樹木希林の名言「おごらず人と比べず面白がって平気に生きればいい」数々の深い名言と深い生き方

cocori
cocori
大女優・樹木希林さんが亡くなり、数々の名言を残していたことを
皆さん今でも思い出しませんか?忘れられない名言と言えば・・・
「おごらず、人と比べず、面白がって、平気に生きればいい」この深くも温かい名言ですよね?
その他にも素敵な名言を沢山残していた樹木希林さんの言葉。結婚についての深い名言まで調べました。
スポンサーリンク

樹木希林さんの残した言葉。娘・也哉子さんの言葉。

2018年9月15日・樹木希林さんが全身にガンが転移したために75歳で亡くなりました。

今でも皆さんの心に残るのは希林さんのあの名言ではないでしょうか?

この名言は娘の也哉子さんが、希林さんの葬儀の中で生前の母の言葉を参列者の方々にもお話ししていました。

「おごらず、人と比べず、面白がって、平気に生きればいい」

この言葉、私もよく覚えています。

そして「おごらず」という意味を調べました。

「おごらず」とは、

『調子に乗らない』

『浮かれない』

『常に謙虚であれ』

という意味です。

 

この言葉を調べ、この名言の意味を深く理解でき、

とっても素敵な言葉だな、と心に響きました。

 

「おごらず、人と比べず、面白がって、平気に生きればいい」

 

葬儀の挨拶の際に也哉子さんが参列者の方々にこの名言も伝えたとか。

そしてこの名言に也哉子さんが付け加えたのは、、、

『まだ、たくさんすべきことがありますが、ひとまず焦らず、家族それぞれの日々を大切に歩めたらと願っております』

という言葉でした。

この言葉も参列者の方々の心に響いたとか。。。

簡単そうで難しい、でも大事なことですよね。

私もこんな風に生きられたら、と心から思います。

樹木希林の心に刺さる名言。樹木希林にとって結婚とは・・・

亡くなった樹木希林さんの結婚観・・・

とても素敵な名言が沢山ありました。

 

その中で私も印象に残っているものといえば、

『結婚なんてのは 若いうちにしなきゃダメなの。

物事の分別がついたらできないんだから』

という希林さんの言葉。

 

結婚のチャンスが若い時にきても「まだ若いし」とか「まだ出会いがある」とかあれこれと考えすぎてしまうと婚期が遅れたり、大事な人を逃してしまったり、、そういうこともありますよね。。。

 

大人になるにつれて相手に求める条件が増えたり、

色々な部分が見えすぎてしてしまうこと、

損得を考えてしまったり、、、確かにありますよね。

 

それからこんな名言・・・

「みんな離婚してね、次に良い人と出会ってるつもりでいるけど……似たようなもんなのね。ただ辛抱が効くようになっただけで。」

確かにそう思います。。。

 

初めての時よりも「次こそ失敗したくない」という思いが、辛抱もできるような自分を育ててくれているのかもしれません。

 

そしてこの内田裕也さんに対しての名言・・・

「全部、好きです。すべて何もかも好きです。もし、来世というものがあって、生まれ変わることがあるのなら、また巡り合うことがないように。出会わないように、気をつけたいわね」

と・・・

この名言の意味は、

「彼と出会ってしまえば、また好きになってしまい、大変な人生を送ることになるから」

ということだそうです。

長年別居状態で、心が離れている、と思いがちですが

お二人にしか解らない、深い、深い、夫婦の愛があるのでしょうね。。。

也哉子さんが葬儀でこんなことを言っていました。

『自分の親とはいえ、人それぞれの選択があると頭ではわかりつつも、やはり私の中では、永遠にわかりようもないミステリーでした。』

本当にそうですよね。

それが子供としては普通の感情かと思います。

 

でも、也哉子さんが父・内田裕也さんが希林さんに宛てた手紙を見つけ、

『普段は手に負えない父の、混沌(こんとん)と、苦悩と、純粋さが妙に腑に落ち、母が誰にも見せることなく、大切に自分の本棚にしまってあったことに納得してしまいました。

そして、長年、心の何処かで許しがたかった父と母のあり方へのわだかまりがすーっと解けていくのを感じたのです。』

という也哉子さんの言葉がとても印象的で、深く、

娘として、とても嬉しかったのではないかと思います。

まとめ

とっても素敵ですよね。。。

どれもこれも、、、まだまだたくさんの希林さんの名言があり、

私の中にも多くの名言が残っています。

きっと、多くの方々にも希林さんの名言が胸に突き刺さり、

勇気をもらったことも多々あったのではないかと思います。

 

かっこいい、自分のやり方をとことん貫く素敵な生き方。。。

 

私も希林さんのように生きることができたら、と思います。

樹木希林さんのご冥福をお祈りいたします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

コメント