平出和也 イモトの登山部との関係!シスパーレ登頂に成功した山男!

cocori
cocori
シスパーレに2017年、4度目の挑戦の末登頂成功した山岳カメラマンの平出和也さん。
過去には登山界のアカデミー賞とも言われる「ピオレドール賞」を日本人として初めて受賞しています。
登山というと、イッテQのイモトアヤコさんの登山部を思い出してしまいますが、平出和也さんもイモトアヤコさんの登山部に参加していたのでしょうか。
イモトアヤコさんとの関係を調べてみました。
スポンサーリンク

平出和也 イモト登山部との関係

登山と言えば、『世界の果てまでイッテQ』で、イモトアヤコさんが登山部として数々の山に登ったことを思い出す方が多いのではないでしょうか。

私ももちろんその1人です。

それまで登山とは無縁の生活をしてきて(今も無縁ですが)
登山とはどんなものかもよく分かっていたかった私にとって、

イッテQでイモトアヤコさんが過酷な状況で山に登っていくのを見たのは衝撃でした。

山登りってこれほど危険で過酷なものなのかと。

そこまでして登りたいという想いはどこから出てくるんだろう、と不思議に思いましたし、
今でもその思いはありますが、
でも、イモトアヤコさんがいくつもの山に登る姿を見ていると、
山の魅力というのも、ほんのちょっとだけ感じられたように思います。

平出和也さんも、本格的なアルピニスト、山岳カメラマンですが、
そんな平出和也さんもイッテQの登山部に所属しているの?という噂があるようです。

イッテQ登山部に所属しているメンバーは、登山界ではかなり有名な人ばかり。
だから、きっと平出和也さんもそのメンバーなのだろう、ということなのでしょうが、
平出和也さんは、イッテQ登山部のメンバーではないんです。

山岳カメラマンとして、数々の番組の撮影に同行して山に登っておられますが、
イッテQでは登っていないんですね。

ただ、
2017年、シスパーレ登頂に成功したときのパートナーである中島健郎さんは、
イッテQ登山部のメンバーなんです。

中島健郎さんはこの方↓↓

イモトアヤコさんとともに、マッターホルン、マナスル、マッキンリーに登っています。

山岳カメラマンとして中島健郎さんが参加されたので、
平出和也さんの出番はなかったのかもしれませんね。

でも、登山家と聞くと、
もしかしてイモトアヤコさんの登山部のメンバー?
って思ってしまうというのは、
イッテQ登山部の影響力の大きさを感じますね。

スポンサーリンク

平出和也 結婚相手とも言われた谷口けいさん

平出和也さんには結婚相手なの?とも言われたパートナーがいました。
それは谷口けいさん。

2008年10月のカメット峰 (7,756m/インド) 南東壁未踏ルート初登攀の功績によって、
平出和也さんと谷口けいさんが共に「第17回ピオレドール賞」を受賞されていますし、

それ以外にも、
スパンティーク、ムスターグアタ、ディラン、など、たくさんの山を一緒に登っています。

結婚はされていなかったのですが、
でも、パートナーとして、共に数々の山に登っているということは、
それだけ信頼できるパートナーだったのではないでしょうか。

谷口けいさんは、
残念ながら、2015年に大雪山系黒岳で滑落死されており、
平出和也は現在も結婚はされずに独身です。

登山家というと、
常に命の危険があり、そして山に登るときには、1ヶ月や2か月(もっとかな?)家にいない。

ということで、結婚相手としては、
心配が尽きないと思うので、
結婚には向かない職業なのかとも思いますが、

先ほどご紹介した中島健郎さんは、
結婚してお子さんもおられるようですよ。

スポンサーリンク

平出和也 2017年シスパーレに登頂成功

平出和也さんは、2017年シスパーレに登頂成功されています。

過去3回挑戦していて、いずれも失敗。
4度目の挑戦での成功でした。

登頂成功した8月22日14時30分、
平出和也さんが胸から1枚の写真を取り出しました。
その写真に写るのは谷口けいさん。

3度目のシスパーレの挑戦は、
谷口けいさんと一緒に登ったのだそうです。

本来なら、ここに一緒に来るはずだった人。

「3人で登っているんじゃないかという感覚があった」
「けいさんが支えてくれたのかな」

という言葉が印象的でした。

次は、新たな山へと挑戦するそうです。

なぜ山に登るの?なぜならそこに山があるから

ということなのでしょうか。

平出和也さんは、1979年生まれの現在39歳。
アルピニストとしては、いい年齢だそうです。

そういった挑戦する姿から私たちもたくさんのことを学ばせてもらえます。

今後も、多くの挑戦をされるでしょうし、
それを応援していきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント