成田緑夢 歯並びを治した! 八重歯がかわいかったのにと残念がる声も!

cocori
cocori

金メダリストの成田緑夢さん。最近八重歯がなくなった事で、ファンからの意外なコメントに成田緑夢さんも困惑しているかも?

成田緑夢さんが大怪我をした時に、左足を残すことを望んだ父と一緒に障害を乗り越えて、平昌パラリンピックで金メダルを獲得した成田緑夢さん。しかし突然の引退宣言も飛び出し、何かと注目を浴びています。

そんな気になる成田緑夢さんの事を調べてみました。

スポンサーリンク

成田緑夢 歯並びをなおして八重歯がなくなった!

成田緑夢 (なりた ぐりむ)さん。イケメンアスリートですよね!!

成田⁉名前を聞いてあれ?って思った方もいらっしゃると思います。

元スノーボード選手の成田童夢(どうむ)さんの弟なんです。

成田緑夢さんは、「成田3兄弟」の末っ子で、兄は元スノーボード選手の「成田童夢」さんと、姉は元スノーボードハーフパイプ選手「今井メロ」さんです。

成田童夢さんと今井メロさんとも2006年にトリノオリンピックで日本代表として出場していたから、ご存知の方も多いと思います。
兄弟揃ってオリンピック出場なんて、皆さん抜群の運動神経をお持ちですよね。

 

そんな成田緑夢さんが、最近のテレビで見るとなんか笑顔が違う!?八重歯がなくなってる!とSNSで話題になっています。

実は、親知らずを抜いて歯の治療をしているとご本人がSNS やユーチューブライブ配信で話していました。
6月8日に歯が痛い、歯が浮いてるとして投稿していました。

 

ゆる~いユーチューブライブ配信だそうです。

成田緑夢さんの素顔も楽しめます。こちら↓↓

金メダル初公開!!!?成田緑夢

 

 

そして歯の治療をする以前の成田緑夢さんの写真はこちら↓↓

 

 

歯の治療後の成田緑夢さんの写真がこちら↓↓

 

どうですか⁉確かに歯並びがきれいになっていますね。

 

歯並びをキレイにしてから、ファンからの以外なコメントが上がっていました。
コメントがこちら↓↓

 

八重歯がある成田緑夢さんの方が好きと言うコメントがSNSに投稿されています。
元々イケメンな成田緑夢さんだから、今の笑顔もとても素敵だと思います。

 

成田緑夢 大怪我をしたとき父親は「死んでもいいから、左足は残してくれ」と左足を残すことを望んだ

成田緑夢さんは、2013年4月にトランポリンの練習中に落下してしまい、左足の腓骨神経麻痺で重傷を負います。

膝の前十字靭帯、後十字靭帯ともに断裂で動脈も破裂し壊死の危険性もありました。

 

医師からは「歩けるようになる可能性は20%です」「切断の可能性もあります」と両親に告げられたそうです。

その時、成田緑夢さんの父は「死んでも膝から下は残してほしい」と懇願したそうです。この事を成田緑夢さんは、後から知ったそうです。

 

ケガをして成田緑夢さんは壮絶な痛みとの戦いをしてきました。
入院は半年におよび、手術1回だけでなく4回も行われました。
最悪の事態は免れましたが、腓骨神経麻痺腓骨で左ひざから下の感覚を失う障害が残りました。障害等級6に認定されます。

しかし成田緑夢さんは、障害を乗り越えて、皆さんもご存知だと思いますが、

2018年3月9日より開幕の平昌パラリンピックでは、スノーボードクロスで銅メダルを獲得。

今大会から実施されたスノーボードバンクドスラロームで金メダルを獲得しました。

 

成田緑夢さんご自身もつらかったと思いますが、成田緑夢さんの父も自分の子供に対してつらい決断をされたと思います。

今の成田緑夢さんがあるのもご自身の努力と父や家族の支えがあったからなのでしょう。

 

成田緑夢 プロフィール

成田 緑夢(なりた ぐりむ)さん。
1994年2月1日生まれ 現在24歳。
2018年、平昌パラリンピックの男子スノーボードバンクドスラローム金メダリスト。

 

◆成田緑夢さんの主な大会成績

[フリースタイルスキー]
2013年:フリースタイルスキー世界選手権 ハーフパイプ・9位
2013年:フリースタイルスキー世界ジュニア選手権 ハーフパイプ・優勝

[スノーボード]
2016-2017年シーズン
IPC・スノーボードワールドカップ タホ大会 スノーボードクロス(SBLL-2)優勝
IPC・スノーボードワールドカップ 平昌大会 バンクドスラローム(SBLL-2)優勝
全国障害者スノーボード選手権大会 スノーボードクロス(下肢障害その他)優勝
2017-2018年シーズン
IPC・スノーボードワールドカップ フィンランド大会 スノーボードクロス(SBLL-2)優勝
IPC・スノーボードワールドカップ カナダ大会 スノーボードクロス(SBLL-2)優勝/バンクドスラローム(SBLL-2)優勝
全国障害者スノーボード選手権大会 スノーボードクロス(下肢障害その他)優勝
平昌パラリンピック スノーボードバンクドスラローム(SBLL-2)金メダル、スノーボードクロス(SBLL-2)銅メダル

[陸上]
2016年 – 日本パラ陸上選手権 走り高跳び(T44《下肢障がい》)2位
2017年 – 日本パラ陸上選手権 走り高跳び(T44《下肢障がい》)2位、走り幅跳び(T44《下肢障がい》)2位

成田緑夢さんの身体能力の高さがわかりますよね。素晴らしい成績をのこしています。

まとめ

成田緑夢さんは、2018年3月28日にスノーボード競技からの引退を発表しました。
稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんのレギュラー番組『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)に出演した際に、種目は明らかにしませんでしたが、2020年の東京オリンピックと東京パラリンピックの両方への出場を目指すことを明らかにしています。

東京オリンピックまで後2年弱。これからの成田緑夢さんの挑戦と活躍に期待しています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

成田緑夢の障害の程度は?スノーボード競技から引退し、次は2020年東京パラリンピックに走り高跳びで出場を目指す⁉
平昌パラリンピック金メダリストの成田緑夢さん、一見すると障害者にみえない位の高い身体能力をお持ちです。 成田緑夢さんの大怪我を負った事故の事、次は東京オリンピックに出るのか東京パラリンピックに出るのか話題になっていました。 そしてついに決まった競技種目は何か気になりますよね。
成田緑夢 走り高跳びで東京パラリンピック出場目指す! 夢は夏冬オリンピック,パラリンピック全て制覇!
金メダリストの成田緑夢さんが、走り高跳びで東京パラリンピック出場を目指すと発表しました。スノーボード競技引退後は、テレビの出演も増えアスリート以外でも活躍中です。 実は成田緑夢さんは、東京パラリンピックだけでなく、さらなる大きな挑戦も考えているそうです。そんな成田緑夢さんの大きな夢(挑戦)とは何なのかご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント