小室圭 フォーダム大の名簿から消えた理由!? 外国人弁護士がフォーダム大と小室圭を繋いだ!

cocori
cocori
眞子様との婚約破棄も囁かれる小室圭さん。
現在アメリカ・ニューヨークのフォーダム大学ロースクールで国際弁護士資格を取得するべく勉強に励んでいるのですが、
なぜかフォーダム大学の新入生名簿から、小室圭さんの名前が消えているんです。
さらに、フォーダム大学入学を巡っては、皇室の名前を利用して特別待遇を獲得したのではないかとも言われていましたが、フォーダム大学と小室圭さんとを繋いだ人物がいました!
スポンサーリンク

小室圭 フォーダム大の名簿から消えた理由!?

2018年7月5日(日本時間7月6日)、

「Kei Komuro, fiance of Princess Mako of Japan, to atttend Fordham Law」
(日本のプリンセス眞子の婚約者である小室圭がフォーダム大学ロースクールに通学する)

という文章が、
フォーダム大学ロースクールのホームページ上に突如掲載されました。

それに対し、宮内庁が「納采の儀を行っていないので婚約者ではない」とし、
大学側に訂正を申し入れるというただならぬ事態に発展。

大学側は、フィアンセという文字は削除したものの、「眞子様」という文字は残ったままとなっていました。

 

そしてさらに、今度は、
フォーダム大学ロースクールの新入生名簿から、小室圭さんの名前が消えたということなんです。

フォーダム大学ロースクールのホームページ上で、
留学生向けの資料が公開されており、
その中には2018年度に入学した156名分の学生の情報が記載されている名簿があります。
名前、出身国、専攻、メールアドレスが書かれているのですが、

なぜか、小室圭さんの名前がないんです。

 

週刊文春が大学側に問い合わせたところ、大学からの回答はなかったそうなのですが、
なぜか数時間後にはその名簿自体が削除されていたそうです。

これは一体どういうことなのでしょうか。

 

名簿に小室圭さんの情報は掲載したくない、

でもその事実は知られたくない、ということなのでしょうか。

 

ホームページで異例の紹介、
返済不要の奨学金、
と、
特別待遇を受けているように見える小室圭さんですが、

今回の名簿のことも、特別待遇であるがゆえのことなのでしょうか。

 

その真相は明らかになっていませんが、
一般の学生に対する扱いとは明らかに違う扱いに、やっぱり特別待遇なんだと思わざるをえません。

 

小室圭とフォーダム大を繋いだ外国人弁護士

なぜ、小室圭さんがこれほど特別待遇をされているのか。

おそらく多くの方が疑問に思っていることでしょう。

その原因究明に
在NY日本国総領事館も動いているようです。

小室圭さんが、大学側に提出した書類に、自ら「眞子様の婚約者」とアピールしたのではないかということで、
総領事館は大学側に、小室圭さんが提出した書類の写しを提出するように依頼したそう。

ですが、大学側は個人情報の目的外利用にあたるとして、要求には応じなかったそうです。

 

 

そしてここへきて

なんと、小室圭さんとフォーダム大学ロースクールを繋いだ人物が浮上してきました。

 

それが、アジアを拠点に活動する外国人弁護士のX氏です。

 

X氏はフォーダム大OBでもあり、
小室圭さんの留学に協力したという情報があります。

さらに、小室圭さんの一橋大学大学院時代の指導教授や、
小室圭さんの勤務先の奥野総合法律事務所の外国人弁護士とも交流があるそう。

もしかしたら、小室圭さんが留学先としてフォーダム大学ロースクールを選んだ背景には、
X氏の存在があったのかもしれませんね。

 

まとめ

アメリカ・ニューヨークでの生活を開始し、
日々勉強に追われているであろう小室圭さん。

同級生らからの印象もよいようですが、
フォーダム大学ロースクールからの特別待遇については、気になりますね。

 

母・小室佳代さんも現在所在不明のようで、そちらも気になりますが。

小室圭の母 現在所在不明! 祖父は住んでいるのに小室佳代はどこへ行ったのか!もしやニューヨーク!?
cocori 小室圭さんがニューヨークへ旅立ち、国際弁護士になるべく勉強に励んでいる中、 母親の小室佳代さんの現在の所在がわからなくなっています。 自宅周辺でも目にした人はおらず、勤務先のケーキ屋にも姿を見せていない。...

 

眞子様は何事もないかのようにご公務に励まれていますが、
お2人の未来はどのようになるのでしょうか。

 

私たち国民は見守ることしかできませんが、
ただただ眞子様の幸せを願いたいですね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント