高橋一生 弟の年齢は最大20歳離れてる! 父違いの弟たちの父親役も母親役も!

cocori
cocori
イケメン俳優で優しい笑顔が特徴の高橋一生さん。
私生活では友人に「地震が来るかもだから靴はいたまま家に上がっていいよ」など、ちょっと不思議な発言があったり、変わった一面があります。
そんな高橋一生さん、複雑な家庭環境で育っていたんです。
弟が4人いるという大家族生活、複雑な家庭環境とは?
スポンサーリンク

高橋一生 弟4人の年齢は?

長男として生まれた高橋一生さん。
3男はバンド「Never young beach」のボーカルを担当している安部勇磨さんです。
兄弟の年齢構成はこんな感じです。

長男 高橋一生さん 37才(1980年12月9日生まれ)
次男 ?
3男 安部勇磨さん 27才(1990年9月生まれ)
4男 20才ぐらい
5男 18才ぐらい

※年齢は2018年8月22日現在

2017年1月20日放送の「A-Sutdio」で4男、5男の年齢を語っていました。なので、およその年齢を書いています。
次男の年齢は仰っていなかったのですが、30歳ぐらいでしょうか。

1番上の高橋一生さんが37才、1番下は18才と、20近くも年齢が離れているのはすごい!
兄弟というよりお父さんと息子ですね。

ちなみに、次男はデザイン系の仕事、5男は寿司職人の見習いをしているそうですよ。

高橋一生が弟・安部勇磨と似ていないワケ

高橋一生さんの兄弟で唯一顔が分かるのはバンド活動をしている安部勇磨さんです。

顔は似て・・・似ていないですね。笑

もう少し似ていてもいいんじゃないの?と思いますが、似ていないのには理由がありました。
それこそ、高橋一生さんの複雑な生い立ちの理由にもなるのですが、なんと高橋一生さんと安部勇磨さん、お父さんが違うんです。
というよりも、兄弟で父親が違います。

1人目の父:高橋一生さん、2人目の父:次男・3男、3人目の父:4男・5男
なんとも複雑ですよね。

ちなみに母親は一緒です。ビックダディならぬ・・・という感じですね。

弟と年が離れているので、高橋一生さんは弟のオムツを替えたりしていたそうです。

「(弟が)小さい頃なんて自分の子どものようにこう。おむつをものすごいスピードで替えられるようになったりして」

とおっしゃっていました。
かなり面倒見のいいお兄さんですね。

 

また、2人目と3人目の父親は亡くなっているため、家計簿のつけ方を教えたり、人生のアドバイスをしたりと、父親がわりも務めていたそうです。

「若い頃っていうのは、ある抑圧をかけないといけない。ちゃんと規律的なことをやってからの自由っていうのが一番美しい。規律みたいなものをしっかり持っていてもらいたい」

ということだそうです。

 

2015年には母も癌で亡くしているので、
弟たちにとって、頼れる身内は高橋一生さんだけなのかもしれませんね。

高橋一生さんは母とは、ずっと絶縁状態だったそう。

「仲の悪かった時期が長かったので。10年ぐらい会ってなかったんです」

とのこと。

ということは、弟たちともあまり連絡を取っていなかったのかもしれません。

母親が癌であることを安部勇磨さんから聞いたときにも、

「いま会ってしまうと、また口げんかになる可能性があるから、変な話ですけど弱ってから会わしてくれと。そうすればお互い怒りも出てこないだろうって」

と話し、
癌が進行したから会ったそう。

そのときには、
「ごめんね、今まで」と謝る母親に

「もう大丈夫、弟は何とかするから。ゆっくり休んで」

と話し、

最期を看取ることもできたのだそうです。

 

安部勇磨さんが、以前インタビューで、
母が亡くなってからやっと兄弟そろって会えるようになったともおっしゃっていましたが、
複雑な家庭環境で育った分、
今は兄弟の絆も強くなっているのかもしれませんね。

まとめ

高橋一生さんの弟は全員で4人。
上から順に長男37才、次男不明、3男27才、4男20才ぐらい、5男18才ぐらい(2018年8月22日現在)

高橋一生さんと安部勇磨さんは兄弟だけど顔が似ていない!
その理由は父親が違うからであった。

高橋一生さんは、とても複雑な環境で育っているので、かなり苦労されていると思います。

今後も優しい魅力的な笑顔で、ドラマも映画も頑張っていってほしいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント