紀子様と雅子様は仲良しなのか!?眞子様問題,お世継ぎを立派に育てること,代替わりと紀子様の不安は募るばかり

紀子さまと雅子さまは、比較され続け、これまでお2人の仲を詮索されるようなこともありました。
ですが、今年のGWは皇太子ご一家と秋篠宮ご一家がご一緒に栃木県の御料牧場でご静養されました。
紀子さまにとって、眞子さまのご結婚問題という大きな問題がある中、雅子さまとはどのようなお話をされたのでしょうか。

スポンサーリンク

GWの栃木県でのご静養

約3年ぶりに、
皇太子ご一家と秋篠宮ご一家がご一緒にGWを過ごされました。

ご静養先は、栃木県の御料牧場。
皇太子一家は、新幹線で向かわれ、秋篠宮ご一家は、車で向かわれました。

雅子さまも愛子さまも、集まった方に笑顔で手を振られ、
雅子さまは、「どちらから来られたのですか?」などと、気さくに話しかけられていたそうです。

体調不良が続いていた雅子さまも、少しずつ回復してこられているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

3年ぶりに両家がご一緒にご静養されることになった背景

今回、3年ぶりに両家がご一緒にご静養されることになった背景には、
紀子さまの強い希望があったそうなんです。

その理由として、

・1年後の代替わりに向け、雅子さまと意思疎通をしっかりと図れるように準備したいというもの
・雅子さまの信頼を得たいというもの

この2点があったのではないかと、宮内庁関係者は話しています。

 

雅子さまが皇后になられたら、
お召し物の色味やスタイルなどを、雅子さまが意思決定され、紀子さまはそれに合わされることになります。

意思疎通がしっかりとできていないとうまくいかなくなってしまうため、
今からしっかりと準備したいという意図があったのではないかということです。

 

そして、もう1つは雅子さまの信頼を得たいというもの。
おそらく紀子さまにとって、こちらの理由の方が大きかったのではないでしょうか。

 

将来の天皇となられる悠仁さまを立派に育て上げることは、紀子さまにとって、大事な任務。
ですが、眞子さまの問題もあり、
教育に関して、現在は美智子さまの信頼を失くしてしまっているようなのです。

 

美智子さまの信頼を取り戻すことはもちろんですが、
雅子さまからの信頼を得たいと思うのは当然のことなのかもしれません。

 

そして、大きな大きな問題である眞子さまの結婚問題

もし、破談となってしまったら、
そして破談ではなく結婚するということになったとしても、
皇太子家への影響は大きいはずです。

新天皇即位の前後のタイミングで破談となれば、祝賀ムードに水を差すことになってしまいますし、
結婚することになった場合には、新天皇となる皇太子さまに結婚に関する儀式にご登場いただくことになります。

いずれにせよ、雅子さまからの信頼がなければ、何事もうまくいかないのです。

スポンサーリンク

ご静養先での会談

ご静養先での会談では、
今後の公務の分担について話し合われたようですが、
やはり、眞子さまの結婚問題についての話に多くの時間を使われたようです。

秋篠宮さまからこれまでの経緯についての説明があり、今は見守りたいという趣旨のことをおっしゃったといいます。
一方、紀子さまは、
「先方にはいろいろお約束をしていただいたことがありますから、それ次第では・・・」
と暗に破談を匂わせるような発言もされたそうです。

 

眞子さまと紀子さまとの間で、口論めいたやりとりになった瞬間もあったのだとか。

 

紀子さまのおっしゃった先方とのお約束というのは、
・小室圭さんの母・佳代さんの金銭トラブルを解決すること
・小室圭さんが安定した収入を得る道筋を立てること
の2点。

ですが、どちらとも、何か進展があったというような報告はないようで、
小室圭さんが本気で眞子さまと結婚したいと思っているのか、疑問視する声も出てきています。

 

会談では、眞子さまは、皇太子さまにご自分なりの考えを話され、
皇太子さまも雅子さまも黙って聞いていたそうですが、
3時間にわたる会談を終え、秋篠宮一家が引き揚げる際、
雅子さまは紀子さまに「本当に、大変ね」と声をかけられたそう。

雅子さまはどのようなお心でそのような言葉をかけられたのか分かりませんが、
雅子さまにとっては、愛子さまの将来を考えると、同じようなことが起こってしまわないかと心配される気持ちもあるのかもしれません。

お代替わりという節目に向け、
そして眞子さまの結婚問題をいう大きな問題を抱え、
紀子さまの悩みは、まだ解決の兆しは見えないのかもしれません。

スポンサーリンク

コメント