Suchmos ヨンスはサッカー好き!タイキングの父は元サッカー日本代表!そして2018ワールドカップイヤーにNHKサッカーテーマを担当!

2018年のワールドカップイヤーに、Suchmos(サチモス)がNHKサッカーテーマを担当することが決まりました!
Suchmos(サチモス)ってどんなバンド?メンバーには誰がいるの?代表曲は?などの疑問にお答えします!

スポンサーリンク

Suchmos(サチモス)ってどんなバンド?

SuchmosのHPでは、

2013年1月結成。ROCK、JAZZ、HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされたSuchmos。メンバー全員神奈川育ち。Vo.YONCEは湘南・茅ヶ崎生まれ、レペゼン茅ヶ崎。都内ライブハウス、神奈川・湘南のイベントを中心に活動。

バンド名の由来は、スキャットのパイオニア、ルイ・アームストロングの愛称サッチモからパイオニアとなるべく引用。

普段からバイブスを共有していた、YONCE(Vo)、HSU(Ba)、OK(Dr)、TAIKING(Gt)、KCEE(Dj)、TAIHEI(Key)の6人グループ。

引用元:SuchmosのHP

との説明が。

ルイ・アームストロングは「この素晴らしき世界 (What a Wonderful World)」が世界的なメガヒットとなったジャズ歌手ですね。

1967年の曲なんです。

サッチモという愛称は「satchel mouth」(がま口のような口)というのをイギリス人記者が聞き違えたとする説や、
「Such a mouth!」(なんて口だ!)から来たとする説などがあるそうですよ。

そこから、Suchmos(サチモス)の名前が生まれたんですね。

スポンサーリンク

Suchmos(サチモス)のメンバーは誰?

Suchmos(サチモス)のメンバーは、
YONCE(ヨンス)→ 河西洋介 ボーカル
TAIKING(タイキング)→ 戸塚泰貴 ギター
HSU(スー)→ 小杉隼太 ベース
OK → 大原健人 ドラム
KCEE(ケイシー)→ 大原魁生 DJ
TAIHEI → 櫻打泰平 キーボード
の6人です。

それぞれ1人ずつ見ていきましょう!

スポンサーリンク

YONCE

まずは、YONCE。

名前:河西洋介(かさい ようすけ)
誕生日:1991年8月29日
出身:神奈川県茅ヶ崎市

1回り年上の姉がおり、姉の影響を大きく受けてきたようです。

姉がバレエを習っていた影響でYONCEも3歳のときにバレエを始め、
姉が聴いていたMISIAやTLCなどの影響でYONCEは音楽に目覚め、
そしてYONCEの音楽観にもMISIAなどの音楽は影響しているということです。

ファッションも姉の影響を受けているという話もあります。

YONCEと言えば、アディダスのジャージを着ている姿が思い浮かびますよね。

家族写真撮りました。 Levi’s × Suchmos

オオハラカイキさん(@kcee_design)がシェアした投稿 –

YONCEに憧れてアディダスのジャージを購入した男性も多いはず。
でも、
YONCEが着るからカッコイイとも言えますが,,,

スラっとした長身に小さい顔のイケメンだからこそ、似合うのかもしれないですね。

YONCEの髪型やファッションについても、注目は集まっています。
こんなオシャレな七三、YONCEにしか似合わないでしょ。
とまた、世の男性をがっかりさせてしまうようなコメントになってしまいますが、
この独特な髪型にアディダスジャージが、YONCEらしさを醸し出しているのかもしれませんね。

そして、忘れちゃいけないのが、
YONCEはサッカー大好きなんです。
好きなサッカー選手は元イングランド代表のスティーブン・ジェラード。
そして、プレミアリーグのリヴァプールFCの大のファンだそうですよ。

スポンサーリンク

TAIKING

次は、TAIKING。

名前:戸塚泰貴(とつか たいき)
誕生日:1990年5月10日
出身:神奈川県横浜市

父親は、元サッカー日本代表の戸塚哲也選手です。

今はラーメン屋さんをされているようです。

サッカー選手の息子なら、小さい頃からサッカーをしていたのかと思いきや、音楽の道に進んだんですね。
中学でも吹奏楽部に入っていたということですから、ちょっと意外な気もします。

スポンサーリンク

HSU

そして、HSU。

名前:小杉隼太(こすぎ はやた)
誕生日:1989年6月29日
出身:神奈川県横浜市

幼い頃から、スティービー・ワンダー、スティーリー・ダン、ジャミロクワイなどを聴いて育ち、
5歳頃からクラシックギターを始めたそうです。

ストリートヒップホップバンドSANABAGUN.(サナバガン)の元メンバーでもあり、生粋の音楽家と呼ばれるほど音楽に生きている人。

過去にインタビューでSuchmosについて、

このバンドはメンバー6人が各自の楽器をフラットに見れるし、楽器への造詣もしっかりある。俺自身、鍵盤、ギター、ドラムのことが分かるし、鍵盤にボイシングのことを言ったり、ギターにリズムのことを言ったりする。他のメンバーも同じです。意外かもしれないけど、パズルを組み立てるように緻密に作ってあるんですよね。感覚だけじゃない。

引用元:https://shop.fender.com/ja-JP/suchmos

と話されています。

Suchmosの音楽の深さをすごく感じる言葉ではないでしょうか。

OK

次は、OK。

名前:大原健人(おおはら けんと)
誕生日:1990年8月27日
出身:神奈川県横浜市

母親が宇多田ヒカルやDREAMS COME TRUE、父が尾崎豊のファンで、そうした音楽を聴きながら育ちました。
TAIKINGとは、幼稚園の頃からの幼馴染。

高校卒業後は音楽大学に進学し、自分にとって音楽とはどんなものなのかを模索する日々を送ったそうです。

スポンサーリンク

KCEE

そして、KCEE。

名前:大原魁生(おおはら かいき)
誕生日:1992年9月18日
出身:神奈川県横浜市

OKの弟。
子どもの頃からギターやベースを始めるも、高校生の後半からは、音楽以外こともやってみたいと思い立ち、映像やデザインを始めたそう。
大学は遊びすぎで卒業できなかったという情報も。

兄弟で同じバンドに所属しているってカッコイイですよね。
お互いに尊敬していなければ、絶対にできないことだと思います。

男兄弟って、子どもの頃にはケンカばかりしていて、
大きくなるにつれ、仲良くなっていくケースが多いように思いますが、
OKとKCEEは子どもの頃はどんな兄弟だったんでしょうね。

もしかしたら、ケンカも多かったのかもしれませんね。

TAIHEI

最後は、TAIHEI。

名前:櫻打泰平(さくらうち たいへい)
誕生日:1992年7月4日
出身:富山県氷見市

母親がヤマハ音楽教室の先生をしていたこともあり、2歳から高校生までエレクトーンを習っていたそうです。
母親に教わっていたのかもしれませんね。

SANABAGUN.のメンバーでもあり、

Suchmosにはサポートメンバーとして参加し始め、徐々に曲作りにも関わるようになって、2015年に正式メンバーとなりました。

 

これでSuchmosメンバー全員ですが、

Suchmosのメンバーは、昔から何かしらのつながりがあったんです。

HSUTAIKINGは母親同士が友人、
TAIKINGOKは幼稚園の頃からの幼馴染、
HSUTAIKINGは同じ小学校、
KECCOKの弟、
TAIHEIHSUが通っていた音楽大学の後輩
YONCEは、高校時代のバンド活動でOKと知り合っていた、

と文字だけで見るとわかりにくいですが、
とにかくすごく関係が深かったメンバーが集まったということなんです。

スポンサーリンク

Suchmos(サチモス)の代表曲

Suchmos(サチモス)の代表曲と言えば、こちらではないでしょうか。

そう。「STAY TUNE」

ホンダ「VEZEL」のCM曲として聞かれたことがある方も多いはず。

そして、「VEZEL」のこちらのCMは、「808」を使用しています。

「808」のMVはこちら。

ちょっと懐かしさも感じ、でも新しい音楽。
そして、YONCEのハスキーな甘い声も魅力ですね。

スポンサーリンク

Suchmos(サチモス)がNHKサッカーテーマを担当!

そんなSuchmosが、2018NHKサッカーテーマを担当することになりました。

2018年はワールドカップイヤー。
ワールドカップ中継でもSuchmosの曲が聴けることになります。

NHKは、Suchmosの起用理由について、
「2016年に発表した『STAY TUNE』で世間に名を広め、目覚ましい活躍を見せている彼らが、世代や性別を超えて幅広く支持されるアーティストであることや、サッカーの魅力や感動を独特の表現力で伝えられることなどを最大のポイントとしました」
と説明しています。

YONCEがサッカー好きなこと、
TAIKINGの父親が元サッカー選手だったことも、
起用の理由にはなっているのかもしれませんね。

曲は5月に発表されるということですから、もうすぐです。

どのような曲となるのかも楽しみですし、
その後のSuchmosがどのような活躍をするのかも楽しみですね。

ワールドカップの歌!日本歴代テーマソングまとめ!2018はSuchmos!
ワールドカップイヤーの今年、6月に始まるワールドカップをまだかまだかと待ちわびている人も多いのではないでしょうか。 私ももちろんそのうちの1人。 日本チームの活躍も楽しみですが、どんなすごいプレーが見られるのかも楽しみですね。 そして...

※追記 2018年のNHKサッカーテーマが完成しました

曲名は、
「VOLT-AGE」(ボルテージ)

歌詞はこちら↓↓

On the pitch 聞こえるだろう
You’ll never walk alone
Across the space 星の数のように

心つなぐのは そのHeartbeat
The heartbeat by your side
置き去りにする そのHeartbeat
The heartbeat by your side
答えを出すのは そのHeartbeat
The heartbeat by your side
弾む星の音 そのHeartbeat
The heartbeat by your side

Suchmosらしい曲で、この曲でワールドカップが見られるのが楽しみですね。

スポンサーリンク

コメント