箱根駅伝2019 注目選手! 大学別の注目選手とチームの戦力を徹底分析!

cocori
cocori
2018-2019年シーズンの男子大学駅伝も残すところ箱根駅伝のみとなりました。
今回は、大学別の注目選手を挙げ、チームの戦力を分析してみました。
スポンサーリンク

箱根駅伝2019 注目選手・シード校編

箱根駅伝に出場予定の各大学の注目選手を独断と偏見で挙げてみました。

まずはシード校です。

※ここで言う出雲、全日本、箱根はいずれも2018-2019年シーズンのことです。

 

青山学院大学

森田歩希(4年)・・・青学のWエースの一人・森田歩希選手は最終学年で主将を務めています。

過去の箱根駅伝の成績は2年生で4区を走り区間2位、3年生で2区を走り区間賞を獲得しています。

原晋監督が、「森田は駅伝で絶対に失敗しない」とコメントしているように、いつでも安定した力を発揮しています。

箱根では前回大会に続きエース区間2区にエントリー予定。失敗しない男が序盤がチームをトップに浮上させる可能性大です。

東洋大学

山本修二(4年)・・・1年から箱根に出場、1年で8区を走り区間9位、2年で2区に抜擢され区間11位と苦戦します。

しかし、前回大会では3区を走り区間賞を獲得しチームのエースに成長しました。

箱根では好走した3区エントリーが有力。打倒青学には山本修二選手の好走が絶対必要になります。

 

早稲田大学

中谷雄飛(1年)・・・出雲、全日本とふがいない成績続きの早大の中で唯一健闘しているのが1年生の中谷雄飛選手です。

高校3年の全国高校駅伝では佐久長聖の1区を走り区間賞を獲得、チームの優勝に貢献しました。

さらに2018年1月に行われた都道府県駅伝では長野県チームの5区で区間賞、世代トップで4月に早大へ入学しました。

すでに8月の時点で5000mの記録はチームトップ、出雲で3区のエース区間を任され区間4位と健闘。

全日本では3区を走り、苦戦するチームをを13位から6位に押し上げ、区間2位の活躍を見せてくれました。

箱根では、高校駅伝で走った1区か、エース区間の2区にエントリーされると予想されます。

尊敬する選手は高校、大学の先輩である大迫傑選手とのこと。同じように4年間チームのエースとしての活躍が期待できそうです。

 

日本体育大学

山口和也(3年)・・・世羅高校出身の山口和也選手は2015年の高校駅伝優勝メンバーです。

5区を走り区間賞を獲得、優勝の原動力となりました。

前回大会は8区を走り区間3位と好走するも、2018-2019年シーズンは出雲、全日本ともに結果を残せていません。

箱根では山口和也選手が本来の走りを見せてくれればチームも上位浮上できるのではないでしょうか。

 

東海大学

館澤亨次(3年)・・・8月に行われたアジア大会の1500m日本代表として出場、予選を突破し、決勝は9位と健闘しました。

1500mが本業なだけに1区間20kmを超える箱根は厳しいのでは?と思いきや、2018年は3区にエントリーし区間賞の走りを見せています。

国際大会で海外選手としのぎを削った経験が箱根でも生きてくるのではないでしょうか。

 

法政大学

青木涼真(3年)・・・4代目山の神との声もある青木涼真選手、前回大会で5区を走り9人のごぼう抜き、区間賞そして区間新記録を記録しました。

出雲にはエントリーされなかったものの、全日本では、1区を任されトップとほぼ差の無い4位に健闘、チームは総合7位で2019年のシード権を獲得しました。

箱根ではもちろん5区での快走を期待するファンも多いでは?山上りは青木涼真選手から目が離せませんね。

 

拓殖大学

ワークナー・デレセ(4年)・・・前回大会でエース区間2区を走り8人抜きの力走を見せ、チームのシード権に獲得に貢献しています。

2018-2019年シーズンは出雲で3区を走り区間賞獲得、チーム4位の原動力となっています。

主将も務めるワークナー・デレセ選手が最後の箱根で悔いのない走りを見せてくれるのでないでしょうか。

 

城西大学

金子元気(4年)・・・前回大会は4区を走り、チームを13位から4位まで順位を押し上げ、チームのシード獲得に貢献した金子元気選手。

圧巻だったのは全日本での走りです!アンカーとして8区にエントリーされ10位で襷を受けました。

その時点はシード権内の法政大学まで1分弱あった差を縮めて8位まで浮上、シード権を獲得しました。

箱根では、金子元気選手の代名詞になりつつある「ごぼう抜き」が見られるかもしれませんね。

 

帝京大学 

竹下凱(1年)・・・全日本大学駅伝で1区を任された竹下凱選手はトップに3秒差の2位で襷を渡しました。

チームは総合5位となり、シード権を獲得したのですが、1区の竹下凱選手が流れを作ったと言っていいでしょう。

箱根は前回大会1区にエントリーされる可能性あり、同級生のチームメイト遠藤大地選手と今後の帝京大学を背負っていく選手になりそうです。

 

中央学院大学

市山 翼(4年)・・・チームのエースと呼べる選手がいない中央学院大学ですが、10000mの持ちタイムがチームトップの市山翼選手に期待したいですね。

出雲、全日本と出場していないのは気になりますが、前回大会では2区を任されており、重要区間のエントリーが予想されます。

 

箱根駅伝2019 注目選手・予選会通過絞編

日本大学

パトリック・ワンブィ(4年)・・・「関東インカレ成績枠」で箱根駅伝への出場を獲得した日本大学、全日本が唯一、箱根前の実践となりました。

試合勘も心配されましたが、7区を走ったパトリック・ワンブィ選手は区間賞を獲得、本番に向け好印象です。

箱根は2017年大会に出場、2区を任され7位と沈みました。2018年はチームの出場がなく、2019年が最後の箱根となります。

2区のエントリーが予想され、並みいる強豪と同じ区間を走ることになります。

チームの順位を押し上げる活躍を見せてほしいですね。

 

駒澤大学

片西景(4年)・・・9年ぶりに予選会からの出場となった駒澤大学。

エースの片西景選手は、全体の5位で予選突破の原動力となりました。

全日本は2区を走って区間5位とまずまずの成績でまとめています。

ここ数年の駒澤大学は、箱根駅伝の序盤で出遅れているイメージがあります。

競り合いに強く、安定した走力のある片西景選手が1区を走る可能性もあるのでは!

チームの上位入賞に貢献する走りを見せてほしいですね。

 

順天堂大学

塩尻和也(4年)・・・リオ五輪の3000m障害の日本代表で、2018年アジア大会の銅メダリストという肩書きを持つ塩尻和也選手。

全日本では4区を走り、区間賞を獲得、チームの順位を13位から4位まで押し上げました。

不動のエースは、箱根でもエース区間の2区以外考えられません。

どんなパフォーマンスを見せてくれるのかとても楽しみです。

 

神奈川大学

山藤篤司(4年)・・・同大学の先輩・鈴木健吾(現富士通)選手をも超えるトラックランナーと言われる山藤篤司選手。

10000mのタイムも2年の時に鈴木健吾選手の記録を超えています。

ただ、駅伝では区間賞を獲ったことがなく距離が伸びるに従って順位を下げており、距離の適性を不安視される声もあったようです。

予選会ではハーフマラソンと同距離を走り個人16位と好走し不安を払拭、箱根でもチームを牽引する走りを見せてくれるのではないでしょうか。

 

國學院大学

浦野雄平(3年)・・・前回大会では1区を走り2位と好走した浦野雄平選手。

4月にスイスで行われた世界大学クロスカントリー選手権に出場し6位入賞し、予選会でも7位と安定した力を見せています。

全日本でも2区で3位と健闘、箱根ではエース区間2区にエントリーが予想されています。

エースとしてどんな走りを見せてくれるのか、期待したいです。

 

明治大学

阿部弘輝(3年)・・・予選会では観客と衝突するアクシデントに見舞われるも8位でフィニッシュ。

苦しいチーム事情のなか、予選突破に貢献しています。

全日本でも2区を走り2位と好走、「本番ではエース区間を走って区間賞を獲りたい」と前向きなコメントをしており、2区を志願しています。

古豪復活には阿部弘輝選手の活躍が必要になるのではないでしょうか。

 

東京国際大学

相沢悠斗(3年)・・・初出場した前回大会でチームは17位ながらも、相沢悠斗選手は10区を6位と健闘しています。

予選会では20位と、モグス・タイタス選手に次ぐ成績を収め、チームも6位で予選突破を果しています。

箱根では2区エントリーが濃厚、チームを牽引する走りを見せて欲しいです。

 

大東文化大学

奈良凌介(3年)・・・奈良凌介選手は、父は大学のOBで山上りのスペシャリストと言われた奈良修さんというサラブレッドです。

現在監督を務めており、親子鷹で箱根に挑んでいます。

2017年大会では父と同じ5区を走り区間19位、前回大会では4区16位と結果を残せていません。

予選会は53位とまずまずの走りを見せており、箱根では3区か4区エントリーが予想されます。

父を超える走りを見せてほしいところです。

 

中央大学 

堀尾謙介(4年)・・・予選会は6位と孤軍奮闘、チームは8位で予選を突破しました。

2年時にはチームとして箱根に参加できず、関東学生連合でエース区間2位を走りました。

前回大会はチームの2区にエントリーされるも、8位となりチームもシード権を獲得することができませんでした。

箱根駅伝の最多優勝記録を持つ中央大学、下級生のためにシードを獲得する走りを見せてほしいところです。

 

国士舘大学

ライモイ・ヴィンセント(1年)・・・前回大会総合19位の国士舘大学に救世主が加入、ケニア人留学生のライモイ・ヴィンセント選手です!

入学当初からトラックですぐに結果を出すものの、長距離に対する適性は未知数でした。

そんな心配をよそに、予選会でも3位と好成績を収めており、1年生ながら2区のエントリーが濃厚です。

留学生ルーキーがチームのシード権獲得に貢献してくれるのではないでしょうか。

 

山梨学院大学

ドミニク・ニャイロ(4年)・・・前回大会は2区で区間賞(森田歩希選手と同タイム)を獲得するも、チームは18位に終わり、予選会からのスタートとなりました。

ドミニク・ニャイロ選手は期待通り4位と好走するも、チームは10位通過と不安が残る結果となりました。

箱根では1年生から2区を走り、最終学年も2区エントリーが予想されます。

チームに3大会ぶりのシード権をプレゼントする走りを見せてほしいところです。

 

上武大学

太田黒卓(4年)・・・抜けた存在はいませんが、4年生が主力で中でも太田黒卓選手に期待したいところです。

前回大会は2区を走り19位と残念な結果ではありましたが、予選会は36位でチームトップと健闘しました。

チームとしては10年連続出場中ですが、まだシード権を獲得したことがありません。

太田黒卓選手は2区のエントリーが濃厚、上位陣に離されない走りを見せれば初シード獲得も見えてきそうです。

 

まとめ

花の2区と呼ばれるエース区間を走ると思われる選手に偏ってしまいました。

やはりチームのエースが走る区間ですから注目したいですよね。

過去の実績や直近の持ちタイムなどが良い選手が多くなっていますが、それだけでは箱根駅伝の結果に結びつかないものです。

持ちタイムが遅くてもロードに強い選手もいますし、山で激変する選手もいますからね。

そんな選手はなかなか予想できませんが、今回挙げた選手たちが好走してくれるとうれしいですね。

 

 

箱根駅伝をもっと楽しむための情報まとめはこちら↓↓

箱根駅伝2019まとめ 結果予想から見どころ,注目選手や新入生についても!
cocori お正月のお楽しみ、箱根駅伝! 正式名称は、東京箱根間往復大学駅伝競走です。 2019年は第95回大会となりますが、 箱根駅伝の結果予想から見どころ、注目選手や新入生についてもまと...

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク