本上まなみ スッキリでのコメントに賛否両論! なんでコメンテーターやってんの?から正論じゃん!まで

cocori
cocori
スッキリで金曜日のコメンテーターを務めている本上まなみさんですが、
番組でのコメントに賛否両論です!
そんな本上まなみさんのコメントをご紹介します!
スポンサーリンク

本上まなみ スッキリ金曜日コメンテーター

本上まなみさんは、
朝の情報番組「スッキリ」で金曜日のコメンテーターをされています。

「スッキリ」とは、
2006年4月から放送されている日本テレビ系列の朝の情報番組。

MCは、現在は、
加藤浩次(極楽とんぼ)
近藤春菜(ハリセンボン)
水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
の3人ですね。

朝の情報番組と言えば、
岡江久美子さんと薬丸裕英さんが司会を務めたTBS系の朝の情報番組「はなまるマーケット」にも出演されていましたね。

岡江さんのボケにやっくんがつっこんでいたのが懐かしい。

 

本上まなみさんが出演されていたのは、
2010年4月 から 2012年12月28日まででした。

 

本上まなみさんは、
2013年の3月に長男を出産されていますから、
長男出産前まで出演されていたんですね。

スポンサーリンク

本上まなみ スッキリでのコメント

本上まなみさんの、「スッキリ」でのコメントが何かと話題になっているんです。

例えば、
TOKIOの山口達也さんの問題に対して、

「事件を起こしたのは山口さん。(TOKIOのメンバーが)連帯責任みたいになっているのは違う。違和感を感じる」
「被害に遭われた方の親御さんのコメントで、そっとしておいて頂きたいという内容のお言葉もありました」
「このことをテレビで何度も放送するのはどうなのかなと」
「どんどん事が大きくなって広がっているという事態になっている」

とコメントしました。

それに対して、

との声があがっていました。

さらに、森友学園問題では、

「国有地値下げが一番焦点で、そこが明らかにされてない現状なのに何故名前の挙がった政治家は証人喚問ではなく参考人招致なのかが気になる」

とコメント。

それに対しては、

との声が。

それ以外にも、
本上まなみさんのコメントに対しては、

と、完全に賛否両論です。

テレビ番組に求めるものも人それぞれ、
コメンテーターに求めるものも人それぞれ、

そうなると、コメンテーターの評価も人それぞれですよね。

個人的には、本上まなみさんの、何が出てくるかわからないコメントは好きですが、
そうではない人がいるのも事実だということですね。

ちなみにこんなシーンもありましたよ↓↓

本上まなみさんの泣いている姿に、ついもらい泣きしてしまいますね。

これからも、賛否両論はあるでしょうが、
本上まなみさんらしいコメントを続けてほしいと思います。

スポンサーリンク

本上まなみプロフィール

ボリジョイさん(@norioisan)がシェアした投稿

名前:本上まなみ
本名:沢田まなみ(旧姓 本上)
ニックネーム:ほんじょ
誕生日:1975年5月1日
出身:大阪府
身長:168cm
血液型:B型
所属:株式会社アクラ

1993年 フジテレビ系ドラマ「じゃじゃ馬ならし」でデビュー

1995年には、ユニチカ水着キャンペーンモデルに起用され、グラビアアイドルとしても活躍されました。

1996年に、ウッチャンナンチャンのウリナリ!!の企画で勝俣州和さんと交際まで発展したことは、大きな話題となりましたね。

ドラマの共演をきっかけに交際に発展することはよく聞く話ですが、
まさかバラエティ番組の企画から交際に発展するなんて、びっくりでした!

最終的には別れてしまいましたが、見ている方もドキドキでした。

その後も
CMやテレビなどに出演されながら、
1998年頃からはエッセイストとしても活躍。

「ほんじょの虫干。」
「はじめての麦わら帽子」
などの本も出されています。

そして、
2002年12月には、18歳年上の沢田康彦さんと結婚。
沢田康彦さんは、当時、マガジンハウスの編集者でした。

本上まなみさんが27歳、沢田康彦さんが45歳のときに結婚されていますので、
なんなら、お父さんとの方が歳が近いのでは?という状況ですね。

沢田康彦さんは、バツイチでの再婚だったということもあり、”略奪婚”だったのでは?という噂もありましたが、
その辺りはご本人たちにしかわからないことかもしれませんね。

2006年には長女が、2013年には長男が誕生し、
その後は京都に引っ越し、家族4人で暮らしていたようです。

本上まなみさんのエッセイでも、

「築年数不明という古い一軒家を借り、家族4人で暮らしています。
黒いすべすべの柱、畳の香り、障子越しに入ってくる日の光、どれも私の好きなものです。扉の引き手やそちこちについている小さな鍵、縁先の手水(ちょうず)鉢も趣が。」

と語っておられました。

ですが、
2015年、沢田康彦さんが暮しの手帖の編集長就任することになり、
京都に住んでいては仕事ができないということで、
沢田康彦さんだけが東京へお引越し。

現状、沢田康彦とは別居という形になっているようです。

本上まなみさんと2人のお子さんはそのまま京都に住んでいるようですね。

子どもたちが慣れ親しんだ土地を離れるのがイヤだったのか、
でも本上まなみさんも京都の暮らしがとても好きなようだったので、
単身赴任になることは、仕方のないことだったのかもしれませんね。

母として、女優として、コメンテーターとして、エッセイストとして、
本当に忙しい毎日だと思いますが、
これからも本上まなみさんのステキなコメントに期待したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント