津川雅彦の娘の結婚相手は友山裕之助!反対し続けるも最後には認め入籍!

cocori
cocori
津川雅彦さんの娘・真由子さんが入籍していたことがわかりました。
結婚相手は、俳優の友山裕之助さん。
津川雅彦さんはずっと結婚に反対していたのですが、ついに許したんです。
その理由や友山裕之助さんがどんな方なのかについて、お伝えしていきます。
スポンサーリンク

津川雅彦の娘の結婚相手の友山裕之助のwiki風プロフィール

津川雅彦さんの娘・真由子さんの結婚相手の友山裕之助さんとは、どのような方なのでしょうか。
プロフィールをご紹介します。

名前:友山裕之助(ともやま ゆうのすけ)
誕生日:1973年2月16日
出身地:東京

弟と妹の3人兄弟。
弟と妹はすでに結婚しているようです。

 

俳優として刑事ドラマに出演したりもしていたそうですが、
2007年に所属する事務所が破産。

その後、真由子さんと一緒に演劇ユニットN.A.S.を旗揚げしています。

2014年、
朝丘雪路さんの最後の舞台となったミュージカル『花や…蝶や…』もその劇団の舞台。
真由子さんが演出を手掛け、
友山裕之助さんも出演、
津川雅彦さんもナレーションとして出演しました。

津川雅彦の娘・真由子と友山裕之助が結婚

真由子さんと友山裕之助さんの交際は10年も続いていたそうです。
ですが、溺愛する愛娘の真由子さんが結婚すること自体、よく思っていなかった津川雅彦さんにとって、
まだそれほど有名ではない俳優の友山裕之助さんとの結婚は認めることができなかったよう。

2人の結婚はずっと反対されていたそうです。

 

ですが、
そんな津川雅彦さんの思いにも変化が現れてきました。

 

『花や…蝶や…』の舞台では、
朝丘雪路さんと真由子さんを支え、

その後、朝丘雪路さんの認知症の症状が進んでいき、
真由子さんが母の介護に精神的にも肉体的にも疲れていく中でも、
真由子さんを支え続けた友山裕之助の姿を見て、

津川雅彦さんも友山裕之助さんを認める気持ちが出てきたようです。

 

津川雅彦さん自身も心臓の持病があり、
自分にもし何かあったときに、愛娘を支えてくれる人がいた方がいいという思いもあったようですね。

 

津川雅彦さんの本名である加藤の名前を継いでもらうため、
婿入りする形で、結婚を認めたのだそうです。

 

朝丘雪路さんの四十九日があけるのを待って2人は入籍されました。

 

結婚式はまだ行われておらず、
もしかしたらこれから行うつもりだったのかもしれませんが、
津川雅彦さんも天国に旅立たれてしまいました。

 

真由子さんとしては、
最愛の両親を2人とも亡くし、大きな悲しみの中におられることでしょう。

 

でも、最後に津川雅彦さんに結婚を許してもらえたことは、
真由子さんにとって本当にうれしかったのではないでしょうか。

 

愛する妻・朝丘雪路さんが天国に旅立つのを見届け、
愛する娘・真由子さんが入籍するのを見届け、
津川雅彦さんも安心して天国に旅立つことができたのかもしれません。

 

まとめ

津川雅彦さんの娘・真由子さんは、
10年間の交際を経て、
また津川雅彦さんに反対されていた期間もありましたが最終的には津川雅彦さんにも認めてもらい、
友山裕之助さんと結婚されました。

津川雅彦さんとしては、
娘を愛するがゆえの結婚反対だったのだろうと思いますが、
反対されても友山裕之助さんのことを愛し続けた真由子さんもすばらしいと思います。

両親を亡くすという辛い経験も、
友山裕之助さんがいてくれたからこそ乗り越えていけるのだと思いますし、
これから2人で幸せな家庭を築いてほしいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント