箱根駅伝2019 区間エントリー選手! 往路5区間,復路5区間,誰がどこを走るのか!?

cocori
cocori
2019年1月2日、3日に行われる第95回箱根駅伝、どんな選手がどこを走るのか気になるところです。
本番までのスケジュールやエントリーが予想される選手について解説してみたいと思います。
スポンサーリンク

箱根駅伝2019出場校一覧

箱根駅伝に出場が決まっている大学をおさらいしておきましょう。

今大会は95回の記念大会のため、出場校が2枠増設され、23校(関東学生連合含む)が出場します。

シード校

・青山学院大学(前回大会優勝)

・東洋大学(同2位)

・早稲田大学(同3位)

・日本体育大学(同4位)

・東海大学(同5位)

・法政大学(同6位)

・城西大学(同7位)

・拓殖大学(同8位)

・帝京大学(同9位)

・中央学院大学(同10位)

関東インカレ成績枠

・日本大学

予選会通過校

・駒澤大学(予選会1位)

・順天堂大学(予選会2位)

・神奈川大学(予選会3位)

・國學院大学(予選会4位)

・明治大学(予選会5位)

・東京国際大学(予選会6位)

・大東文化大学(予選会7位)

・中央大学(予選会8位)

・国士舘大学(予選会9位)

・山梨学院大学(予選会10位)

・上武大学(予選会11位)

関東学生連合チーム

2018年10月17日、関東学生陸上競技連盟のプレスリリースで関東学生連合チームのエントリー選手16名が先行発表されています。

※1大学から出場できるのは1名だけです。

米井翔也(亜細亜大学4年)

国川恭朗(麗澤大学3年)

近藤秀一(東京大学4年)

鈴木大海(創価大学2年)

小林彬寛(専修大学2年)

西沢晃佑(駿河台大学4年)

相馬崇史(筑波大学2年)

田中健祐(東京農業大学4年)

鈴木悠太(平成国際大学4年)

石井闘志(流通経済大学1年)

鈴木陸(明治学院大学4年)

外山正一郎(上智大学4年)

関口大樹(関東学院大学3年)

鈴木優斗(東京経済大学3年)

永瀬孝(桜美林大学2年)

古林潤也(防衛大学校4年)

 

注目は東京大学の近藤秀一選手です。

前回大会は、関東学生連合の1区にエントリーされるもインフルゼンザで欠場。

今年は無事に出場してほしいですね。

エントリー選手はいつ発表?

 

10月13日の箱根駅伝予選会で出場校が決定し、その後各大学は本番に向けて調整を行います。

チーム内での競争もあり、箱根駅伝とほぼ同じ距離となるハーフマラソン大会に出場して、メンバー選考が行われます。

 

まず、例年12月10日頃にチームエントリーが発表されます。

各大学の出場選手エントリーメンバーは16名までです。

 

箱根の区間は10区間なので、ここでエントリーされても本番では走れない選手もいるわけです。

最終的な区間エントリーが発表されるのは12月29日頃、誰がどこを走るのかが発表されます。

箱根駅伝の当日朝のエントリー変更は4名まで可能、けが、病気など急なアクシデントで走れない選手がでた場合に対応できます。

ただ、作戦として、別の選手をエントリーしておいて、当日変更する場合もあります。

最初から手の内を見せず、主要区間は影武者をエントリーするわけです。

区間エントリー選手予想

出雲、全日本の上位を独占した3強の区間エントリーを予想してみました。

青山学院大学

1区:鈴木塁人(4年)

2区:森田歩希(4年)

3区:橋詰大慧(4年)

4区:梶谷瑠哉(4年)

5区;竹石尚人(3年)

6区:小野田勇次(4年)

7区:林奎介(4年)

8区:吉田祐也(3年)

9区:石見秀哉(2年)

10区:橋間貴弥(4年)

出雲、全日本と連覇し隙のない青学ですが復路後半は好調の選手に変わる可能性があります。

世田谷246ハーフマラソンで全体の2位と快走した石見秀哉選手を9区としてみましたが、ほかにも4位の飯田貴之選手(1年)、6位の山田滉介選手(4年)がレギュラー争いに加わってくるかもしれません。。

東洋大学

1区:西山和弥(2年)

2区:相澤晃(2年)

3区:山本修二(4年)

4区:中村拳梧(4年)

5区:田中龍誠(2年)

6区:今西駿介(3年)

7区:渡邊奏太(3年)

8区:吉川洋次(4年)

9区:鈴木宗孝(1年)

10区:小笹椋(4年)

中村拳梧選手は三大駅伝に出場経験がありませんが、世田谷246ハーフマラソンで全体3位と好走しました。

主力にけが人が多く、初エントリーされる可能性もありそうです。

東海大学

1区:西川雄一朗(3年)

2区:關颯人(3年)

3区:鬼塚翔太(3年)

4区:西田壮志(2年)

5区:松尾淳之介(3年)

6区:中島怜利(3年)

7区:郡司陽大(3年)

8区:館澤亨次(3年)

9区:湊谷春紀(4年)

10区:阪口竜平(3年)

前回大会で2区を走った阪口竜平選手は、けがのため調整が遅れ、出雲、全日本に出場できませんでした。

順調に回復しているようで、箱根はエントリーがありそうですが、いきなり1区は難しいので10区としてみました。

まとめ

出雲、全日本駅伝が終わり、各大学の戦力がだいたい分かってはきましたが、ここから箱根本番までの調整が大事です。

けが人が復活してくれば勢力図も変わってきます。

また、ハーフマラソンなどで好成績を上げる選手が出てくればメンバーが大幅に入れ替わるかもしれません。

駅伝ファンとしては箱根までのこの時期、あれこれと予想するのも楽しいものです。

選手たちには、けが、病気(特にインフルエンザ)に注意をして、万全の状態でスタートラインに立ってほしいと思います。

 

箱根駅伝をもっと楽しむための情報まとめはこちら↓↓

箱根駅伝2019まとめ 結果予想から見どころ,注目選手や新入生についても!
cocori お正月のお楽しみ、箱根駅伝! 正式名称は、東京箱根間往復大学駅伝競走です。 2019年は第95回大会となりますが、 箱根駅伝の結果予想から見どころ、注目選手や新入生についてもまと...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク