松本花奈 へそってどういうこと?現役大学生映画監督は子役としても活躍していた!

現役女子大生の松本花奈さんってご存知でしょうか。HKT48のMVも手掛けた20歳の映画監督なんです!
松本花奈さんの「へそ」ってどういうこと?大学生活と監督業との両立ってどうしてるの?そんな松本花奈さんの疑問を調べてみました。

スポンサーリンク

松本花奈さんのプロフィール

まずは、松本花奈さんのプロフィールです。

名前:松本花奈(まつもと はな)
誕生日:1998年1月24日
出身地:大阪府

高校:日本大学鶴ケ丘高等学校
大学:慶應大学総合政策学部

小さい頃に劇団ひまわりに入り、子役として活躍、
その後、
中学生の時から映像制作を始め、
16歳で監督・脚本・編集をてがけた映画『真夏の夢』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015 フォアキャスト部門に正式出品されました。
2016年には、『脱脱脱脱17』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭でオフシアター・コンペティション部門の審査員特別賞・観客賞を受賞、the peggiesの音楽との共作も注目されました。

スポンサーリンク

松本花奈さんの手掛けた作品

松本花奈さんの手掛けた作品がこちら。

・真っ赤なポピー(2014年)
・映画・真夏の夢(2015年)/映画
・脱脱脱脱17(2016年/)映画
・スクールアウトサイダー(2017年)/映画
・過ぎて行け、延滞10代(2017年)/映画
・東映 presents HKT48×48人の映画監督たち
(田中美久担当)(2017年)/映画
・片思い送信中(2017年)/Webドラマ
・ネスレシアター 星に願いを(2018年)/Webドラマ
・フジテレビ 特別ドラマ「平成物語」(2018)/ドラマ

HKT48のMVも!
HKT48『キスは待つしかないのでしょうか?』↓↓↓
[su_youtube url=”https://youtu.be/YkDyX5S37rE”]

『脱脱脱脱17』の予告編↓↓↓
[su_youtube url=”https://youtu.be/i3q4PB6sd3w”]

映画作りで楽しいときはという質問に、

撮影に入る前に、だいたいこう撮りたい、こういう画にしたい、と想定していたものを、現場のモニターで見た映像が超えていた瞬間——イメージと違っているけど、「こっちのほうがいい」と思ったときですね。

自分の想像を上回って、どんどん魔法がかかって進化していくのをリアルタイムで見ることができる。一人じゃできないけど、みんなでやったらできるという、大勢の力を感じられたときが一番楽しいですね。

引用元:CINRA.NET

と話されていたのが印象的でした。

想定していたものを違っていたら、なんでだーーーってなりそうに思いますが、
想定していたものを超えることがあるんですね。
それは確かに楽しいかもしれません。

スポンサーリンク

松本花奈さんが映画の制作を始めたきっかけ

松本花奈さんが映画の制作を始めたのは中学2年生の頃。
中学2年生で『ぴあフィルムフェスティバル』(PFF)に応募されたんです。

しかも、その応募の動機が、
当時好きだった大学生が『PFF』に受かっていて、それで初めて行き、
「あ、カッコイイ。私も!」と思ってすぐに撮影して応募したんだそうです。

落選したらしいんですけどね。

もちろん、それまでにも子役として映像を撮られる側を経験されていましたし、
カメラにも興味を持ち始めた時期だったということなんですが、
好きな人がきっかけっていうのにちょっとびっくりですね。

そして映像を撮っていく過程で、今度は編集の面白さに興味が移っていったそうです。

スポンサーリンク

松本花奈さんの「へそ」?

松本花奈さんで、Yahoo!で検索をすると、
「松本花奈 へそ」っていうキーワードが出てくるんです。

そのワードで検索している人が多いっていうことですね。

でも「へそ」ってなんで?って疑問に思ったので調べてみました。

すると、こちらの動画を見つけました!

[su_youtube url=”https://youtu.be/sJi-2tlDvAk”]

2009年に公開された映画「呪怨 黒い少女」に松本花奈さんが女優として出演されているんですが、
その映画のワンシーンです。

パジャマ姿の松本花奈さんのおへそから人の顔が浮かび上がってくるシーン。
ちょっとこわいですよね。

でも、この松本花奈さん、めっちゃかわいい!
この映像を見て、でべそって言われていたりもするんですが、私はキレイなおへそだと思うんですが。

スポンサーリンク

大学生活と監督業との両立

現在、慶應義塾大学総合政策学部SFC(湘南藤沢キャンパス)で学んでいる松本花奈さん。
サークルは、早稲田大学のシナリオ研究会に入っているそうです。

慶應には映像系のサークルがないそうで、
わざわざ他大学のサークルに入られているんですね。

大学に入学された頃は、実家暮らしで通学に片道2時間半もかかっていたそうです。
5月には引っ越しをされて、現在も1人暮らしをされているそうですけどね。
それでも大学生活と監督業との両立って大変そうですよね。

どのように両立されているんでしょうか。

平日の昼間は学校。
授業の後に脚本を書いて、土日と長期休みに撮影をするそうですよ。

でも、映画を作るのにはお金がかかるので、カフェでのバイトもされているそう。
ますます忙しいですよね。

そんな忙しい中でも、休日は1人で過ごすのが好きだそうで、
1人でカラオケに行ったり、ゲーセンに行ったり、写真を撮りに行ったりもするそうです。

私も20代、30代、40代と、年齢によってやることも変えていきたいなと感じています。そうした中で、もちろん映像にも携わりたい。ジャンルも限定せず、映画もCMもMVも、面白いことをしていきたいですね。

とあるインタビューで話されていますが、

もちろん、うまくいくこともあればうまくいかないこともあるでしょうが、
エネルギー全開で活動されているのが松本花奈さんのよさなのかもしれないですね。

 

まだまだ新しい作品を作り続けている松本花奈さん。

1月に20歳になった松本花奈さん。

今後、松本花奈さんがどんな作品を生み出していかれるのか、楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント