運動会で赤ちゃんの日よけはどうする? 日よけ対策ご紹介!

cocori
cocori
運動会に赤ちゃんを連れて行きたい…しかし、がっつり屋外で長時間…
晴れて欲しいけど、子供の出番以外は曇っていてくれーー!と、思わず空に向かって叫びたくなってしまいますよね…

熱中症対策があちらこちらで叫ばれている今、まだまだ暑い季節の運動会。長時間、赤ちゃんを連れだしていいものか?
悩んでいる人、多いと思います。

たとえ気温が低かったとしても、晴れの日の日差しは赤ちゃんには十分危険。

そこで!運動会に赤ちゃんを連れて行く場合の、日よけ対策をいくつかご紹介いたします♪

スポンサーリンク

ベビーカーで日よけ

運動会では、保護者などのためにテントが張られるので、テント内の席を取れれば安心ですが、
応援に来ている祖父母などのお年寄りも多いので、なかなか思い通りに席を取れないですよね。

そんな場合は、赤ちゃんを基本的にベビーカーに座らせるようにして、
しっかりベビーカーの日よけカバーをかけておいてあげましょう。

また、特に運動会の日に日差しが強い場合は、
ベビーカーの座席部部分をすっぽりと覆える別売りの日よけカバーを用意してもいいかもしれません。

こういった日よけカバーは、蚊帳つきのものもあり、
運動会中、ベビーカーに座らせている間に赤ちゃんが蚊に刺される心配もなくなるので、オススメです。

また、ベビーカーのカバーを前面にかぶせてしまうと、赤ちゃんが外が見えなくて可哀想…と思う方は、
ベビーカーに日傘を取り付けるのも一つの手です。

 

傘をベビーカーに取り付けられるスタンドも、お店やネットで売っています。
日傘をつけてあげることで、赤ちゃんの視界をさえぎることなく、広範囲に日陰を作れるので、とても便利ですよ!

ピクニックシート&日傘やパラソルでひよけ

もし、運動会の行われる場所でピクニックシートを敷ける場所があれば、
そこに折り畳める小さな椅子と、日傘やパラソルを持っていきましょう。

折り畳める椅子に、日傘や小さめのパラソルを取り付けて、日よけにしてあげれば、
ピクニックシートの上で赤ちゃんも眠ることができます。

椅子に日傘やパラソルを取り付けるには、前述したベビーカーに取り付ける傘スタンドが使えますよ!

ピクニックシートの上には、さらにタオルケットなどを敷いてから赤ちゃんを寝かせてあげると、なお良いです。

また、そのままお昼の時間に皆でお昼ご飯も食べられるので、一石二鳥ですよね。

運動場が広くない学校によっては、ピクニックシートが敷けない場合もあるので、事前に要チェックしておきましょう!

スポンサーリンク

室内や、少し離れた日陰で待機

え、運動会は…?と思われるかもしれませんが、赤ちゃんにとってはこれが最も快適な場合があります。

学校によっては、授乳室やおむつ替えのためのお部屋として、教室を開放してくれている場合もあります。

気温や日差しが赤ちゃんにとっては危険そうな場合は、
我が子が出場する種目以外は、室内で待機しておいて、その種目が始まったら、外に出て応援する、
というのが効率的かつ、安心です。

もし、室内でお昼ご飯もとれるという学校の場合は、赤ちゃん連れということで、優先して使わせてもらえたら良いですね。

待機してから、さぁ、いざ応援に行くぞ!となった場合も、赤ちゃんは数十分でも十分に熱中症になりえるので、
直射日光が長時間、赤ちゃんに当たらないように注意してあげてください。

抱っこ紐で日よけ

運動会中、意外と難しいのが、赤ちゃんを抱っこ紐に入れた状態での日よけ。

もし、テントなどの日陰に入れたら、抱っこ紐で抱いておくのが一番ですが、
もし日なたで立っていなければならない場合は、
我が子が出場する種目の時以外は、離れた場所で日傘をさして待っておきましょう。

応援中に日傘をさしていると、周りの人の視界をさえぎってしまい、迷惑になりかねないので、
応援中は出来るだけ日陰を探すか、赤ちゃんに帽子をかぶせるなどしてあげると良いですね。

また、最終手段としてオススメなのが、抱っこ紐をつける人が「ツバのとても大きい帽子をかぶる」という手です。
つばの大きい帽子をかぶると、影が広範囲に出来て、意外と抱っこ紐の中にいる赤ちゃんまで日よけ出来てしまうのです。

ただ、このツバが広い帽子は、応援時には前が見にくくなってしまうので、待機中だけにしておくのが良いかもしれません。

まとめ

全力で応援してあげたい運動会、つい夢中になって応援していると、スヤスヤ寝ている赤ちゃんのことを忘れてしまう瞬間がありますよね。

でも、そんな時でも絶対に、赤ちゃんがいる環境の直射日光や、気温には気を付けてあげてください。

近年は、熱中症対策が万全にとられている学校が多いと思うので、
是非、事前からどんな設備が用意されているかチェックして、
日よけグッズは忘れずに、赤ちゃんと一緒に、運動会を楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント