ムロツヨシ 生い立ちが,,姉は出ていき母も出ていき父とは没交渉,,,

cocori
cocori
芸名がカタカナで「ムロツヨシ」。ちょっと独特な雰囲気が特徴的な俳優さんです。
朝ドラ「ごちそうさん」や映画「銀魂」で、ひげキャラで出ていますね。
先輩のみならず、後輩がごはんをおごってくれるなど、とても人望がある方です。
そんなムロツヨシさん、生い立ちが凄まじすぎるんです。
スポンサーリンク

ムロツヨシ 生い立ちが壮絶!

壮絶な生い立ちは2016年5月27日放送の「徹子の部屋」でご自身がお話されています。

 

ムロツヨシさんのご両親は、ムロツヨシさんが4歳のころに離婚しています。
父親が親権を取ったのですが、親戚に子供を預け、別の女性と交際を始めて出て行きます。

 

この時点でも大変苦労しているとわかりますが、それだけではありません。

 

祖母にかわいがって育てられながらも、出て行った父親が別の女性と再婚、
祖母の家にムロツヨシさんと姉、
隣に父親、再婚した女性とその子供(弟・妹)が住んでいたと言います。

 

ものすごい複雑な関係ですよね。

 

それでもムロツヨシさんは弟・妹ができたと喜んでいたのですが、またも離婚し弟・妹とも別れてしまいます。

 

20、21歳ころに父親と祖母、どっちとの生活がいいかを聞かれ、
ずっと育ててくれた祖母を選び、それから父親とも会っていないらしいです。

 

ムロツヨシ 姉は5歳年上で反抗期は激しかった

とても複雑な家庭環境で育っているためか、5歳年上のお姉さんはグレてしまったと言っていました。
祖母の家に預けられた当時はムロツヨシさんは4歳、お姉さんは9歳。

9歳といえど、事情は察することができる年齢ですし、
親族からの風当たりや、父親への不信感を感じていたのではないでしょうか?

家を出て行ったり、いろいろと大変だったみたいです。

 

ただ、この経験があったから、ご自身は勉学を頑張って、周りに迷惑をかけないでいようと思ったそうです。

 

東京理科大学理学部数学科に入学されていますからね。
役者になる夢が芽生え、卒業をせずに中退されたそうですが、
これだけ複雑な家庭で、勉強に専念するのは苦労も多かったでしょうね。

スポンサーリンク

 

ムロツヨシ 本名を公開しないのは母のため

21歳に芸能活動をするわけですが、芸名は本名ではありません。
なぜ芸名を本名にしなかったのでしょうか。
理由はやはり、ムロツヨシさんの壮絶な生い立ちです。

本名が珍しい名前だったため、本名で芸能活動をしてしまうと、母親に気づかれてしまう、
母親には別の家庭があり、子供もいるから、という理由で本名を使うのをやめたそうです。

 

余談ですが、売れるまで18年もかかったのだから、本名でやってもよかったということも言っていました。笑

 

まとめ

両親が4歳のときに離婚、祖母の家で過ごす。
家庭環境が悪く、姉は道を外れてしまったため、自分はそういう理由で周りに迷惑をかけないために勉強を頑張った。
芸名「ムロツヨシ」は本名ではない。
母親に気づかれないために、本名は使わなかった。

とても壮絶な家庭で育っているにも関わらず、父親には感謝している、全然恨んでいないと言っていました。
自分の人生を受け入れながらも、それに感謝できるなんて、ふつうにできることではありませんよね。
遅咲きと言われているムロツヨシさんですが、これからもますます活躍してほしいですね。

 

ちなみに、「誰でも使えるムロツヨシからの結婚お祝いVTR」がおもしろいんです↓↓

 

確かに誰でも使える~~ってなりますよ笑

ハッピーな気持ちになれるので、ぜひ見てみてください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント