、改めて見直して見ますと、番組の制作陣が祭りの企画の解釈を拡大しすぎて、視聴者の皆様が祭りという名前でイメージするには無理があるものまで祭りとして扱ってしまった」

 

また、8日に日テレが出した

(祭りの)セットなどを設置した事実はなく、番組から参加者に賞金を渡した事実も御座いません

という見解について、

「橋祭り」については「ロケに協力してもらう点もありますので、コーディネーター会社を通じて賞金、謝礼などを支払っているとのことでした」

と修正し、

「番組というのを日本テレビのプロデューサーやディレクターなど狭く限定した表現であって、これは誤りです。現地のコーディネーターは外部の人とはいえ、我々の大切な協力者であり、番組の成立に不可欠な存在です。番組サイドの方であることに間違いありません」

と撤回しました。

 

今後のお祭り企画については、

「当面、お祭り企画は休止といたします」

とのことです。

 

まとめ

橋祭りのやらせ疑惑に始まり、
今回はカリフラワー祭りのやらせ疑惑が発覚!

このままでは、それ以外の祭りでもやらせ疑惑が発覚しかねませんよね。

バラエティ番組なんだから、
少々のことはいいんじゃないの?という意見もありますが、
祭り企画は、世界各地の祭りとして放送されているものです。
祭り企画を見た子供たちは、実際にその土地にはそんな祭りがあるんだと思ってしまいます。
そういった正しくない情報を放送するということは、やはり問題があるのではないでしょうか。

世界各地で現地の人と宮川大輔がおもしろレースを行う!!
というような企画であれば全く問題ないですが、
その土地で行われている祭りとして紹介するのであれば、そこに嘘はあってほしくないと感じます。

イッテQは高視聴率でファンも多い番組ですが、
今後、どのように対応するのか、
日本テレビ側には、しっかりとした説明が求められるのではないでしょうか。

 

 

イッテQ 橋祭りのヤラセ疑惑真相! お祭り男はコーヒーフェスティバルの横で祭りを作ったのか!?
世界の果てまでイッテQ!の名物企画、「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」でのヤラセ疑惑が発覚しました! 祭り企画は宮川大輔さんが法被姿で世界の祭りに参加するというもの。 今回ヤラセ疑惑が発覚したのは、橋祭りinラオスでした。 当日、行われていたのは、橋祭りではなくコーヒーフェスティバルだったというのです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク